看護用語辞典 ナースpedia キーワード:CO2ナルコーシス

CO2ナルコーシスとは・・・

最終更新日 2017/09/12

CO2ナルコーシス(しーおーつーなるこーしす)とは、呼吸の自動調整能が破綻し、二酸化炭素(CO2)が体内に貯留することで意識障害が出現する病態の総称である。一般的には、慢性的に低酸素状態にある慢性閉塞性肺疾患(COPD)患者に高濃度酸素を投与することで、体内に酸素が過剰と判断され呼吸抑制もしくは停止する。肺胞低換気となり、二酸化炭素の体内貯留によりアシドーシスや意識障害を呈する。バックバルブ換気や気管挿管下呼吸器による換気などで強制的に換気を行い、体内から二酸化炭素を出すことで症状改善の期待ができる。

CO2ナルコーシスは狭義には呼吸の自動能の破綻によりCO2が貯留する病態であるが、広義には原因を問わずCO2が貯留する病態を含めることがある。これらには、過鎮静による呼吸抑制、中枢神経疾患や神経変性症などによる呼吸抑制などがある。

【呼吸の調整】
呼吸は動脈血液中のPO2、PCO2、pHの変化を頸動脈小体、大動脈小体で感知しながら自動的に調整を行っている。ここで感知された情報は求心性神経(末梢から中枢にシグナルを伝達する神経)で呼吸中枢に伝達される。例えばPO2の低下、PCO2の上昇、pHの低下があれば換気量を増大させ、逆であれば抑制をすることで常に一定の状態を保つことができる。また、呼吸中枢の近くの延髄化学受容器では、脳脊髄液や脳組織中のpHを感知し、その情報を呼吸中枢に伝達している。

【慢性閉塞性肺疾患:Chronic obstructive pulmonary disease(COPD)】
慢性閉塞性肺疾患(COPD)は、慢性的に肺胞や気道の炎症が緩徐に進行する疾患の総称である。

執筆

守田誠司

東海大学医学部付属病院 外科学系救命救急医学講座教授

本ページの内容・監修について
このエントリーをはてなブックマークに追加

ナースpediaのTOPへ戻る

関連記事

いちおし記事

看護roo!サロンで同年代ナースとおしゃべり♪

「他の病院はどうなんだろ?」そんな疑問もお互い話せるチャンス♡ [ 記事を読む ]

【音声あり】気管支喘息の聴診音って?

気管支喘息の特徴「笛音」を実際に聞いて確かめてみてね! [ 記事を読む ]

人気トピック

もっと見る

看護師みんなのアンケート

自分が描いていた理想の看護師になれている?

投票数:
1183
実施期間:
2019年05月10日 2019年05月31日

【新人限定】「配属先、いつ決まった?」

投票数:
832
実施期間:
2019年05月14日 2019年06月04日

ケアの優先順位(多重課題)で困った経験はある?

投票数:
1076
実施期間:
2019年05月14日 2019年06月05日

看護書や医学書で見かける表現で「これどういう意味?」なものある?

投票数:
1056
実施期間:
2019年05月17日 2019年06月07日

伸び悩んでる新人、どうやって褒めてる?

投票数:
884
実施期間:
2019年05月21日 2019年06月11日

あなたの施設で退職時期、決められてますか?

投票数:
689
実施期間:
2019年05月24日 2019年06月14日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者3942

現在行われている出生前診断で、確定的検査は以下のうちどれでしょうか?

  • 1.超音波マーカー検査
  • 2.新型出生前診断(NIPT)
  • 3.羊水検査
  • 4.母体血清マーカー検査
今日のクイズに挑戦!