長座位→端座位 | 体位変換【7】

【監修】

筑波大学附属病院 看護部

小山記念病院 看護部

 

体位変換「長座位から端座位」:実施手順

(1)脚を降ろす側の手を、腰の横に置き、もう一方の手を、体の前に置く

■ポイント■
体位変換中に、腕が身体に巻き込まれないようにする

 

(2)自分の脚を左右に開き、患者さんの頭の方のひざを曲げ、ベッドフレームに当てる

 

(3)患者さんの首から肩甲骨のあたりまで支え、膝の裏に腕を入れる

 

(4)上半身と太ももを近づけるようにし、お尻の支持基底面を小さくする

 

(5)上半身をやや後ろに倒し、坐骨を支点にブイの字にして、回転しやすくする

 

(6)膝を手前に引き寄せて回転させる

■ポイント■

患者さんの回転に合わせ、自分の重心を移動する

 

(7)脚をベッドの端におろし、床に足裏をつけ、滑り落ちないよう深く腰掛けて、体を安定させる

 

(8)両手のひらをベッドにつけ、上半身を安定させる

 

(9)必要に応じ、クッションを背中に置いて、背中を支える

■ポイント■

血圧の急激な降下に注意し、顔色や表情などを観察しながら体位変換をおこなう

SNSシェア

関連動画

カテゴリから探す

動画でわかる看護技術トップへ