1. 動画でわかる!看護技術>
  2. ドレーン・術後管理> 腰椎穿刺(ルンバール)の介助

2016年04月18日

腰椎穿刺(ルンバール)の介助


【監修】

中島恵美子(杏林大学保健学部看護学科看護学専攻 教授)

 

【執筆】

森下純子 (杏林大学保健学部看護学科看護学専攻 非常勤講師)

監修者・執筆者・監修大学についての詳細

 

「腰椎穿刺(ルンバール)」の目的

●髄液圧の測定
●髄液の採取
●薬剤の注入
脊椎麻酔

 

「腰椎穿刺(ルンバール)」の適応

下記の疾患の診断および経過観察

髄膜炎・脳炎
●脳血管障害
●腫瘍性疾患
●神経変性疾患
●脱骨髄性疾患
●その他、脊髄及び末梢神経疾患

 

「腰椎穿刺(ルンバール)」の禁忌

●頭蓋内圧亢進が疑われる場合
●うっ血乳頭を認める場合
穿刺部位の皮膚および皮下に炎症がある場合
●出血傾向がある、または抗凝固剤を使用中の場合

 

「腰椎穿刺(ルンバール)」の必要物品

  • 固定用テープ
  • 絆創膏
  • 消毒液
  • 膿盆
  • 穴あき滅菌ドレープ
  • 注射針(18,23G)
  • 注射器(5,20mL)
  • 鑷子
  • 腰椎穿刺針
  • スピッツ
  • マーカーペン
  • 滅菌ガーゼ
  • 滅菌ガウン
  • キャップ
  • 滅菌消毒セット
  • マスク
  • 手袋
  • 滅菌手袋

 

「腰椎穿刺(ルンバール)」の実施手順

(1)患者さんに腰椎穿刺の必要性・流れを説明する

 

(2)検査前に排尿を促し、バイタルサインを測定する

 

(3)検査に必要な体位をとってもらう

 

(4)ベッドの端に身体を寄せ、側臥位をとってもらう

 

(5)膝を屈曲し、腹部に引き付けるように両手で抱え込んでもらう

 

(6)顎を胸につけてもらう

 

(7)医師が実施する消毒の介助を行う

 

(8)【医師】穿刺部位を消毒し、穴あきドレープをかける

 

(9)局所麻酔薬の注入介助を行う。医師が注入を行いやすいように留意する

 

(10)医師が穿刺を実施する。穿刺中、患者さんの状態を把握し、声掛けを行う

ポイント

医師は患者の背中側で穿刺の手技に集中しているため、看護師は患者の観察を怠らないことが重要

 

(11)疼痛・顔色・脈拍・呼吸状態などの異常があれば医師に報告する

 

(12)髄液が流出してきたら、患者さんに全身の力を抜くよう伝える

 

(13)髄液をスピッツに採取し、検査に出す

ポイント

正常髄液圧は60~180mmH2O程度で、無色透明

 

(14)医師が消毒をした後、絆創膏を貼る

 

(15)終了後、バイタルサインの測定を行う

■注意すべき副作用

  • 頭痛
  • 吐き気

 


【引用・参考文献】

(1)福井次矢 他(編):体腔穿刺.三輪書店,東京,2000.
(2)真弓俊彦(編):ビジュアル基本手技 コツを覚えて必ずできる!体腔穿刺.羊土社,東京,2008.
(3)ナースハッピーライフ:髄圧検査の介助(2016/01/13 アクセス)
(4)看護roo!:腰椎検査(2016/01/13 アクセス)

関連記事

  • 聴診器が医師の命を救った!? 聴診器がもたらした200年 [12/13up]

    聴診器を使用する際のコツや、疾患ごとの聴診音のポイントについて、呼吸器内科専門医が解説している『聴診スキル講座』ですが、ここでちょっと一息。 今回は、本編とは別に、聴診に関する豆知識やグッズを紹介します。 コラムの第6話は、... [ 記事を読む ]

  • 骨髄検査|血液・造血器系の検査 [12/07up]

    『看護に生かす検査マニュアル』より転載。 今回は、骨髄検査について解説します。 〈目次〉 骨髄検査とはどんな検査か 骨髄検査の目的 骨髄検査の実際 骨髄検査において注意すべきこと 骨髄検査と... [ 記事を読む ]

  • 糞便の細菌検査 [08/31up]

    看護師のための検査値の解説書『検査値早わかりガイド』より。 今回は、糞便の細菌検査について解説します。 糞便の細菌検査の基準値 陰性 〈目次〉 糞便の細菌検査の目的 糞便の細菌検... [ 記事を読む ]

  • 平衡機能検査|耳鼻咽喉科の検査 [01/13up]

    『看護に生かす検査マニュアル』より転載。 今回は、平衡機能検査について解説します。 〈目次〉 平衡機能検査とはどんな検査か 平衡機能検査の目的 平衡機能検査の方法 平衡機能検査前後の看護の手順 平... [ 記事を読む ]

  • FASTのエコー像(心嚢腔) [10/19up]

    画像検査のなかでも、エコー(超音波)検査は、侵襲度が低く、簡便に行える検査です。 外来や病棟で、看護師が目にすることの多いエコー検査について、コツやポイントを消化器内科医が解説します。 〈前回の内容〉 FASTで外傷患... [ 記事を読む ]

いちおし記事

猛獣のいる病棟

ケンカっぱやい看護師を「猛獣」とたとえるなら、笑顔で見届ける師長は… [ 記事を読む ]

肺炎ってどんな病気?

【ケア】酸素消費量とエネルギーの消費量を最小限に抑えることがポイントです。 [ 記事を読む ]

人気トピック

看護師みんなのアンケート

あなたの中の「失言大賞」教えてください

投票数:
1184
実施期間:
2018年12月28日 2019年01月18日

お年玉、何歳までもらってた?

投票数:
1220
実施期間:
2019年01月01日 2019年01月22日

2019年に「がんばりたいこと」は何ですか?

投票数:
1134
実施期間:
2019年01月04日 2019年01月25日

同期との差感じたことあった?

投票数:
1023
実施期間:
2019年01月08日 2019年01月29日

成人式、参加した?

投票数:
1059
実施期間:
2019年01月11日 2019年02月01日

我が家独特の食事メニューある?

投票数:
746
実施期間:
2019年01月15日 2019年02月05日

薬剤のミキシングのとき、手袋はする?しない?

投票数:
7
実施期間:
2019年01月18日 2019年02月08日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者391

肝臓部分切除術を受けた55歳男性。術中に出血が1,600mLあり、RBC-LR4単位の輸血が投与されました。既往歴は高血圧。術後5時間後、急に呼吸困難を訴えました。バイタルサインは下図のとおりです。この症例で最も疑うべき輸血の副作用は、以下のうちどれでしょうか?

  • 1.輸血関連急性肺障害(TRALI)
  • 2.輸血関連循環過負荷(TACO)
  • 3.アレルギー反応
  • 4.発熱性非溶血性輸血副作用
今日のクイズに挑戦!