1. 看護roo!>
  2. 看護・ケア>
  3. 知っておきたい臨床で使う指標>
  4. JCS(ジャパン・コーマ・スケール)|意識障害患者の意識レベルの評価指標

2016年05月26日

JCS(ジャパン・コーマ・スケール)|知っておきたい臨床で使う指標[1]

臨床現場で使用することの多い指標は、ナースなら知っておきたい知識の一つ。毎回一つの指標を取り上げ、その指標が使われる場面や使うことで分かること、またその使い方について解説します。

根本 学
埼玉医科大学国際医療センター 救命救急科診療部長

 

JCS(Japan Coma Scale)

今回の指標はJCS。JCSは1974年に「Ⅲ-3度方式」として発表されましたが、1975年に「3-3-9度方式」となり、1991年にJCSと改訂されました。

〈目次〉

 


JCS(Japan Coma Scale)

JCS Japan Coma Scale

 

JCSを主に使う場面と使用する診療科

JCSは院内だけでなく、病院前救護(プレホスピタル)の場も含めて広く使用されています。
救急外来や集中治療室では日常的に使用されており、医師、看護師であれば誰もが知っておかなければなりません。

 

JCSで何がわかる?

JCSは脳血管障害や頭部外傷の急性期にある意識障害患者の意識レベル、特に脳ヘルニアの進行を知ることに長けています。
「覚醒」を軸に、誰もが同じように評価できることを目的に開発された指標です。

意識状態を「昏迷/半昏睡/昏睡/深昏睡」と表現したり、「なんとなくおかしい/ぼーっとしている/まったく返事をしない」などと言っても、どのような状態かを厳密に伝えるのは難しいです。

特に脳血管障害(脳梗塞、クモ膜下出血など)や頭部外傷の急性期では、時間経過とともに意識レベルが変化するため、共通した評価方法で記録しておくことが重要です。

JCSを使い評価することで、誰もが意識状態を把握することが可能となり、状態の変化を見逃さないようにすることができます。

ただし、一次性脳障害、特に脳血管障害や頭部外傷の重症度や緊急度、あるいは進行度を知る目的で作成された評価指標であるため、精神状態を評価するには適していません。

 

JCSの使い方

かつてⅢ-3度方式あるいは3-3-9度方式とされていたように、JCSでは意識レベルを大きく「Ⅰ:刺激しないでも覚醒している」「Ⅱ:刺激で覚醒するが、刺激をやめると眠り込む」「Ⅲ:刺激しても覚醒しない」の3つに分け、それぞれに対してさらに細かく3段階の状態が決められています。

一般的には「Ⅰ-3」や「Ⅱ-20」あるいは「Ⅲ-300」と記載されていることが多いですが、正しくは「JCS 1」、「JCS 20」、「JCS 300」と記載します。

なお、意識が清明な場合は「0」と表現し(JCS 0)、不穏状態であれば「R:restlessness」、失禁があれば「I:incontinence」(JCS 20-RI、JCS 200-I)、無動性無言症(akinetic mutism)や失外套症候群(apallic state)があれば「A」を付記します(JCS20A、JCS200RA)。

 

さらにプラスα

JCSは「覚醒」を軸に主に急性期意識障害患者の状態を評価するために作成された指標であるため、二次性意識障害(肝性脳症、アルコール中毒など)や遷延性意識障害では正確に評価することは難しい。

 

実際に使ってみよう

症例1

24歳の男性。交通事故で搬送されてきた。
呼びかけで開眼せず、大きな声で呼びかけながら痛み刺激を加えると、かすかに開眼するがすぐに目を閉じてしまう。JCSを使って意識レベルを評価してください。

答え:JCS 30

「呼びかけで開眼せず」ということから覚醒していない状態、すなわち自発開眼はないと判断できるのでⅡ桁。

次に「呼びかけでは開眼せず、大きな声で呼びかけながら痛み刺激でかすかに開眼する」ということから30と判断できる。

→JCSを確認

 

症例2

56歳の女性。
いつもと様子が違うのに家族が気付き、自家用車で救急外来を受診した。自発開眼はしているが自分の名前や生年月日が言えない。着衣を観察すると失禁していることが分かった。JCSを使って意識レベルを評価してください。

答え:JCS 3-I

自発開眼していることからⅠ桁。自分の名前や生年月日が言えないので3と判断する。さらに「失禁」しているためIを付記する。

→JCSを確認

 

症例3

78歳の男性。高血圧性脳出血の診断で集中治療室に入院となった。
日勤者からの申し送りで意識レベルはJCS 10。午後10時過ぎに意識レベルを評価したところJCS 200-Iであったためすぐに当直医師に連絡した。このときの患者の状態は?

答え

JCSが200であることからⅢ桁、つまり刺激しても覚醒せず、痛み刺激に対して少し手足を動かしたり、顔をしかめたりする状態。

→JCSを確認

 

 


著作権について

この連載

  • ショック指数(Shock Index;SI)|知っておきたい臨床で使う指標[4] [07/15up]

    臨床現場で使用することの多い指標は、ナースなら知っておきたい知識の一つ。毎回一つの指標を取り上げ、その指標が使われる場面や使うことで分かること、またその使い方について解説します。 根本 学 埼玉医科大学国際医療センター 救命... [ 記事を読む ]

  • ECS(エマージェンシー・コーマ・スケール)|知っておきたい臨床で使う指標[3] [06/28up]

    臨床現場で使用することの多い指標は、ナースなら知っておきたい知識の一つ。毎回一つの指標を取り上げ、その指標が使われる場面や使うことで分かること、またその使い方について解説します。 根本 学 埼玉医科大学国際医療センター 救命... [ 記事を読む ]

  • GCS(グラスゴー・コーマ・スケール)|知っておきたい臨床で使う指標[2] [06/15up]

    臨床現場で使用することの多い指標は、ナースなら知っておきたい知識の一つ。毎回一つの指標を取り上げ、その指標が使われる場面や使うことで分かること、またその使い方について解説します。 根本 学 埼玉医科大学国際医療センター 救命... [ 記事を読む ]

  • JCS(ジャパン・コーマ・スケール)|知っておきたい臨床で使う指標[1] [05/26up]

    臨床現場で使用することの多い指標は、ナースなら知っておきたい知識の一つ。毎回一つの指標を取り上げ、その指標が使われる場面や使うことで分かること、またその使い方について解説します。 根本 学 埼玉医科大学国際医療センター 救命...

  • 知っておきたい臨床で使う指標【総目次】 [05/25up]

      根本 学 (埼玉医科大学国際医療センター 救命救急科診療部長)   はじめに 臨床現場で使用することの多い指標は、ナースなら知っておきたい知識の一つです。 指標を上手く使いこなすことができると... [ 記事を読む ]

もっと見る

関連記事

  • 脳卒中【疾患解説編】|気をつけておきたい季節の疾患【20】 [11/28up]

    来院された患者さんの疾患を見て季節を感じる…なんて経験ありませんか? 本連載では、その時期・季節特有の疾患について、治療法や必要な検査、注意点などを解説します。また、ナースであれば知っておいてほしいポイントや、その疾患の患者さんに... [ 記事を読む ]

  • 神経はどのように結びついているの? [12/21up]

    『からだの正常・異常ガイドブック』より転載。 今回は「神経細胞」に関するQ&Aです。 神経はどのように結びついているの? 神経細胞はニューロンともいわれ、四方八方に枝(樹状突起)〔じゅじょうとっき〕を伸ばした格好をして... [ 記事を読む ]

  • 夜勤のドクター・コール 必須の10カ条 [10/22up]

    夜勤時のドクター・コールは必要最小限にとどめたいもの。   今回は、海外の看護師・看護学生向けの情報サイトで取り上げられた、夜勤時のドクター・コールで留意しておきたい「やるべきこと」と反対に「やってはいけないこと」のそれ... [ 記事を読む ]

  • 神経のしくみと機能|動作のしくみから理解する(7) [12/12up]

    ナースのための解剖生理の解説書『身体のしくみとはたらき―楽しく学ぶ解剖生理』より 今回は、動作のしくみから解剖生理を理解するお話の7回目です。 〈前回の内容〉 脳と脊髄は身体の司令塔|動作のしくみから理解する(6) ... [ 記事を読む ]

  • 中枢神経と末梢神経|感じる・考える(2) [09/08up]

    解剖生理が苦手なナースのための解説書『解剖生理をおもしろく学ぶ』より 今回は、神経系についてのお話の2回目です。 〈前回の内容〉 神経細胞とグリア細胞|感じる・考える(1) 解剖生理学の面白さを知るため、感覚がと... [ 記事を読む ]

いちおし記事

夢は医者と結婚!?猛禽ナース現る!

無職の旦那に代わって働くもも子。そんな中、イケメン研修医と彼を狙う猛禽ナースが現れて… [ 記事を読む ]

破傷風|災害時に起こりやすい感染症

小さな傷からも感染する可能性があるのが破傷風。治療法・予防など改めて確認しておきましょう。 [ 記事を読む ]

人気トピック

もっと見る

看護師みんなのアンケート

忘れられない患者さん、いますか?

投票数:
847
実施期間:
2018年06月26日 2018年07月24日

実録! わたしの周りの「浜田師長」

投票数:
780
実施期間:
2018年06月29日 2018年07月27日

洒落にならないほど怖い心霊体験ありますか…? 

投票数:
763
実施期間:
2018年07月03日 2018年07月31日

看護師は見た! 院内恋愛の修羅場事情

投票数:
704
実施期間:
2018年07月06日 2018年08月03日

新人ナース限定!誰にも言えない「甘え」や「弱音」抱えてない?

投票数:
556
実施期間:
2018年07月10日 2018年08月07日

落ち込んだ心を救ってくれたあの人の一言

投票数:
313
実施期間:
2018年07月17日 2018年08月14日

新人ナースのICU配属 アリ?ナシ?

投票数:
544
実施期間:
2018年07月13日 2018年08月14日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者150

以下の選択肢は、認知症のある入院患者さんへの対応について説明したものです。治療環境の視点から、最も正しいものはどれでしょうか?

  • 1.自宅では薬カレンダーを使用して内服の自己管理をしていたが、入院となったので看護師管理とした。
  • 2.点滴を抜去してしまうので、両手を抑制した。
  • 3.膀胱留置カテーテル管理中だが、尿意を訴えるので「おしっこは管が入っていますからトイレには行かないようにしてください」と説明だけした。
  • 4.治療上、医師よりベッド上で安静の指示があった。長時間の臥床になるため、適宜、体位を調節するようにした。
今日のクイズに挑戦!