不整脈はなぜ起きるの?

看護師のための解剖生理の解説書『からだの正常・異常ガイドブック』より転載。

 

[前回]

脈拍測定で何が分かるの?

 

今回は「不整脈」に関するQ&Aです。

 

山田幸宏
昭和伊南総合病院健診センター長

 

不整脈はなぜ起きるの?

脈が乱れる状態を不整脈と呼びます。

 

不整脈の原因は、右心房の洞房結節(ペースメーカー)から発生する刺激を心筋に伝える刺激伝導系に、何らかの障害が起こるためです。刺激伝導系の異常によってリズムが速くなったり、遅くなったり、乱れたりし、心筋の興奮が規則正しく繰り返されなくなります。

 

不整脈には期外収縮(きがいしゅうしゅく)、徐脈(じょみゃく)、頻脈の3種類あります。

 

このなかで危険なのが頻脈です。多くは脈拍が150〜200回/分にもなり、心臓のポンプ機能が障害されてしまいます。その結果、血圧が下がり、脈が触れにくくなります。

 

COLUMN心室細動と心房細動は危険な不整脈

頻脈型の不整脈である心室細動、心房細動などが起きると、どのようにして循環に障害が現れるのでしょうか。メカニズムを理解しておきましょう。

 

心室細動は、刺激伝導系の興奮によって収縮するのではなく、個々の心室筋が無秩序に収縮している状態です。収縮というより震えている状態といってもよいでしょう。

 

心室全体としての収縮が行えなくなるため、血液を送り出すというポンプ作用が失われます。心室細動は一種の心停止状態で、除細動器によって緊急に心肺蘇生術を行う必要があります。

 

心房細動は、心房全体が不規則に収縮する状態です。心房細動が起きると、心房から心室へ十分に血液が拍出されなくなり、全身に循環する血液量が20〜25%減少します。また、心房内に血液が淀むため、血栓が形成されやすくなります。血栓が左心室から血流に乗って移動すると、動脈系血管で詰まることがあります。

 

血栓がの血管で詰まった状態を心原性脳塞栓症(のうそくせんしょう)といいます。心臓内でできた血栓は大きく、フィブリンという凝固蛋白で固められていて溶けにくいため、症状が重症化しがちです。

 

[次回]

心拍数と脈拍数は必ず同じなの?

 

⇒〔解剖生理Q&A記事一覧〕を見る

 


本記事は株式会社サイオ出版の提供により掲載しています。

 

[出典] 『看護のためのからだの正常・異常ガイドブック』 (監修)山田幸宏/2016年2月刊行/ サイオ出版

この記事をシェアしよう

看護知識トップへ