認定看護師の基本情報

まずは認定看護師について、その全体像を掴むべく、定義や役割、分野などの基本情報をおさらいしましょう。

「認定看護師」とは

日本看護協会が実施する「認定看護師認定審査」に合格し、登録手続きを済ませた看護師のことを指し、ある特定の看護分野において熟練した看護技術と知識を用いて、水準の高い看護実践のできる方のことをいいます。

認定看護師の役割

認定看護師の役割は、「実践・指導・相談」の3つとされています。

高度化及び専門分化する医療現場において、認定看護師がこの3つの役割を果たすことで、看護ケアの広がりと質の向上を図ることが期待されています。

〈3つの役割〉具体的には?

  1. 実践
    特定の看護分野において、熟練した看護技術を用いて水準の高い看護を実践する。
  2. 指導
    特定の看護分野において、看護実践を通して看護者に対し指導を行う。
  3. 相談
    特定の看護分野において、看護者に対しコンサルテーションを行う。

認定看護分野

認定看護分野は、高度化及び専門分化する保健、医療及び福祉の現場において、熟練した看護技術及び知識を必要とする看護分野として、日本看護協会の認定看護師制度委員会が認めたものをいいます。2012年現在で、以下の21分野が特定されています。

  1. 救急看護
  2. 皮膚・排泄ケア
  3. 集中ケア
  4. 緩和ケア
  5. がん性疼痛看護
  6. がん化学療法看護
  7. 感染管理
  8. 訪問看護
  9. 糖尿病看護
  10. 不妊症看護
  11. 新生児集中ケア
  12. 透析看護
  13. 手術看護
  14. 乳がん看護
  15. 摂食・嚥下障害看護
  16. 小児救急看護
  17. 認知症看護
  18. 脳卒中リハビリテーション看護
  19. がん放射線療法看護
  20. 慢性呼吸器疾患看護
  21. 慢性心不全看護

各分野の認定看護師登録者数別ウィンドウで開きます
(日本看護協会のサイトに移動します)