実施前に排尿を促すのはなぜ?|点滴静脈内注射

『看護技術のなぜ?ガイドブック』より転載。

 

今回は点滴静脈内注射の実施前に関するQ&Aです。

 

大川美千代
群馬県立県民健康科学大学看護学部准教授

 

実施前に排尿を促すのはなぜ?

点滴静脈内注射を行う前に排泄をすませておくように促すのは、循環血液量の増加によって施行中に尿意を起こしやすくなることに加え、点滴静脈内注射終了までに時間がかかるからです。

 

点滴静脈内注射に慣れてくると、点滴スタンドを押してトイレに行くこともできるようになりますが、やはり安全という意味では勧められる行為ではありません。

 

トイレまでの歩行が困難な患者の場合は、点滴静脈内注射実施の前に排泄の援助を行います。

 


本記事は株式会社サイオ出版の提供により掲載しています。

 

[出典] 『看護技術のなぜ?ガイドブック』 (監修)大川美千代/2016年3月刊行/ サイオ出版

SNSシェア

看護知識トップへ