実習がつらくて心が折れそう|現役看護師かげさんの明日を生き抜く看護メンタル(1)

『現役看護師かげさんの明日を生き抜く看護メンタル』より転載。

今回は「実習がつらくて心が折れそう」というお悩みに答えます。

 

 

「自分はダメ」と思う必要はない

看護師を目指す学生にとって、病院での実習はかなりハードなものです。

 

毎日ついていくのがやっとだったり、そんな自分が嫌になったり、つらい気持ちを感じている人も本当に多いと思います。

 

でも、実習がつらいからといって、自分自身を責める必要はありません。実習が苦手でも看護師になった人はたくさんいます。

 

実習は実習でしかなく、入職してからスタートする仕事とは別物。そのくらいの気持ちでいてかまわないのです。

 

私が学生の頃も、実習はとてもハードでした。

 

私の場合は2〜3週間の実習が1クール、それを10領域ほど履修しなくてはならなかったので3週間×10領域=延べ30週ほど、という長い時間を実習に費やしていました。

 

実習でへとへとに疲れるうえに、課題は量が多くて難しい。間に合わせるために夜中まで作業を続けて、結局寝られずに翌日の実習に出る、というケースもめずらしくありません。

 

私も、実習のあと一人で帰っている途中にふいに悲しくなり、「看護師に向いてないんだなぁ」と泣いたこともありました。

 

「つらい」と「わからない」の中身を明確に

実習で挫けそうになると「行きたくないな」という気持ちばかりが膨らんでしまいがち。

 

そういう時期には、一度、「自分がつらいと感じるのはどういう部分なのか」を見つめ直してみることも大切です。

 

課題が終わらないせいなのか、指導者との人間関係なのか、つらい気持ちの原因をある程度はっきりさせてみたら、自分なりの改善点や対策が具体的に見えてくると思います。

 

たとえば、課題でわからない部分があったときにどうするのか。

 

「何もわかりませんでした」とだけ報告するのはちょっと漠然としすぎて、指導者も助けようがないかもしれません。

 

「ここまでは自分で調べて理解しましたが、ここがわかりません」や「どんな資料を参照すればいいのかわからないので教えてください」など、「わからない」の表現方法を鍛えてみましょう

 

むしろ、そうやって不明点を明確にして他人の力を借りることは、なんとなくわかったふりをするよりずっと今後のためになります。

 

このように対策を立てると、課題の作業も「わからないから進まない」という悪循環に陥ることが少しは減るのではないでしょうか。

 

 

 

 

\全国の書店・通販サイトで発売中/

『現役看護師かげさんの

明日を生き抜く看護メンタル』

『現役看護師かげさんの 明日を生き抜く看護メンタル』書影

 

> Amazonで見る  > 楽天で見る

 

もっと試し読みする!

 

 

プロフィール
かげプロフィール

かげXInstagram

病棟看護師、保健師、呼吸療法認定士、終末期ケア専門士。

看護師・看護学生に向けたわかりやすいイラストでの医療知識の解説で、ファンを増やし続けている。著書に永岡書店『ホントは看護が苦手だったかげさんのイラスト看護帖〜かげ看』、南江堂『かげさんのイラストで学ぶ 心電図と不整脈めも』など。

看護roo!では『看護師かげと白石の今週のモヤッと』を連載。

 

 

SNSシェア

コメント

0/100

仕事トップへ

掲示板でいま話題

他の話題を見る

アンケート受付中

他の本音アンケートを見る

今日の看護クイズ

本日の問題

◆フィジカルアセスメントの問題◆パーキンソン病治療薬や抗精神病薬を服用している患者さんに起こりやすいとされる不随意運動で、自分の意思とは関係なく口をすぼめたり手足が勝手に動いたりするものはどれでしょうか?

  1. アテトーゼ
  2. ヘミバリスム
  3. バリズム
  4. ジスキネジア

11522人が挑戦!

解答してポイントをGET

ナースの給料明細

8895人の年収・手当公開中!

給料明細を検索