挿入部位の周囲を広く消毒するのはなぜ?|中心静脈栄養法

『看護技術のなぜ?ガイドブック』より転載。

 

今回はカテーテルの挿入に関するQ&Aです。

 

大川美千代
群馬県立県民健康科学大学看護学部准教授

 

挿入部位の周囲を広く消毒するのはなぜ?

静脈内に長期間にわたってカテーテルを留置するわけですから、感染を厳重に防ぐ必要があります。

 

挿入時に広い範囲で消毒を行って無菌操作を徹底させるのは、感染を防ぐために必須の手順です。術者にとって、消毒された部位が広いほど、操作がしやすくなります。

 


本記事は株式会社サイオ出版の提供により掲載しています。

 

[出典] 『看護技術のなぜ?ガイドブック』 (監修)大川美千代/2016年3月刊行/ サイオ出版

SNSシェア

看護知識トップへ