看護用語辞典 ナースpedia キーワード:鉄分

鉄分とは・・・

最終更新日 2019/02/19

鉄分(てつぶん、iron;Fe)とは、生物に必須な微量元素(微量元素:生体に必要不可欠な元素のうち、酸素、炭素、水素、窒素の4つの主要構成元素を除いたものの総称)である。

一般的な1日の食事には約10mgの鉄分が含まれており、このうち8~10%が体内へ吸収される。そのため1日に失う約1~1.5mgの鉄分は、通常食品から吸収することができるが、月経中の女性は通常の1.5倍、妊娠授乳時や成長期の子どもは通常の2倍の鉄分が必要となる。

■体内での役割
成人男性は50mg/kg、成人女性は35mg/kgの鉄分を体内に持ち、そのうちの約2/3はヘモグロビンの構成成分として用いられている。残りの1/3のうちほとんどは、フェリチンやヘモジデリンといった貯蔵鉄として、脾臓、骨髄、肝臓中に含まれる。その他のわずかな鉄分は、ヘム鉄や筋肉内のミオグロビン鉄として利用される。

■鉄欠乏
ダイエットや偏食による食物中からの鉄摂取不足や出血による鉄の喪失、吸収障害、鉄需要の増加など、鉄が欠乏すると鉄欠乏性貧血の原因となる。

鉄欠乏性貧血の食事療法では、豚や鶏のレバー、大豆や豆乳などの豆類、海藻類など鉄分を多く含む食物を摂取することが有効である。

■鉄過剰
鉄過剰になると肝障害を来すことがあるため、過剰摂取にも注意が必要である。

本ページの内容・監修について
このエントリーをはてなブックマークに追加

ナースpediaのTOPへ戻る

いちおし記事

看護師的ナイスフォロー!気が利く同僚たちをご紹介|看護師の本音アンケート

「めちゃくちゃ助かる!ありがとう!」と感激した同僚エピソード。みんなも経験ある? [ 記事を読む ]

患者さんが転倒骨折! 要介護5になった責任はどこに?

実際の医療訴訟をもとにナースが気をつけるポイントを解説。 [ 記事を読む ]

人気トピック

看護師みんなのアンケート

救急救命士、病院内でも救命処置が可能に。あなたは反対?賛成?

投票数:
1404
実施期間:
2019年11月19日 2019年12月10日

結婚するなら、同じ医療者がいい?それとも、医療者以外がいい?

投票数:
1386
実施期間:
2019年11月22日 2019年12月13日

後で「急変の予兆だったのかも?」と思ったことある?

投票数:
1198
実施期間:
2019年11月26日 2019年12月17日

人生最大級の「お酒の失敗」教えて下さい。

投票数:
1128
実施期間:
2019年11月29日 2019年12月20日

一時期病的にハマっていた食べものや飲みものはある?

投票数:
993
実施期間:
2019年12月03日 2019年12月24日

医師と結婚できるなら、したい?

投票数:
928
実施期間:
2019年12月05日 2019年12月26日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者801

◆摂食・嚥下の問題◆摂食嚥下の5期モデルの説明で誤っているのはどれか?

  • 1.先行期は食べ物を咀嚼し食塊にする時期である。
  • 2.口腔期は食塊を咽頭に送り込む時期である。
  • 3.咽頭期は食塊を嚥下反射により中咽頭から食道入口部に送り込む時期である。
  • 4.食道期は食塊を蠕動運動により胃の噴門部に送り込む時期である。
今日のクイズに挑戦!