1. 動画でわかる!看護技術>
  2. ドレーン・術後管理> 腰椎穿刺(ルンバール)の介助

2016年04月18日

腰椎穿刺(ルンバール)の介助


【監修】

中島恵美子(杏林大学保健学部看護学科看護学専攻 教授)

 

【執筆】

森下純子 (杏林大学保健学部看護学科看護学専攻 非常勤講師)

監修者・執筆者・監修大学についての詳細

 

「腰椎穿刺(ルンバール)」の目的

●髄液圧の測定
●髄液の採取
●薬剤の注入
脊椎麻酔

 

「腰椎穿刺(ルンバール)」の適応

下記の疾患の診断および経過観察

髄膜炎・脳炎
●脳血管障害
●腫瘍性疾患
●神経変性疾患
●脱骨髄性疾患
●その他、脊髄及び末梢神経疾患

 

「腰椎穿刺(ルンバール)」の禁忌

●頭蓋内圧亢進が疑われる場合
●うっ血乳頭を認める場合
穿刺部位の皮膚および皮下に炎症がある場合
●出血傾向がある、または抗凝固剤を使用中の場合

 

「腰椎穿刺(ルンバール)」の必要物品

  • 固定用テープ
  • 絆創膏
  • 消毒液
  • 膿盆
  • 穴あき滅菌ドレープ
  • 注射針(18,23G)
  • 注射器(5,20mL)
  • 鑷子
  • 腰椎穿刺針
  • スピッツ
  • マーカーペン
  • 滅菌ガーゼ
  • 滅菌ガウン
  • キャップ
  • 滅菌消毒セット
  • マスク
  • 手袋
  • 滅菌手袋

 

「腰椎穿刺(ルンバール)」の実施手順

(1)患者さんに腰椎穿刺の必要性・流れを説明する

 

(2)検査前に排尿を促し、バイタルサインを測定する

 

(3)検査に必要な体位をとってもらう

 

(4)ベッドの端に身体を寄せ、側臥位をとってもらう

 

(5)膝を屈曲し、腹部に引き付けるように両手で抱え込んでもらう

 

(6)顎を胸につけてもらう

 

(7)医師が実施する消毒の介助を行う

 

(8)【医師】穿刺部位を消毒し、穴あきドレープをかける

 

(9)局所麻酔薬の注入介助を行う。医師が注入を行いやすいように留意する

 

(10)医師が穿刺を実施する。穿刺中、患者さんの状態を把握し、声掛けを行う

ポイント

医師は患者の背中側で穿刺の手技に集中しているため、看護師は患者の観察を怠らないことが重要

 

(11)疼痛・顔色・脈拍・呼吸状態などの異常があれば医師に報告する

 

(12)髄液が流出してきたら、患者さんに全身の力を抜くよう伝える

 

(13)髄液をスピッツに採取し、検査に出す

ポイント

正常髄液圧は60~180mmH2O程度で、無色透明

 

(14)医師が消毒をした後、絆創膏を貼る

 

(15)終了後、バイタルサインの測定を行う

■注意すべき副作用

  • 頭痛
  • 吐き気

 


【引用・参考文献】

(1)福井次矢 他(編):体腔穿刺.三輪書店,東京,2000.
(2)真弓俊彦(編):ビジュアル基本手技 コツを覚えて必ずできる!体腔穿刺.羊土社,東京,2008.
(3)ナースハッピーライフ:髄圧検査の介助(2016/01/13 アクセス)
(4)看護roo!:腰椎検査(2016/01/13 アクセス)

関連記事

いちおし記事

ぴんとこ総選挙 結果発表|マンガ・ぴんとこなーす【番外編】

1位は看護のジレンマがテーマのあの話!あなたの推し回はランクインしてる? [ 記事を読む ]

熱中症の応急処置・治療の方法は?

暑さが本格化…!熱中症の対応は万全に! [ 記事を読む ]

看護師みんなのアンケート

ナース・プラクティショナーの制度に賛成?反対?

投票数:
1251
実施期間:
2019年07月30日 2019年08月20日

あなたを癒やしてくれる存在とは?

投票数:
1199
実施期間:
2019年08月02日 2019年08月23日

あなたの勤務先にはローカルルールってある?

投票数:
1046
実施期間:
2019年08月06日 2019年08月27日

病棟の申し送り、どれくらい時間をかけてる?

投票数:
1027
実施期間:
2019年08月09日 2019年08月30日

「あぁ、看護師でよかった」と思ったことはある?

投票数:
907
実施期間:
2019年08月13日 2019年09月03日

あなたの職場はマタハラある?

投票数:
760
実施期間:
2019年08月16日 2019年09月06日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者4196

慢性心不全の70歳男性のAさん。外来受診時に、「今度、家族と旅行に行く予定があるが、自宅でトイレに行くときにちょっと息切れが出るので少し不安がある」という訴えがありました。AさんをNYHA分類に当てはめた場合、適切なアドバイスはどれでしょうか?

  • 1.心臓リハビリテーションは中止するよう伝える。
  • 2.入浴はしないほうがよいと伝える。
  • 3.旅行は、長時間かかる電車よりも、移動が短時間で済む飛行機を勧める。
  • 4.毎日体重測定を行うように指導していく。
今日のクイズに挑戦!