1. 看護roo!>
  2. 看護・ケア>
  3. HBV、HCVなどの感染症がある場合は特別な注意が必要?

2018年01月21日

HBV、HCVなどの感染症がある場合は特別な注意が必要?

『術前・術後ケアのこれって正しい?Q&A100』より転載。

今回は「HBV、HCVなどの感染症がある場合」に関するQ&Aです。

HBV、HCVなどの感染症がある場合は特別な注意が必要?

基本的にはすべての患者に対して標準予防策(SP)を遵守することが重要であり、感染症の有無で特別な注意は不要です。

〈目次〉

 

標準予防策とは?

感染症の有無にかかわらず、すべての患者の血液、体液、分泌物、排泄物、創のある皮膚、粘膜は感染性があるものとして扱う感染予防策です。つまり、すべての患者の術後処置やケア時を含め、感染予防策は変わらないのです。

標準予防策は、手指衛生をはじめ、適切な防護用具の使用など(表1)の項目から成り立っています。

表1標準予防策の実際

1.手指衛生
2.個人防護具(personal protective equipment:PPE)
3.呼吸器衛生/エチケット
4.患者の収容
5.器具/器材
6.環境
7.リネン
8.安全な注射手技
9.腰椎穿刺時のサージカルマスク着用
10.労働者の安全

隔離予防策のためのCDC ガイドライン2007. より一部改変して抜粋

 

針刺しや眼などへの血液・体液曝露などのリスクを回避する対策も標準予防策に含まれます。

質問にあるようにHBV(B型肝炎ウイルス)、HCV(C型肝炎ウイルス)など、いわゆる血液媒介感染症の結果を手術前に確認すると思いますが、ウィンドウピリオド(window period)期といって、感染していても検査で陽性と判定できない空白期間があります。つまり、ウィンドウピリオド期も標準予防策として感染予防策を行う理由の根拠になります。

 

手指衛生5つのタイミング

標準予防策のなかでも最も重要な手指衛生は、そのタイミングおよび方法に留意が必要です。

2009年に世界保健機関(WHO)が医療現場における手指衛生に関するガイドラインを発表しています。このなかで、手指衛生5つのタイミング(Five Moments for hand hygiene、表2)を推奨しています。

医療関連感染を減らすための最低限の手指衛生のタイミングとして、医療現場での実践が求められています。

表2手指衛星の5つのタイミング

1.患者に触れる前

・医療環境の病原体から患者を守るため

 

2.清潔・無菌操作の前(直前)

・患者の粘膜や無菌域への病原体の侵入を防ぐため

 

3.体液に曝露された可能性のある場合

・病原体による医療従事者の保菌や感染を防ぐため
・病原体による医療環境の汚染や二次感染の拡大を防ぐため

 

4.患者に触れた後

・患者由来の病原体から医療従事者と医療環境を守るため

 

5.患者周辺の環境や物品に触った後

・患者由来の病原体から医療従事者と医療環境を守るため

 

WHO:WHO Guidelines on Hand Hygiene in Health Care 2009 より日本語訳を一部改変して引用

 

コラム感染対策とは

手術部位感染(surgical site infection:SSI)とは手術後に発生する感染症で、手術切開部位と深部、臓器・体腔を含む手術操作を加えた部位の感染のことをいいます。

SSI の発生率は、手術部位や術式、リスクインデックス(患者の身体状態と創の汚染状態、手術時間により層別化される)により異なります。SSI は外科手術後における重要な合併症であり、その発生により入院期間の延長や医療コストの増大につながり、病院の損失は大きく、何よりも患者の医療に対する信頼および満足度を著しく損なうことにもなりかねません。

SSI の予防は術前、術中、術後に至るまで必要です。特に術後は血糖コントロールや創部管理に加え、標準予防策(standardprecautions:SP)1 の徹底が最も重要な感染対策です。


[文献]


[Profile]
今﨑美香
大阪市立総合医療センター医療安全管理部、感染管理認定看護師


本記事は株式会社照林社の提供により掲載しています。

[出典]『術前・術後ケアのこれって正しい?Q&A100』(編著)西口幸雄/2014年5月刊行

術前・術後ケアのこれって正しい?Q&A100

 

著作権について

関連記事

いちおし記事

看護roo!サロンで楽しくおしゃべり♪

【謝礼5000円】他の病院のナースと話せる貴重な機会♡謝礼もゲット! [ 記事を読む ]

心電図波形の名称と成り立ち

心電図に現れる波は、心房の興奮波と心室の興奮波だけ。詳しく解説します! [ 記事を読む ]

看護師みんなのアンケート

認知症患者さんの終末期医療、どう考える?

投票数:
1254
実施期間:
2019年03月05日 2019年03月26日

看護師以外の医療職、やってみたいのは?

投票数:
1245
実施期間:
2019年03月08日 2019年03月29日

今シーズン、インフルエンザにかかった?

投票数:
1177
実施期間:
2019年03月12日 2019年04月02日

「墓場まで持っていきたい秘密」ある?

投票数:
1045
実施期間:
2019年03月15日 2019年04月05日

家族看護、意識してる?

投票数:
860
実施期間:
2019年03月19日 2019年04月09日

生理痛で困ってない?

投票数:
699
実施期間:
2019年03月21日 2019年04月11日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者564

自己注射で強化インスリン療法を行っている1型糖尿病患者さんに、インスリンポンプのメリットを説明することになりました。以下のうち、正しい説明はどれでしょうか?

  • 1.ペン型注入器もインスリンポンプも操作は簡便であり、どちらも習熟に時間はかからない。
  • 2.インスリンポンプはポンプの操作でインスリンが投与できるため、外出中や人前でも投与しやすい。
  • 3.インスリンポンプもペン型注入器も、調整できる投与量の設定は同じである。
  • 4.インスリンポンプもペン型注入器も、保険適応のため、費用は同じである。
今日のクイズに挑戦!