心拍数と脈拍数は必ず同じなの?

看護師のための解剖生理の解説書『からだの正常・異常ガイドブック』より転載。

 

[前回]

不整脈はなぜ起きるの?

 

今回は「心拍数と脈拍数」に関するQ&Aです。

 

山田幸宏
昭和伊南総合病院健診センター長

 

心拍数と脈拍数は必ず同じなの?

正常では、心拍数脈拍数は対応しています(図1)。心臓が収縮して血液を送り出す時の拍動と、動脈に圧力がかかるタイミングはほとんど同時で、1分間の回数も同じです。 

 

図1心電図と脈拍の関係

心電図と脈拍の関係

 

しかし、不整脈があると両者に差が生じてきます。

 

心臓が収縮して脈が生まれ、拡張期に心室に充満した血液が、再び心臓の収縮で駆出されて脈が生じます。この繰り返しのなかで、拡張期の時間が短いと心臓に十分な量の血液が満たされず、1回の拍出量が少なくなります。すると、脈は小さくなり、動脈で感知できなくなります。こうした場合、心拍数と脈拍数に差が出てきます。

 

心拍数と脈拍数に差が出るのは、期外収縮、頻脈、心房細動(しんぼうさいどう)などの不整脈が現れた場合です。

 

期外収縮は、本来の部位(洞房結節)以外のところから心臓を収縮させる刺激が出ることで発生します。脈拍測定をしていると脈が飛ぶ、脈が抜けるというように感じます。次の脈が大きくなるため、患者はドキンとしたというように表現することが多いようです。

 

1分間に150回以上という高度の頻脈の時に、心拍数と脈拍数に差が出るのは、全体的に脈拍が小さくなってカウントしにくくなるとともに、脈が交互に大きくなったり小さくなったりするためです。そのため、高度の頻脈では心拍数の半分しか脈拍を感知できなくなります。

 

心房細動を起こしている場合は、脈の大きさがバラバラになるため、心拍数と脈拍数の間に差が生じます。

 

[次回]

リンパは何のためにあるのだろう?

 

⇒〔解剖生理Q&A記事一覧〕を見る

 


本記事は株式会社サイオ出版の提供により掲載しています。

 

[出典] 『看護のためのからだの正常・異常ガイドブック』 (監修)山田幸宏/2016年2月刊行/ サイオ出版

SNSシェア

看護知識トップへ