消化器内視鏡技師とは?看護師が取るメリットや勉強方法を解説

看護師が取りたい資格図鑑「消化器内視鏡看護師」の資格の解説記事のMV

 

消化器内視鏡技師は、医師の監督・指導のもと消化器内視鏡に関わる全ての業務を担当する内視鏡のエキスパートです。

 

内視鏡の性能が上がり、検査や治療の幅が広がっている内視鏡検査。そのため、高い専門知識と技術をもつ消化器内視鏡技師は重宝される存在となっています。

 

この記事では、消化器内視鏡技師の資格を看護師が取るメリット試験の内容勉強方法について解説します。

 

 

 

 

消化器内視鏡技師とは?

消化器内視鏡技師とは、内視鏡の高い専門知識と技術をそなえた人材育成を目的に、1980年に日本消化器内視鏡学会が開始した認定資格です。

 

医師の監督・指導のもとで内視鏡に関わる全ての業務を行う、いわば内視鏡のプロフェッショナル。その業務内容はとても広く、検査・治療の介助をはじめ、機器や処置具の準備・管理患者さんのケア感染管理まで行います。

 

近年の内視鏡の検査・手術は難易度の高い手技が増えてきていることから、より高度な知識・スキルを身につけた専門性の高い消化器内視鏡技師が期待されているのです。

 

「もっと内視鏡の専門知識・スキルを身につけたい」
「内視鏡チームの中心になって、より良いチーム医療を提供したい」

 

このように考えている看護師さんにはおすすめの資格と言えるでしょう。

 

「消化器内視鏡技師」と医師が内視鏡で患者さんの胃の中の映像を見ているイラスト

 

消化器内視鏡技師試験はどんな人が受けているの?

消化器内視鏡技師になれるのは、看護師や准看護師のほかに、臨床検査技師、臨床工学技士、診療放射線技師、衛生検査技師、薬剤師といった医療系の国家資格を保有している人です。

 

消化器内視鏡技師の資格を持つ中で、最も多いのは看護師です。

 

学会によると、2020年末時点で約19,000人いる消化器内視鏡技師のうち、看護師が約15,000人准看護師が約1500人となっており、看護師・准看護師が全体の8割超を占めています

 

 

看護師が消化器内視鏡技師になるメリット

看護師が消化器内視鏡技師になるメリットとして、次のようなことが挙げられます。

 

看護師が消化器内視鏡技師になるメリットを解説した図版

 

1内視鏡業務の専門性が高められる

消化器内視鏡技師試験を受験するためには、学会や研究会などに参加する必要があります。

 

これらに参加することで、深い知識を身につけることができ、専門性が高まります

 

内視鏡検査・治療は、医師や看護師をはじめとする多職種がチームとなって患者さんをケアするチーム医療です。

 

消化器内視鏡技師としてチームの中心となり、専門的な立場からの情報共有や連携をすることで、より質の高い内視鏡医療を患者さんへ提供でき、やりがいを感じられるでしょう。

 

 

2内視鏡室での普段の業務に自信を持てる

消化器内視鏡技師の資格取得を通じて得た専門的な知識・スキルから、普段の業務にも自信をもって取り組むことができます

 

消化器内視鏡技師が在籍している施設では、困難な症例を検査・治療することも少なくありません。

 

大きな病気を心配する患者さんや、病気がわかって気持ちが落ち込んでいる患者さんなどに対しても、自分の持っている知識と経験から寄り添うことができるでしょう。

 

消化器内視鏡技師が自信を持っている様子は患者さんにも伝わり、安心感を与えます

 

 

3内視鏡看護師としてキャリアアップにつながる

がんを部位別に見ると消化器系の割合は高く、内視鏡による検査・治療の幅はどんどん広がっています

 

そのような背景からも、消化器内視鏡技師の需要はこれからますます増えていくことが予想されます。

 

大学病院や総合病院の内視鏡室はもちろん、内視鏡に特化した個人クリニックもあります。消化器内視鏡技師と看護師、両方の資格を持っていることで、自分が働きたいと思う場所で働ける可能性が広がります

 

 

消化器内視鏡技師試験は難しい?試験の流れは?

消化器内視鏡技師になるためにはどうすればいいのでしょうか。試験の申し込みから合格発表までのスケジュールや受験資格、費用などについて説明します。

 

 

消化器内視鏡技師試験のスケジュール

2024年度消化器内視鏡技師の試験スケジュールは以下の通りです。

 

消化器内視鏡技師の試験スケジュールを表した図版

出典:日本消化器内視鏡学会「2024年度消化器内視鏡技師認定試験実施のご案内

 

年に1度の試験なので、受験を検討している方は早めに情報収集をしましょう。受けたい年の夏ごろまでにはスケジュールをチェックしておくとよいでしょう。

 

 

 

消化器内視鏡技師の受験資格は?

看護師が消化器内視鏡技師の試験を受けるには、下記の条件が必要です。

 

  • 学会認定専門医がいる施設で、2年以上の内視鏡室での実務経験がある
  • 直近1年間の消化器内視鏡の介助症例が100件以上ある
  • 決められた回数・時間の学会・講習会などに参加している
  • 学会認定専門医からの推薦を得ている

 

これらをクリアしていないと、書類審査の段階で不合格となってしまいます。

 

学会や講習会はあらかじめスケジュールが決まっているため、早めに日程の把握をして勤務を調整していきましょう

 

 

消化器内視鏡技師試験の費用や会場は?

消化器内視鏡技師試験では、受験料(1万円)のほかに、試験に合格すると認定料(1万円)が必要です。

 

試験会場は全国にあるCBTテストセンターです。

 

それぞれの県内に数カ所あり、地方に住んでいても試験を受けやすいでしょう。

 

 

消化器内視鏡技師の合格率・難易度

試験を受けるにあたって気になるのは合格率ですが、消化器内視鏡技師試験の合格率は学会の公式サイトでも公表されていません。次から紹介する勉強方法を参考に、試験対策をして臨みましょう。

 

また、受験そのものにも年間100例以上の実務経験や、学会・講習会などの参加が必要という点では、資格取得の難易度は低くないと言えます。

 

資格取得を検討する看護師さんは受験に向けてしっかりとした準備が必要です。

 

 

消化器内視鏡技師試験の勉強方法

最後に、消化器内視鏡技師試験の勉強方法などについて紹介していきます。

 

試験対策の参考書を使って勉強することはもちろん、実践から学べる知識も多くあります。

 

過去には地方の技師会主催で試験対策講座が開催されたこともあるので、情報をチェックして活用しましょう。

 

 

消化器内視鏡技師試験の試験内容

消化器内視鏡技師試験の内容は以下の通りです。

 

消化器内視鏡技士の試験内容を解説した図版。

 

試験方法はCBT方式という「オンライン上で受けられるテスト」です。

 

パソコンを使っての試験のため、パソコンに慣れていない方は時間がかかってしまう可能性があります。試験前にパソコンの操作に慣れておき、時間配分も考えて試験に臨みましょう。

 

 

消化器内視鏡技師試験は参考書でも対策を

試験対策の参考書と、過去問の解説書を使って勉強していきましょう。

 

 

消化器内視鏡技師試験即攻マスター改訂第2版

解剖生理から部位・疾患ごとの内視鏡の検査・治療方法まで、試験に必要な内容がこの1冊で勉強ができるようになっています。

 

 

消化器内視鏡技師試験問題解説Ⅴ

試験を主催している日本消化器内視鏡学会の出版で、過去の試験問題の解答と解説が掲載されています。

 

実際の問題を解くことで、試験の傾向を知ることができたり、時間配分を考えたりと本番の練習にもなります

 

試験対策の参考書はこちらの2冊が挙げられますが、基礎的な知識の確認には「消化器内視鏡技師のためのハンドブック」も併せて使い勉強するのがおすすめです。

 

 

まとめ

内視鏡は日々進化しており、検査・治療の幅はどんどん広がっています。それに伴い、消化器内視鏡技師の需要も高くなってきています。

 

スキルアップをしてよりよい医療を提供したいと考えている方は、受験を考えてみてはいかがでしょうか?

 

執筆:看護roo!編集部

 

 

 

 

看護師さんが挑戦した資格・検定の

体験談を募集中!

 

投稿はこちらのフォームから!

 

 資格・検定の体験談を投稿する

 

 

 

SNSシェア

コメント

0/100

仕事トップへ

掲示板でいま話題

他の話題を見る

アンケート受付中

他の本音アンケートを見る

今日の看護クイズ

本日の問題

◆フィジカルアセスメントの問題◆パーキンソン病治療薬や抗精神病薬を服用している患者さんに起こりやすいとされる不随意運動で、自分の意思とは関係なく口をすぼめたり手足が勝手に動いたりするものはどれでしょうか?

  1. アテトーゼ
  2. ヘミバリスム
  3. バリズム
  4. ジスキネジア

11409人が挑戦!

解答してポイントをGET

ナースの給料明細

8895人の年収・手当公開中!

給料明細を検索