看護用語辞典 ナースpedia キーワード:中心静脈栄養法

中心静脈栄養法とは・・・

最終更新日 2018/12/21

中心静脈栄養法(ちゅうしんじょうみゃくえいようほう、total parenteral nutrition;TPN)とは、心臓の近い中心静脈に挿入したカテーテルを介して、栄養輸液を投与する療法である。鎖骨下静脈や内頚静脈から専用の穿刺針を刺し、中心静脈(上大静脈)までカテーテルを挿入する。高カロリー輸液(intravenous hyperalimentation;IVH)とも呼ばれている。

主に、経口から栄養摂取が困難な場合や、消化器の栄養吸収が不可能な場合、静脈栄養が長期化されると予測される場合に用いられる。ただし適応基準は、患者の状態などによって異なる。

中心静脈栄養法に用いられる輸液は、アミノ酸や糖質、脂肪、ビタミンなど生命維持に必要な栄養素が含まれている。また、この輸液は濃度が濃いため、血管壁に静脈炎などの損傷を起こしやすい。このため、血流量が多く、速やかに希釈できるような太い血管がある中心静脈から細いカテーテルで注入する必要がある。

【メリット】
・消化器系への負担が軽減できる。
・必要なエネルギーや栄養素の確実な投与が可能である。
・緊急時に早急な薬液の投与が可能である。
・一度カテーテルを入れておくと何度も穿刺をする必要がないため、痛みが軽減される。
・条件によっては在宅でも実施できるためQOLが上がる。

【デメリット】
高血糖、肝機能障害などの合併症の可能性がある。
・発熱、敗血症、血栓性静脈炎などの感染症のリスクがある。
・腸が萎縮し、消化機能が低下する。
・血栓が形成されやすい。
・カテーテルが体外にあるため抜管する可能性がある。
・衛生面など管理には細心の注意が必要である。

 

引用参考文献
1)茂野香おる.非経口的栄養摂取の援助.系統看護学講座 基礎看護技術II,16版,医学書院,2013,42-49.(ISBN9784260015790)
2)中心静脈栄養(TPN).株式会社大塚製薬工場.

このエントリーをはてなブックマークに追加

ナースpediaのTOPへ戻る

いちおし記事

同期との関係~新人ナース~|マンガ・病院珍百景

友達?ライバル?仲間?…同期との距離感ってどのくらい? [ 記事を読む ]

SaO2低下でも酸素濃度を上げてはいけないのは、どんなとき?

振戦、痙攣など中枢神経障害が起こることも…! [ 記事を読む ]

人気トピック

もっと見る

看護師みんなのアンケート

あなたのハマっている沼は何?

投票数:
1483
実施期間:
2019年09月03日 2019年09月24日

旅行のおすすめスポットある?

投票数:
1360
実施期間:
2019年09月06日 2019年09月27日

学生時代の実習、国試勉強との両立はうまくできた?

投票数:
1237
実施期間:
2019年09月10日 2019年10月01日

SNSで嫌な気分になったことある?

投票数:
1164
実施期間:
2019年09月13日 2019年10月04日

あなたの職場ならではの「隠語」ってある?

投票数:
498
実施期間:
2019年09月20日 2019年10月11日

ナースの現場、気が利くで賞!

投票数:
968
実施期間:
2019年09月17日 2019年10月15日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者1022

がんの告知や再発など、患者さんにとって「悪い知らせ」をどのように伝えるかというコミュニケーションツールで、日本で開発されたものは以下のうちどれでしょうか?

  • 1.SHARK
  • 2.SHARE
  • 3.SPIKES
  • 4.SPARK
今日のクイズに挑戦!