1. 看護roo!>
  2. 看護・ケア>
  3. 初めてのエコー(超音波)検査>
  4. FASTのエコー像(右胸腔、左胸腔)|初めてのエコー(超音波)検査

2016年10月26日

FASTのエコー像(右胸腔、左胸腔)

画像検査のなかでも、エコー(超音波)検査は、侵襲度が低く、簡便に行える検査です。
外来や病棟で、看護師が目にすることの多いエコー検査について、コツやポイントを消化器内科医が解説します。

〈前回の内容〉

FASTのエコー像(心嚢腔)

今回は、「FASTのエコー像(右胸腔、左胸腔)」についてのお話です。

 

加藤真吾
(横浜市立大学医学部肝胆膵消化器病学教室)

 

FAST陽性の画像がどんな感じか、だいたいわかりましたか?

少しですが、ここに液体があるかなっていうのが、想像できるようになりました。
やっぱり色々な画像を見て、慣れていくのが一番ですね。

慌てる必要はないので、一歩ずつ進んでいきましょう。
今回は、右胸腔、左胸腔のエコー像です。

 

〈目次〉

 

FASTのエコー像(右胸腔、左胸腔)

患者さんに外傷がある場合、出血の有無を確認するために必須の検査であるFAST。ここでは、右胸腔と左胸腔のエコー像を紹介します(図1)。

図1胸腔のエコー検査を行う際にプローブを当てる位置

胸腔のエコー検査を行う際にプローブを当てる位置

左右の肺の位置にプローブを当てます。

 

右胸腔に行うFAST

右胸腔は、右肺の辺りの場所です。ここに、液体が溜まっている(貯留)かどうかを確認します。

図2は、右胸腔に液体が溜まっていない患者さんのエコー像です。肺が空気で満たされているため、エコーが空気に反射して、肺の境界がぼやけて見えます。

図2右胸腔に液体がないエコー像

右胸腔に液体がないエコー像

液体の貯留は見られません。
肺が空気で満たされているため、肺の境界がぼやけています。

 

次に、図3は、右胸腔に液体が溜まっている患者さんのエコー像です。図2と違って、肺と肝臓との境界がはっきりと見えます。

図3右胸腔に液体があるエコー像

右胸腔に液体があるエコー像

胸腔が液体(胸水)で満たされているため、肝臓との境界がはっきり見えます。
また、横隔膜はエコーにはっきりと映ります。

 

図2図3のエコー像では、肺は描出されず黒く見えます。

胸腔に液体が見られると、肺の動きが制限されることがあり、注意が必要です。また、その液体が血液であった場合(血胸)は、止血処置が必要になります。

 

左胸腔に行うFAST

左胸腔は、左肺の辺りの場所です。ここに、液体が溜まっている(貯留)かどうかを確認します。

図4は、左胸腔に液体が溜まっていない患者さんのエコー像です。肺が空気で満たされているため、エコーが空気に反射して、肺の境界がぼやけて見えます。

図4左胸腔に液体がないエコー像

左胸腔に液体がないエコー像

液体の貯留は見られません。肺の境界がぼやけています。
また、横隔膜がはっきりと映っています。

 

次に、図5は、左胸腔に液体が溜まっている患者さんのエコー像です。肺が虚脱しており、肺の周りに液体が溜まっています。

図5左胸腔に液体があるエコー像

左胸腔に液体があるエコー像

胸腔が液体(胸水)で満たされています。

 

図4図5のエコー像では、肺は描出されず黒く見えます。

胸腔に液体が見られると、肺の動きが制限されることがあるので注意しましょう。

 

* * *

エコー検査の準備や、申し送り時のポイント、記録記入時のポイントは、『FASTのエコー像(心嚢腔)』と同様です。そちらの解説を参考にしてください。

 

Check Point

  • FASTでは、右胸腔に胸水があるか、左胸腔に胸水があるかを探しています。FAST陽性の場合は緊急の処置が行われます。
  • 胸腔内の液体が血液の場合(血胸)、止血処置が必要になります。

 

次回は、モリソン窩に行うFASTのエコー写真を紹介します。
どんな画像が見えているのか、確認してください。

 

〈次回〉

FASTのエコー像(モリソン窩)

 

 


[執筆者]
加藤真吾
横浜市立大学医学部肝胆膵消化器病学教室


Illustration:田中博志


著作権について

この連載

  • 肝腎コントラストのエコー像 [12/14up]

    画像検査のなかでも、エコー(超音波)検査は、侵襲度が低く、簡便に行える検査です。 外来や病棟で、看護師が目にすることの多いエコー検査について、コツやポイントを消化器内科医が解説します。 〈前回の内容〉 脂肪肝を判断する... [ 記事を読む ]

  • FASTのエコー像(モリソン窩) [11/02up]

    画像検査のなかでも、エコー(超音波)検査は、侵襲度が低く、簡便に行える検査です。 外来や病棟で、看護師が目にすることの多いエコー検査について、コツやポイントを消化器内科医が解説します。 〈前回の内容〉 FASTのエコー... [ 記事を読む ]

  • FASTのエコー像(右胸腔、左胸腔) [10/26up]

    画像検査のなかでも、エコー(超音波)検査は、侵襲度が低く、簡便に行える検査です。 外来や病棟で、看護師が目にすることの多いエコー検査について、コツやポイントを消化器内科医が解説します。 〈前回の内容〉 FASTのエコー...

  • FASTのエコー像(心嚢腔) [10/19up]

    画像検査のなかでも、エコー(超音波)検査は、侵襲度が低く、簡便に行える検査です。 外来や病棟で、看護師が目にすることの多いエコー検査について、コツやポイントを消化器内科医が解説します。 〈前回の内容〉 FASTで外傷患... [ 記事を読む ]

  • FASTで外傷患者の緊急処置の必要性を判断 [10/12up]

    画像検査のなかでも、エコー(超音波)検査は、侵襲度が低く、簡便に行える検査です。 外来や病棟で、看護師が目にすることの多いエコー検査について、コツやポイントを消化器内科医が解説します。 今回は、「FASTで外傷患者の緊急処置の必... [ 記事を読む ]

もっと見る

関連記事

いちおし記事

シバリングの対応、大丈夫?

見過ごすと低酸素血症や眼圧・脳圧の上昇につながることも…! [ 記事を読む ]

人気トピック

もっと見る

看護師みんなのアンケート

あなたを癒やしてくれる存在とは?

投票数:
1271
実施期間:
2019年08月02日 2019年08月23日

あなたの勤務先にはローカルルールってある?

投票数:
1102
実施期間:
2019年08月06日 2019年08月27日

病棟の申し送り、どれくらい時間をかけてる?

投票数:
1091
実施期間:
2019年08月09日 2019年08月30日

「あぁ、看護師でよかった」と思ったことはある?

投票数:
976
実施期間:
2019年08月13日 2019年09月03日

あなたの職場はマタハラある?

投票数:
867
実施期間:
2019年08月16日 2019年09月06日

あなたの推しスイーツがあるコンビニは?

投票数:
552
実施期間:
2019年08月20日 2019年09月10日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者2845

40歳の男性。一日20本程度タバコを吸っています。検診で高血圧を指摘され、外来を受診しました。来院時の血圧は168/102mmHgでしたが、再検査したところ170/102mmHgとなりました。以下のうち、看護師が行う生活指導の内容として、最も優先度が高いものはどれでしょうか?

  • 1.運動を控えるよう指導する。
  • 2.毎日血圧を測定し記録をつけるよう指導する。
  • 3.禁煙するよう指導する。
  • 4.水分をよく摂取するよう指導する。
今日のクイズに挑戦!