側臥位→仰臥位 | 体位変換【3】

【監修】

筑波大学附属病院 看護部

小山記念病院 看護部

 

体位変換「側臥位から仰臥位」:実施手順

(1)上側の腕を、患者さんの体の側面に置き、両膝をゆっくりと伸ばして、両脚を重ねる

■ポイント■

こうすることで、骨盤が後ろへ倒れやすくなり、自然に体を回転することができる

 

(2)上側の肩と骨盤あたりを支え、自然にゆっくりと回転させて、仰臥位にする

 

(3)反対側へ移動し、胸の前で腕を組む

 

(4)膝を立てて、支持基底面を小さくする

 

(5)自分の膝をベッドフレームに当て、上半身と骨盤部を水平移動する

 

(6)両ひざを伸ばし、組んだ腕を身体の脇にもどす

 

(7)患者さんの寝衣やシーツを整える
⇒衣服のシワは褥瘡の原因にもなるので、注意する 

SNSシェア

関連動画

カテゴリから探す

動画でわかる看護技術トップへ