最終更新日 2018/04/16

ビオー呼吸

ビオー呼吸とは・・・

ビオー呼吸(びおーこきゅう、Biot's respiration)とは、呼吸リズム(呼吸数)、換気量および無呼吸時間がすべて不規則に混在する異常呼吸である。

この呼吸の特徴は、呼吸リズム(数)も深さ(換気量)も不規則で、また無呼吸時間も10秒から30秒と不規則なことである。チェーンストークス呼吸と同様に、無呼吸と頻呼吸の反復であるが、異なる点はチェーンストークス呼吸のような呼吸のリズムの周期性変化はなく、呼吸のリズムは不規則であり、一過性であることが多い。

【原因】

原因としては、中枢神経系疾患(特に延髄の外傷、圧迫、血管障害)がある。炎、脳腫瘍髄膜炎など頭蓋内圧亢進による圧迫や脳卒中(脳血管障害)などによるものが多い。橋と延髄の病変でビオー呼吸が起こるのは、呼吸をコントロールしている呼吸中枢が橋と延髄付近にあるためである。

【治療】

ビオー呼吸の治療法は、原因となる疾患の治療を行うことで、症状を抑えることができるといわれているが、いずれも重篤な疾患であることが多く、ビオー呼吸自体が重篤な疾患の症状の一つとして挙げられるため、症状が疑われる場合には早期発見して、適切な治療を行うことが大切である。

執筆: 﨑尾浩由

那須赤十字病院 第二内科部長 救命救急センター

SNSシェア

用語辞典トップへ