免疫の調節はどうやって行われるの?

『からだの正常・異常ガイドブック』より転載。
今回は免疫の調節について解説します。

 

山田幸宏
昭和伊南総合病院健診センター長

 

免疫の調節はどうやって行われるの?

免疫系は生体防御のための大きなシステムです。免疫系で働く細胞は、樹状細胞マクロファージ、ヘルパーT細胞、B細胞、プラズマ(形質)細胞、メモリーB細胞のほか、生体内で免疫システムがオーバーワークしないように制御する制御性T細胞もあります。また、細胞性免疫に係わる細胞傷害性T細胞も含まれます。

 

これら各種の免疫細胞間で、情報を伝達する物質が免疫情報伝達物質(サイトカイン)です。これらが協力しあって、免疫系は作動しています。

 

例えば、エイズウイルスはヘルパーT細胞とマクロファージに感染してこれらを破壊してしまいます。すると、細胞性免疫がストップしてしまいます。

 

メモ1貪食作用

貪食作用は、好中球、単球(マクロファージ)が細菌、ウイルスなどの異物を細胞内に取り込み、分解すること。自然免疫を担当しています。

 

メモ2サイトカイン

いろいろな細胞が分泌する微量で生理活性をする細胞間情報伝達物質のことをいいます。インターロイキン、インターフェロン、ケモカイン、腫瘍壊死因子、コロニー刺激因子などがあります。

 

メモ3樹状細胞

異物(抗原)をT 細胞に提示します。抗原提示細胞としてはマクロファージよりも優れています。

 


本記事は株式会社サイオ出版の提供により掲載しています。

 

[出典] 『看護のためのからだの正常・異常ガイドブック』 (監修)山田幸宏/2016年2月刊行/ サイオ出版

この記事をシェアしよう

看護知識トップへ