FASTのエコー像(ダグラス窩)

画像検査のなかでも、エコー(超音波)検査は、侵襲度が低く、簡便に行える検査です。
外来や病棟で、看護師が目にすることの多いエコー検査について、コツやポイントを消化器内科医が解説します。

 

[前回の内容]

FASTのエコー像(脾臓周囲)

 

今回は、「FASTのエコー像(ダグラス窩)」についてのお話です。

 

加藤真吾
(横浜市立大学医学部肝胆膵消化器病学教室)

 

いよいよ、FASTで調べるべき場所の最後の解説です。
ここでは、ダグラス窩についてです。

 

交通事故などで、外傷がある患者さんには、色々な場所をエコーで診るんですね。
私もFASTに立ち会う時には、流れを間違えないように、しっかりと覚えておきます。

 

エコーを当てる場所は多いですが、一刻を争うこともあるので、スムーズに進めるのがポイントです。
緊急時に、しっかりサポートできるように知識を備えてくれたら助かりますね。

 

〈目次〉

 

FASTのエコー像(ダグラス窩)

ここでは、ダグラス窩のエコー像を紹介します(図1)。FASTは、患者さんに外傷がある場合に出血の有無を確認するためのエコー検査で、外傷患者さんに必須の検査です。患者さんの命にかかわることもあるので、注意してください。

 

図1ダグラス窩のエコー検査を行う際にプローブを当てる位置

 

ダグラス窩のエコー検査を行う際にプローブを当てる位置

 

腹部の位置にプローブを当てます。

 

ダグラス窩に行うFAST

ダグラス窩は、子宮直腸の間の辺りです。正確に言うと、子宮は女性にしかないため、ダグラス窩は女性にしかありません。しかし、男性の場合でも、同じ位置を膀胱直腸窩とも言い、便宜上、ダグラス窩と呼んでいます。FASTでは、ここに液体が溜まっている(貯留)かどうかを確認します。

 

図2は、ダグラス窩に液体が溜まっていない患者さんのエコー像です。膀胱の形がはっきりと見えます。

 

図2ダグラス窩に液体がないエコー像

 

ダグラス窩に液体がないエコー像

 

液体の貯留は見られません。膀胱の形がはっきりとわかります。

 

図3は、ダグラス窩に液体が溜まっている患者さんのエコー像です。膀胱の下に液体が溜まっているのが見えます。

 

図3ダグラス窩に液体があるエコー像

 

ダグラス窩に液体があるエコー像

 

膀胱の下に液体の貯留が見られます。

 

ダグラス窩に液体が見られる場合、非常に危険な状態になっている可能性があります。モリソン窩脾臓周囲に液体の貯留が見られた場合と同様に、緊急止血術が必要になります。

 

* * *

 

エコー検査の準備や、申し送り時のポイント、記録記入時のポイントは、『FASTのエコー像(心嚢腔)』と同様です。そちらの解説を参考にしてください。

 

 

Check Point

  • FASTでは、ダグラス窩に腹水があるかを探しています。FAST陽性の場合は緊急の処置が行われます。
  • ダグラス窩は、ヒトが仰向けに寝た場合、最も低い位置になります。また、この部位には、周囲に圧迫されるものがないため、出血しても自然には止まりません。
  • ダグラス窩で出血が見られた場合は、緊急止血術が必要になります。

 

これで、FASTで診る代表的なエコー像の解説は終了です。
FASTは、外傷患者さんにとってとても重要な検査なので、是非、サポートできる力を身につけてください。

 

 


[執筆者]
加藤真吾
横浜市立大学医学部肝胆膵消化器病学教室

 


Illustration:田中博志

 


SNSシェア

看護知識トップへ