2018年09月15日

採血の手順と注意点

『根拠から学ぶ基礎看護技術』より転載。
今回は採血の手順に関して解説します。

江口正信
公立福生病院診療部部長

 

〈目次〉

採血の手順

  1. 医師からの指示項目と、対象者の疾病・病態から採血目的をアセスメントします。
  2. 対象者の名前、指示項目と採取する採血管を照合します。その際、血糖値ホルモン値の検査など、採血のタイミングに注意を要する項目がないかを確認します。※採血管のキャップの色で、何を調べるかを見分けることができます。
  3. 採血に必要な物品をもち、患者のもとへ行き誤認確認のためフルネームで名乗ってもらい、検体の名前ラベルと照合しましょう。
  4. 患者の理解度に合わせて、採血方法を説明し、協力してほしい事項を伝えます。
  5. 採血に適した血管を選択し、駆血帯を巻いて血管を怒張させアルコール綿で消毒します(図1)。
  6. アルコール綿の消毒が乾いたら、穿刺します。穿刺後はがけをし恐怖心への配慮をします。穿刺時に神経症状や疼痛を訴えたときは、速やかに抜針します。また、気分不快や顔面蒼白など、迷走神経反射にも注意しましょう。
  7. 採取する検体の順番に注意しつつ、規定量の採取をします。
  8. 駆血帯を外し、穿刺部にアルコール綿を軽くあて抜針します。
  9. 針刺し事故を起こさないよう、抜針した針は専用の廃棄容器に破棄します(図2)。
  10. 5分間ほど圧迫止血し、止血確認後は絆創膏を貼ります。
  11. 終了時にはねぎらいの言葉をかけましょう。
  12. 採取した検体は速やかに検査科など所定の場所へ提出します。

 

図1真空採血管による採血

真空採血管による採血

 

図2廃棄容器

廃棄容器

 

真空採血管の採取の注意点

真空採血管の採取の場合、採血の順番によって検査値に影響が出てしまう場合があります。

凝固系を最初に採取すると、クエン酸が混入されているため真空圧が低くなり規定量がとれません。そのため、クエン酸の影響を受けない生化学系の検体を最初に採取し、凝固系は2番目にとるようにします(図3)。

図3採血管の色別分類

採血管の色別分類

 

また、凝固系の検体は採取後速やかに検査科に提出することも忘れてはなりません。適切に保存しないと、血液中の成分が変化してしまい、正しい検査値が得られなくなります。

 

血管が細い場合

ほとんどの採血場面では真空管採血の方法がとられていますが、血管が細く採取が困難な場合は、使い捨てシリンジと注射針を使用します。

その場合、注射器から採血管に血液を移す(分注)必要があります。採血量は採血管の本数から、必要量を判断し過不足のないよういにします。

また分注の際には専用ホルダーを使用し、針刺し事故を防止します。

 

針刺し事故時の対応

もし、針刺し事故を起こしてしまったら、ただちに次のことを行います。

  1. 血液を絞り出し、大量の水で洗い流します。
  2. 所属部署の管理者や医療安全の管理者へ報告します。
  3. 状況により、予防薬投与が必要となることがあるため、医師の診察を受けます。

 


本記事は株式会社サイオ出版の提供により掲載しています。

[出典]『新訂版 根拠から学ぶ基礎看護技術』編著 江口正信/2015年3月刊行

根拠から学ぶ基礎看護技術

引用・参考文献

[出典] 『新訂版 根拠から学ぶ基礎看護技術』 (編著)江口正信/2015年3月刊行/ サイオ出版

著作権について

この連載

  • 包帯法|部位に応じた包帯の巻き方 [07/07up]

    『根拠から学ぶ基礎看護技術』より転載。 今回は部位に応じた包帯の巻き方について解説します。 江口正信 公立福生病院診療部部長   巻軸包帯による包帯法 巻軸包帯による包帯法にはいくつかの方法あります(図1... [ 記事を読む ]

  • 包帯の目的、包帯の種類 [06/30up]

    『根拠から学ぶ基礎看護技術』より転載。 今回は包帯の目的と包帯の種類について解説します。 江口正信 公立福生病院診療部部長   〈目次〉 包帯の目的 包帯の種類 包帯の目的 包帯... [ 記事を読む ]

  • 採血の手順と注意点 [09/15up]

    『根拠から学ぶ基礎看護技術』より転載。 今回は採血の手順に関して解説します。 江口正信 公立福生病院診療部部長   〈目次〉 採血の手順 真空採血管の採取の注意点 採血の手順 ...

  • 輸血時の注意点|輸血の手順と注意点 [03/31up]

    『根拠から学ぶ基礎看護技術』より転載。 今回は輸血時の注意点について解説します。 江口正信 公立福生病院診療部部長   輸血時の注意点 ①輸血を行うことが決定したら、医師から患者や家族にその必要性、... [ 記事を読む ]

  • 筋力低下のある患者や麻痺のある患者の車いすへの移乗 [01/21up]

    『根拠から学ぶ基礎看護技術』より転載。 今回は筋力低下のある患者や麻痺のある患者の車いすへの移乗について解説します。 筋力低下のある患者や麻痺のある患者の車いすへの移乗 転倒予防のために、端座位で動作を止め、起立... [ 記事を読む ]

もっと見る

関連記事

いちおし記事

看護roo!サロンで同年代ナースとおしゃべり♪

「他の病院はどうなんだろ?」そんな疑問もお互い話せるチャンス♡ [ 記事を読む ]

血圧測定のときに注意するべきことは?

血圧測定はナースにとってキホンの仕事。だからこそ注意しておきたいポイントを解説します。 [ 記事を読む ]

人気トピック

もっと見る

看護師みんなのアンケート

病院で好きな場所はどこ?

投票数:
1300
実施期間:
2019年05月03日 2019年05月24日

自分が描いていた理想の看護師になれている?

投票数:
1112
実施期間:
2019年05月10日 2019年05月31日

【新人限定】「配属先、いつ決まった?」

投票数:
768
実施期間:
2019年05月14日 2019年06月04日

ケアの優先順位(多重課題)で困った経験はある?

投票数:
989
実施期間:
2019年05月14日 2019年06月05日

看護書や医学書で見かける表現で「これどういう意味?」なものある?

投票数:
947
実施期間:
2019年05月17日 2019年06月07日

伸び悩んでる新人、どうやって褒めてる?

投票数:
630
実施期間:
2019年05月21日 2019年06月11日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者190

90歳代男性、脳血管障害で加療後、肺炎で入院しました。自力で体位変換できず、看護師による体位変換をしています。栄養は経鼻経管栄養です。あなたは、この患者さんの保清中に上腕の皮膚裂傷を発見しました。この患者さんに適していないケアは以下のうちどれでしょうか?

  • 1.皮膚裂傷を生じているため、皮膚・排泄ケア認定看護師に相談をし、創傷処置を一緒に行う。
  • 2.創傷ケアを行い、体位変換時は四肢を支えながら行った。
  • 3.スキンケアを見直し、皮膚の保湿を重点的に行った。
  • 4.患者さんの栄養について管理栄養士に相談した。
今日のクイズに挑戦!