看護用語辞典 ナースpedia キーワード:もやもや病

もやもや病とは・・・

最終更新日 2018/01/29

もやもや病(もやもやびょう)とは、 ウィリス動脈輪周囲の主幹動脈(両側の内頸動脈終末部)が進行性に閉塞または狭窄するために、周囲に側副血行路として異常な血管網(もやもや血管)を生じる疾患である。日本人やアジア人に多く、日本で最初に報告された。脳血管撮影でこの血管網がもやもやした像に見えることから命名され、日本語の「もやもや病」が国際的に受け入れられている(Moyamoya disease) 。10歳以下の小児と30~50歳の成人で発症することが多いが、半数は15歳以下である。指定難病である。

症状は、もやもや血管が細く、脆弱であるために起こる脳虚血と脳出血が主である。熱い麺類を吹き冷ます、吹奏楽器を吹く、強く啼泣するといった過換気状態になると、血中の二酸化炭素濃度が減少して脳血管が収縮するため、細いもやもや血管からの血流が確保できなくなり、脱力発作やけいれんなどの一過性脳虚血発作(transient ischemic attack:TIA)が起こる。

虚血が強ければ脳梗塞となることもある。また、もやもや血管そのものが破裂して脳出血を起こすことがあるほか、脳底動脈の閉塞により血流が増加し、それにより生じた動脈瘤が破裂して脳出血を起こすこともある。小児では脳虚血(脳梗塞やTIA)、けいれんの発症がおおく、成人例では脳出血が多い。
治療は、基本的には抗けいれん薬や抗血小板薬などでの内科的治療のほか、浅側頭動脈と中大脳動脈を吻合するバイパス術も選択されることがある。

執筆

石田 光

元 神戸市立医療センター中央市民病院 救命救急センター

本ページの内容・監修について
このエントリーをはてなブックマークに追加

ナースpediaのTOPへ戻る

いちおし記事

自分が担当する新人が年上なときの処方箋

プリ必見!年上プリセプティを指導するとき、覚えておきたい3つの心得 [ 記事を読む ]

熱中症の対応、大丈夫?

暑さが本格化する前に…!ケアのポイントをおさらい! [ 記事を読む ]

人気トピック

もっと見る

看護師みんなのアンケート

看護へのやる気がなくなったこと、ある?

投票数:
1271
実施期間:
2019年07月02日 2019年07月23日

「今年の夏こそ◯◯するぞ!」ナースの主張

投票数:
1156
実施期間:
2019年07月05日 2019年07月26日

こんなのあったらいいな「ナースのヒミツ道具」大募集!

投票数:
1078
実施期間:
2019年07月09日 2019年07月30日

疾患を見ると感じる季節は?

投票数:
1038
実施期間:
2019年07月12日 2019年08月02日

残業代がきちんと出るなら残業したい?

投票数:
920
実施期間:
2019年07月16日 2019年08月06日

こだわりのナースグッズは?

投票数:
695
実施期間:
2019年07月19日 2019年08月09日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者2615

酸素飽和度についての説明で、正しいものはどれでしょうか?

  • 1.酸素飽和度とは、静脈内の赤血球中のヘモグロビンが酸素と結合している割合を示したものである。
  • 2.パルスオキシメータを用いて測定した値をSaO2、動脈血ガス分析で測定した値をSpO2という。
  • 3.SpO2が正常であれば、体内の酸素量は十分であると判断できる。
  • 4.健康な人の酸素飽和度は96~99%だが、酸素吸入時はSpO2を90%以上維持すれば通常は十分である。
今日のクイズに挑戦!