看護用語辞典 ナースpedia キーワード:ハンセン病

ハンセン病とは・・・

最終更新日 2018/01/16

ハンセン病(はんせんびょう、Hansen's disease)とは、抗酸菌の一種であるらい菌による慢性感染症のことである。皮膚と末梢神経を主な病変とする。

日本での発症は、毎年数名程度で大部分は東南アジアなどからの在日外国人である。保菌している未治療患者からの飛沫感染が多いと言われているが、感染力は非常に弱く、らい菌と接触しても95%は自然免疫で感染・発症を防ぐことができる。また、潜伏期間も非常に長く、数年から数十年と言われている。

【分類】
ハンセン病は、大きく4つの病型に分類される(リドレー・ジョプリング〈Ridley-Jopling〉分類)。
・特異的症状に乏しい発症初期のI群
・らい菌に対する免疫能が本来あるが、何らかの理由で免疫能が低下し感染が成立するTT型
・免疫能を持たない人が発症するLL型
・免疫応答がTT型、LL型の中間であるB群

【症状】
症状は、皮膚症状と神経症状が重要である。
皮膚症状は、痛みや痒みなどの自覚症状がない皮疹であり、白斑や紅斑、結節などのさまざまな形を呈する。皮膚症状だけで診断は難しく、病理組織学的所見から本症を疑う。末梢神経障害(特に大神経と尺骨神経)としては、知覚障害を認めることが多い。
また、二次症状として、眼症状や神経因性疼痛、脱毛や難治性潰瘍などを認める。

【治療】
治療は、ジアフェニルスルフォン(DDS)、クロファジミン(CLF)、リファンピシン(RFP)の3種を併用する多剤併用療法が主体となる。神経炎ではステロイドを適宜内服する。治療過程や精神的ストレスを契機として皮疹の増悪や発熱、急速な末梢神経障害の増悪が見られることがあり、らい反応(leprous reaction)と呼ばれる。

執筆

水 大介

神戸市立医療センター中央市民病院  救命救急センター医長

本ページの内容・監修について
このエントリーをはてなブックマークに追加

ナースpediaのTOPへ戻る

いちおし記事

根拠はないけど|マンガ・ぴんとこなーす【262】

看護記録に書いた根拠を激ヅメされた新人ナースのサエコちゃん。その記録内容は… [ 記事を読む ]

人気トピック

もっと見る

看護師みんなのアンケート

人に言いたくなるキラキラ休日の過ごし方は?

投票数:
1304
実施期間:
2019年11月01日 2019年11月22日

尊敬する先輩ナースのエピソードある?

投票数:
1145
実施期間:
2019年11月05日 2019年11月26日

生まれ変わったら何になりたい?

投票数:
1128
実施期間:
2019年11月08日 2019年11月29日

看護師が選ぶ!キャラクター大賞!2019

投票数:
1012
実施期間:
2019年11月12日 2019年12月03日

実は勘違いしていた医療用語ある?

投票数:
867
実施期間:
2019年11月15日 2019年12月06日

救急救命士、病院内でも救命処置が可能に。あなたは反対?賛成?

投票数:
329
実施期間:
2019年11月19日 2019年12月10日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者1222

◆薬の問題◆80歳男性。過活動膀胱のため、夜間にも頻繁にトイレに行きたくなってしまい、不眠となっています。この患者さんに用いられる排尿障害治療薬は、以下のうちどれでしょうか?

  • 1.α1受容体遮断薬
  • 2.抗コリン薬
  • 3.抗ヒスタミン薬
  • 4.抗アンドロゲン薬
今日のクイズに挑戦!