1. 看護roo!>
  2. 看護・ケア>
  3. 術前・術後ケアのこれって正しい?Q&A>
  4. 術後、身体を動かすと腸蠕動の回復に効果があるというのは本当?|早期離床

2018年05月13日

術後、身体を動かすと腸蠕動の回復に効果があるというのは本当?|早期離床

『術前・術後ケアのこれって正しい?Q&A100』より転載。
今回は「腸蠕動の回復」に関するQ&Aです。

身体を動かすと腸蠕動の回復に効果があるというのは本当?

エビデンスは不十分ですが、一般的には効果があるとされています。

〈目次〉

 

腸蠕動は血流とともに活発になる

腸を機械的刺激で動かしても腸蠕動は血流とともに活発になります。また、消化管は交感神経と副交感神経でコントロールされており、副交感神経が優位になると腸蠕動は活発になります。

 

術後イレウスの予防にもつながる

腹部の手術では、術後は一時的に腸管の蠕動運動が減弱、消失します。通常は術後、消化管運動が回復するまで小腸は8~24時間、胃が24~48時間、大腸が48~72時間程度といわれています(図1)(1)。

この状態が遷延した場合を術後イレウスといいます。

図1術後の消化管運動の回復時間(1)

術後の消化管運動の回復時間

 

体位変換や離床により、腹腔内の腸管や体腔内の滲出液が動くことで腸管どうしの局所刺激が生じて、腸管の蠕動運動も高まります(2)。

そのため身体を動かすと蠕動運動が促進されます。また、術後の安静は最低限とし、自由に身体を動かすことで精神的にも緊張がほぐれ副交感神経が優位になります。

腸液はこの粘液が腸の粘膜を保護し、粘膜の表面を滑らかにして内容物の移送を円滑にしますが、この腸液の分泌も機械的刺激や副交感神経によって促進されます。

また、術後の硬膜外麻酔では交感神経からの遠心線維をブロックするために副交感神経が優位となり、腸管の蠕動運動が亢進します。

以上のことから、術後早期の活動とともに経口摂取を始めて、蠕動運動を促すことで術後のイレウス予防にもつながるのです。

 

歩行は腸蠕動促進に効果がないとする報告もありますが、経験上効果はあると思います。


[文献]

  • (1)紫藤和久,岡田真樹,永井秀雄:術後イレウス.産 婦人科治療 2002;84 増刊:1000.
  • (2)岡本健,前田広道,小林道也:大腸切除術後のアセ スメントに特有の注意点.特集 新人ナースの押さ えどころはココ!術式ごとの違いがわかる消化器 外科術後アセスメント,消化器外科NURSING 2013; 18:41.
  • (3)武田博子:早期離床の利点と進め方.竹末芳生, 藤野智子編,エキスパートナース・ガイド 術後ケ アとドレーン管理,照林社,東京,2009:137.
  • (4)日野原重明,阿部正和,浅見一羊,他:消化と吸収. 系統看護学講座 専門基礎1 人体の構造と機能〔1〕  解剖生理学,医学書院,東京,2001:417.

[Profile]
飯山由貴
大阪市立総合医療センター看護部


本記事は株式会社照林社の提供により掲載しています。

[出典]『術前・術後ケアのこれって正しい?Q&A100』(編著)西口幸雄/2014年5月刊行

術前・術後ケアのこれって正しい?Q&A100

著作権について

この連載

もっと見る

関連記事

いちおし記事

禁断の呪文

夜勤終わり、ついつい唱えてしまう禁断の呪文とは? [ 記事を読む ]

PEGカテーテルの交換

PEGカテーテル交換時には腹腔内誤挿入に注意が必要です。ナースが知っておきたい介助・観察ポイントは? [ 記事を読む ]

人気トピック

もっと見る

看護師みんなのアンケート

患者さんが亡くなってしまったとき、心をどんなふうにケアしてる?

投票数:
834
実施期間:
2018年07月24日 2018年08月21日

「モンスター患者」いますか?

投票数:
767
実施期間:
2018年07月31日 2018年08月21日

今年の猛暑、勤務中に困ったことは?

投票数:
1034
実施期間:
2018年08月03日 2018年08月24日

「これで救急車呼んだの?!」な患者さん、経験ある?

投票数:
747
実施期間:
2018年08月02日 2018年08月24日

「これじゃ寝られない…」ヤバい仮眠室おしえて! 

投票数:
790
実施期間:
2018年08月10日 2018年08月31日

あなたの周りの最短退職者の記録教えて!

投票数:
627
実施期間:
2018年08月14日 2018年09月04日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者165

68歳女性。今まで排尿で困ったことはありませんでした。ADLは自立しています。1カ月前に広汎子宮全摘術リンパ節郭清を施行しました。術後7日目に、尿道留置カテーテルを抜去した後から自排尿がほとんどなく、1日5回のCIC(清潔間欠自己導尿)を導入しました。自力で導尿が行えるようになり、一度退院となりましたが、今回、追加化学療法を目的に再入院されました。最近の排尿状態については、「少し自分でも尿が出せるようになりました。尿が出るときは知らずに出ているので、尿取りパッドをつけています。尿が出るようになったので、導尿の回数は1日3回にしています」、「1回の導尿で500~600mLの排尿があります」とのことでした。この患者さんの尿失禁分類とCICに関するアドバイスとして、最も適切なものは次のうちどれでしょうか?

  • 1.尿漏れは溢流性尿失禁の状態であり、CICの回数は3回/日のままで良いので、水分摂取を控えるよう指導する。
  • 2.尿漏れは切迫性尿失禁の状態であり、CICの回数は3回/日のままで良いので、リハビリパンツの使用を促す。
  • 3.尿漏れは溢流性尿失禁の状態であり、CICの回数を5回/日に戻し、水分摂取を控えるよう指導する。
  • 4.尿漏れは切迫性尿失禁の状態であり、CICの回数を5回/日に戻し、水分摂取を現在の1.5倍に増やすよう指導する。
今日のクイズに挑戦!