2015年06月18日

端座位→立位|体位変換(5)


【監修】

筑波大学附属病院 看護部

小山記念病院 看護部

監修者・監修病院についての詳細

 

体位変換「端座位から立位」:実施手順

(1)患者さんが深く腰掛けているか確認し、前方に充分なスペースを取る

 

(2)患者さんの脚を広げ、足裏をベッド寄りの床に置く

 

(3)支持基底面を広く取って、端座位を安定させる

 

(4)自分の脚を前後に開き、前足を患者さんの足の間に置く

 

(5)患者さんの腕を自分の肩に乗せ、両手のひらで背中を支える

 

(6)重心を低くし、患者さんの上半身を引き寄せ、すくい上げるように重心を移動する

■ポイント■

前傾姿勢でお尻が浮き、膝に重心が移動したら、振り子運動を利用して、タイミングよく引き上げる

 

体が離れていると、安定した重心移動ができず、立ち上がれないので注意

 

(7)立位が安定するまで、肩を持ってしっかり支え、終了

関連記事

いちおし記事

准看護師を選んだ理由で一番多いのは?

現状に不満は?将来像は?本音が集まりました。 [ 記事を読む ]

人気トピック

看護師みんなのアンケート

最近の新人教育の方針は?

投票数:
875
実施期間:
2018年09月04日 2018年09月25日

休憩時間とれてる?

投票数:
806
実施期間:
2018年09月11日 2018年10月02日

寿退職したい? したくない?

投票数:
687
実施期間:
2018年09月18日 2018年10月09日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者44

気管挿管時に声門の全体像が見えにくい場合、介助者が行うBURP法。このBURP法はそれぞれ何の頭文字をとったものか、以下の中で間違っているものはどれでしょうか?

  • 1.Backward:後方
  • 2.Upward:頭側
  • 3.Ring:輪状
  • 4.Pressure:押す
今日のクイズに挑戦!