看護用語辞典 ナースpedia キーワード:機械弁

機械弁とは・・・

最終更新日 2017/07/25

人工弁(代用弁)は人工物からできた機械弁と、亡くなったヒトや動物の弁、心膜など生体由来の組織でつくられる生体弁の2種類に大別される。機械弁(きかいべん)とは主に炭素線維やチタンなど人工の材料を弁の素材としている人工弁をさす。

心臓弁膜症、先天性心疾患、感染性心内膜炎など、様々な要因によって心臓弁の狭窄や逆流などが生じ、心臓弁機能を果たせなくなった弁は、「弁形成術(弁の手直しをする)」あるいは、「弁置換手術(弁を入れ替える)」が選択される。弁置換手術の際に使用する代用弁の選択肢として「生体弁」と「機械弁」がある。

この機械弁が初めて人に使用されたのは1960年であり、現在多くの機械弁が使用されている。現在主流となっているのは、炭素繊維を素材としたもので、中でも二葉弁と呼ばれる可動性の弁用部分が二枚あるものが主流である。弁輪径に対して有効弁口面積が広い弁も開発されている。機械弁には、大動脈弁用(肺動脈弁としても使用される)と僧帽弁用(三尖弁としても使用される)があり、患者に適合したサイズのものを選んで弁置換手術を行う。

■機械弁の長所と短所
長所:耐久性に優れている。
短所:血栓が生じやすく、抗凝固療法のため毎日抗凝固剤(ワーファリン®)の服用が必要である。

■合併症
・人工弁機能不全

血栓などにより、弁の開閉障害が生じると、弁狭窄や逆流が発生し、それによる心不全が発生する。
・血栓塞栓症
抗凝固剤の服用をしていても100%血栓を防ぐことができない。まれに、できた血栓が血液の流れに乗って身体の各部位に詰まり、重篤な塞栓症を引き起こすことがある(脳梗塞、四肢急性動脈閉塞症、急性上腸間膜動脈閉塞症など)。また、人工弁に付着した血栓による弁機能不全を発生することもある。一方、抗凝固剤の影響で出血しても止血しにくい状態になることから、脳出血や消化器癌などの出血性疾患が重篤化する場合がある。
・人工弁感染
人工弁に細菌や真菌が繁殖し、感染性心内膜炎の原因となる。生体弁でも起こりうる。抗生物質の点滴治療で改善することはまれで、多くは人工弁の弁輪部分から感染が周囲に広がり、周囲の組織破壊により縫合部分から人工弁が外れて、逆流をきたすなど重篤化することが多く、再手術が必要となる。

監修

高橋昌

新潟大学大学院医歯学総合研究科 特任教授

このエントリーをはてなブックマークに追加


ナースpediaのTOPへ戻る

いちおし記事

「フレイル」ってわかる?老年看護の新用語を解説

2018年の看護師国家試験から出題範囲に含まれた新用語群を解説します。 [ 記事を読む ]

頭痛の時に痛みを感じているのは脳?

見逃すとこわい「頭痛」。なぜ、痛みを感じるのか、どこを観察するかなどを解説します。 [ 記事を読む ]

人気トピック

もっと見る

看護師みんなのアンケート

EPA外国人看護師と協働したことある?

投票数:
630
実施期間:
2017年10月03日 2017年10月24日

あなたの通勤方法は?

投票数:
749
実施期間:
2017年10月06日 2017年10月27日

今年のハロウィンの予定は?

投票数:
654
実施期間:
2017年10月10日 2017年10月31日

退院調整看護師と協働したことある?

投票数:
571
実施期間:
2017年10月13日 2017年11月03日

自分が服用するなら、先発医薬品?後発医薬品?

投票数:
536
実施期間:
2017年10月17日 2017年11月07日

ホスピタルアートに興味ある?

投票数:
458
実施期間:
2017年10月20日 2017年11月10日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者179

Aさんは40代男性で、統合失調症と診断されています。18歳の時に発症し、これまでに5回の入院歴があります。入院後も自閉的な生活が続いており、ほとんどほかの患者さんとの交流はありません。最近は一日中コップを片手に持ち、洗面所と部屋を行き来するなど飲水行為が目立っています。身長168cm、今朝の起床時の体重は60kgでしたが、昼食後に再度測定すると、67kgまで増加していました。表情もボーっとしており、問いかけにも返答がありません。歩行時にふらつきが見られ、昼食前にズボンの前を濡らしたまま歩いていました(尿失禁)。このような状態の多飲水患者さんへの看護として最優先される対応はどれでしょうか?

  • 1.患者に朝と夜に体重測定を行ってもらい、1日で摂取できる水分量を伝え、それをうまく配分、コントロールできるよう看護師が教育的な援助を行う。
  • 2.水に集中している意識がほかのものに向くよう、作業療法やレクリエーションなどを導入し、気分転換を図るよう援助する。
  • 3.コップを看護師が管理し、飲水量を厳しくチェックする。それでも飲水が止まらず体重がプラス5kgになれば、保護室で隔離を行い、水分摂取を強制的に制限する。
  • 4.Aさんは、昼食後の体重が基礎体重よりプラス5%を超えており、意識障害も疑われるため、血液検査を考慮する。
今日のクイズに挑戦!