1. 看護roo!>
  2. 看護・ケア>
  3. 副腎皮質ホルモン|内分泌

2017年02月10日

副腎皮質ホルモン|内分泌

看護師のための生理学の解説書『図解ワンポイント生理学』より。

〈前回の内容〉

下垂体後葉ホルモン|内分泌

今回は、副腎皮質ホルモンについて解説します。

片野由美
山形大学医学部名誉教授
内田勝雄
山形県立保健医療大学名誉教授

 

〈目次〉

 

Summary

  • 主要な副腎皮質ホルモンは、糖質コルチコイドと電解質コルチコイドで、わずかであるがアンドロゲンがある。
  • 糖質コルチコイドには、コルチゾールおよびコルチゾンがある。
  • 電解質コルチコイドには、アルドステロンがある。
  • アルドステロンの過剰をコン症候群(原発性アルドステロン症)という。

 

はじめに

図1副腎の構造

副腎の構造

(渡辺皓:解剖学.図解ワンポイントシリーズ1、p.158、医学芸術社、2003より改変)

 

副腎皮質ホルモンには、糖質コルチコイドであるコルチゾール cortisol 、コルチゾン cortisone 、電解質コルチコイドであるアルドステロン aldosterone および男性ホルモンのアンドロゲン androgen がある。いずれもステロイドホルモンである。それぞれのホルモンの生理作用をまとめると表1のようになる。

表1副腎皮質ホルモン

副腎皮質ホルモン

 

 

糖質コルチコイドglucocorticoid

糖質コルチコイドは、副腎皮質の束状層で合成され、代表的なものはコルチゾール cortisol とコルチゾン cortisone である。

コルチゾールは、 hydrocortisone ともよばれ、コルチゾンの2つのOのうちの1つがOHに還元された化合物である。コルチゾールの主な生理作用は、糖新生と抗炎症作用である。

コルチゾンの主な生理作用は、グリコーゲン貯留作用である。コルチゾールもコルチゾンもACTHの刺激で分泌が亢進する。

 

電解質コルチコイドmineralcorticoid

電解質コルチコイドは、副腎皮質の球状層で合成され、代表的なものはアルドステロン aldosterone である。

アルドステロンの主な生理作用は、腎臓の遠位尿細管におけるNa+の再吸収の促進である。アルドステロンはACTHの刺激による分泌亢進は少なく、アンジオテンシンⅡの刺激で分泌が亢進する。副腎皮質の球状層の腫瘍でアルドステロン分泌が亢進する疾患をコン症候群 Conn syndrome (または原発性アルドステロン症 primary aldosteronism )という。

 

ストレスホルモン

副腎皮質ホルモンは、糖代謝、体液量調節など生命維持の根幹にかかわる種々の機能を担っており、生命必須ホルモンともよばれる。

一方で、コルチゾールは免疫抑制作用などもあり、感染を起こしやすくする。外部からの刺激(ストレッサー stressor )によりコルチゾールの分泌が増加するので、注意しなければならない。ストレッサーがあると視床下部からCRHが分泌され、これにより下垂体前葉からACTHが放出され、コルチゾール分泌が促されるので、CRHをストレスホルモン stress hormone という。

 

副腎性アンドロゲン(DHEA)

デヒドロエピアンドロステロン dehydroepiandrosterone (DHEA)のことである。副腎皮質から分泌される男性ホルモンで、女性でも分泌される。

アロマターゼ aromatase の作用でエストラジオール estradiol に変化する。DHEAは、ACTHの他、GHあるいはPRLで分泌が促進される。20歳代で分泌がピークになり、加齢とともに減少する。中枢神経系の抑制性神経伝達物質である γ- aminobutyric acid (GABA)を抑制する作用もある。

 

ネガティブ・フィードバック

内分泌の調節の基本は、視床下部の放出ホルモンおよび下垂体前葉の刺激ホルモンによる分泌促進である。

ホルモン過剰になったときは、そのホルモンが視床下部あるいは下垂体前葉にネガティブ・フィードバックで抑制をかける(『内分泌の階層的調節』参照)。副腎皮質ホルモンを例にネガティブ・フィードバックを説明すると図2のようになる。

図2ネガティブ・フィードバック

ネガティブ・フィードバック

 

 

 


本記事は株式会社サイオ出版の提供により掲載しています。

[出典] 『新訂版 図解ワンポイント 生理学』 (著者)片野由美、内田勝雄/2015年5月刊行/ サイオ出版

参考文献

著作権について

関連記事

  • 内分泌と外分泌はどう違うの? [07/07up]

    『からだの正常・異常ガイドブック』より転載。 今回は「ホルモンの分泌」に関するQ&Aです。 山田幸宏 昭和伊南総合病院健診センター長   内分泌と外分泌はどう違うの? 外分泌とは、分泌された物質が作用する... [ 記事を読む ]

  • ホルモンはどこから分泌されるの? [06/30up]

    『からだの正常・異常ガイドブック』より転載。 今回は「ホルモンの作用」に関するQ&Aです。 山田幸宏 昭和伊南総合病院健診センター長   ホルモンはどこから分泌されるの? ホルモンを分泌する器官を内分泌腺... [ 記事を読む ]

  • 血漿レニン、アルドステロン|ホルモン | 検査値早わかりガイド [01/05up]

    看護師のための検査値の解説書『検査値早わかりガイド』より。 今回は、血漿レニン、アルドステロンについて解説します。   江口正信 公立福生病院部長   血漿レニン、アルドステロンの基準値 ... [ 記事を読む ]

  • 余ったタンパク質はどうなるの? [04/06up]

    『からだの正常・異常ガイドブック』より転載。 今回は「余ったタンパク質」に関するQ&Aです。 山田幸宏 昭和伊南総合病院健診センター長   余ったタンパク質はどうなるの? タンパク質は、炭水化物や脂質のよ... [ 記事を読む ]

  • 糖質はどのような形で吸収されるの? [02/06up]

    『からだの正常・異常ガイドブック』より転載。 今回は糖質の吸収に関するQ&Aです。 糖質はどのような形で吸収されるの? 糖質は炭水化物とも呼ばれ、単糖(たんとう)、少糖(しょとう)、多糖(たとう)に分けられます。 ... [ 記事を読む ]

いちおし記事

ベテラン看護師の態度にモヤモヤ

「とあるベテラン看護師と険悪ムードでつらい…」というお悩み。あなたならどうする? [ 記事を読む ]

PaO2?pH?BE?血液ガス分析でどんなことがわかるの?

各検査データからわかることをサクッとおさらい! [ 記事を読む ]

人気トピック

もっと見る

看護師みんなのアンケート

後で「急変の予兆だったのかも?」と思ったことある?

投票数:
1324
実施期間:
2019年11月26日 2019年12月17日

人生最大級の「お酒の失敗」教えて下さい。

投票数:
1250
実施期間:
2019年11月29日 2019年12月20日

一時期病的にハマっていた食べものや飲みものはある?

投票数:
1147
実施期間:
2019年12月03日 2019年12月24日

医師と結婚できるなら、したい?

投票数:
1159
実施期間:
2019年12月05日 2019年12月26日

好きなイラストレーターはいる?

投票数:
870
実施期間:
2019年12月10日 2019年12月31日

勝手に命名選手権!

投票数:
577
実施期間:
2019年12月13日 2020年01月03日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者7334

◆整形の問題◆腓骨神経麻痺の予防として正しいものはどれでしょうか?

  • 1.安静時は外旋位を保持する。
  • 2.足関節の背屈運動をチェックする。
  • 3.下腿を抑制する。
  • 4.踵部を挙上させておく。
今日のクイズに挑戦!