1. 看護roo!>
  2. 看護・ケア>
  3. 副腎皮質ホルモン|内分泌

2017年02月10日

副腎皮質ホルモン|内分泌

看護師のための生理学の解説書『図解ワンポイント生理学』より。

〈前回の内容〉

下垂体後葉ホルモン|内分泌

 

今回は、副腎皮質ホルモンについて解説します。

〈目次〉

 

Summary

  • 主要な副腎皮質ホルモンは、糖質コルチコイドと電解質コルチコイドで、わずかであるがアンドロゲンがある。
  • 糖質コルチコイドには、コルチゾールおよびコルチゾンがある。
  • 電解質コルチコイドには、アルドステロンがある。
  • アルドステロンの過剰をコン症候群(原発性アルドステロン症)という。

 

はじめに

図1副腎の構造

副腎の構造

(渡辺皓:解剖学.図解ワンポイントシリーズ1、p.158、医学芸術社、2003より改変)

 

副腎皮質ホルモンには、糖質コルチコイドであるコルチゾール cortisol 、コルチゾン cortisone 、電解質コルチコイドであるアルドステロン aldosterone および男性ホルモンのアンドロゲン androgen がある。いずれもステロイドホルモンである。それぞれのホルモンの生理作用をまとめると表1のようになる。

表1副腎皮質ホルモン

副腎皮質ホルモン

 

 

糖質コルチコイドglucocorticoid

糖質コルチコイドは、副腎皮質の束状層で合成され、代表的なものはコルチゾール cortisol とコルチゾン cortisone である。

コルチゾールは、 hydrocortisone ともよばれ、コルチゾンの2つのOのうちの1つがOHに還元された化合物である。コルチゾールの主な生理作用は、糖新生と抗炎症作用である。

コルチゾンの主な生理作用は、グリコーゲン貯留作用である。コルチゾールもコルチゾンもACTHの刺激で分泌が亢進する。

 

電解質コルチコイドmineralcorticoid

電解質コルチコイドは、副腎皮質の球状層で合成され、代表的なものはアルドステロン aldosterone である。

アルドステロンの主な生理作用は、腎臓の遠位尿細管におけるNa+の再吸収の促進である。アルドステロンはACTHの刺激による分泌亢進は少なく、アンジオテンシンⅡの刺激で分泌が亢進する。副腎皮質の球状層の腫瘍でアルドステロン分泌が亢進する疾患をコン症候群 Conn syndrome (または原発性アルドステロン症 primary aldosteronism )という。

 

ストレスホルモン

副腎皮質ホルモンは、糖代謝、体液量調節など生命維持の根幹にかかわる種々の機能を担っており、生命必須ホルモンともよばれる。

一方で、コルチゾールは免疫抑制作用などもあり、感染を起こしやすくする。外部からの刺激(ストレッサー stressor )によりコルチゾールの分泌が増加するので、注意しなければならない。ストレッサーがあると視床下部からCRHが分泌され、これにより下垂体前葉からACTHが放出され、コルチゾール分泌が促されるので、CRHをストレスホルモン stress hormone という。

 

副腎性アンドロゲン(DHEA)

デヒドロエピアンドロステロン dehydroepiandrosterone (DHEA)のことである。副腎皮質から分泌される男性ホルモンで、女性でも分泌される。

アロマターゼ aromatase の作用でエストラジオール estradiol に変化する。DHEAは、ACTHの他、GHあるいはPRLで分泌が促進される。20歳代で分泌がピークになり、加齢とともに減少する。中枢神経系の抑制性神経伝達物質である γ- aminobutyric acid (GABA)を抑制する作用もある。

 

ネガティブ・フィードバック

内分泌の調節の基本は、視床下部の放出ホルモンおよび下垂体前葉の刺激ホルモンによる分泌促進である。

ホルモン過剰になったときは、そのホルモンが視床下部あるいは下垂体前葉にネガティブ・フィードバックで抑制をかける(『内分泌の階層的調節』参照)。副腎皮質ホルモンを例にネガティブ・フィードバックを説明すると図2のようになる。

図2ネガティブ・フィードバック

ネガティブ・フィードバック

 

 

 


本記事は株式会社サイオ出版の提供により掲載しています。

[出典]『新訂版 図解ワンポイント 生理学』(著者)片野 由美、内田 勝雄/2015年5月刊行

新訂版 図解ワンポイント 生理学

 引用・参考文献

著作権について

関連記事

  • 副腎皮質ホルモンはどんなもの? [10/09up]

    『からだの正常・異常ガイドブック』より転載。 今回は「副腎皮質ホルモン」に関するQ&Aです。 副腎皮質(ふくじんひしつ)ホルモンはどんなもの? 副腎皮質ホルモンは、コレステロールから合成されるステロイドホルモンで、電解... [ 記事を読む ]

  • C-ペプチド|ホルモン [11/25up]

    看護師のための検査値の解説書『検査値早わかりガイド』より。 今回は、C-ペプチドについて解説します。   C-ペプチドの基準値 血清:0.8~2.5(ng/mL) 尿:22.8~155.2(μg... [ 記事を読む ]

  • ACTH(副腎皮質刺激ホルモン)|ホルモン [09/30up]

    看護師のための検査値の解説書『検査値早わかりガイド』より。 今回は、ACTH(副腎皮質刺激ホルモン)について解説します。   ACTH(副腎皮質刺激ホルモン)の基準値 10~60(pg/mL)(早朝... [ 記事を読む ]

  • フィードバック機構って何のこと? [08/25up]

    『からだの正常・異常ガイドブック』より転載。 今回は「フィードバック機構」に関するQ&Aです。 フィードバック機構って何のこと? フィードバック機構とは制御対象物が制御物質をコントロールすることです。 例えば、上... [ 記事を読む ]

  • ホルモンを受け取るのはどこ? [07/14up]

    『からだの正常・異常ガイドブック』より転載。 今回は「ホルモンの目的地」に関するQ&Aです。 ホルモンを受け取るのはどこ? ホルモンは血液中の特定のタンパク質と結合し、血液の流れに乗って全身を巡ります。 ホルモン... [ 記事を読む ]

いちおし記事

過去のいじめで

浜田師長のいじめの後遺症で今も苦しむ看護師と面会するもも子。そこで語られたこととは… [ 記事を読む ]

神経所見のとり方

感覚障害を診察する場合、①左右差、②上肢と下肢の差、③近位部と遠位部の差に注意し、評価します。 [ 記事を読む ]

人気トピック

もっと見る

看護師みんなのアンケート

「看護師になりたい」と伝えた時、親はどういう反応だった?

投票数:
930
実施期間:
2018年04月06日 2018年04月27日

腰椎穿刺検査後の安静、どうしてる?

投票数:
785
実施期間:
2018年04月10日 2018年05月01日

一番好きな看護方式はどれ?

投票数:
793
実施期間:
2018年04月13日 2018年05月04日

ゴールデンウィーク、今年は何日?

投票数:
720
実施期間:
2018年04月17日 2018年05月08日

院内恋愛、もしするならどの職種がいい?

投票数:
684
実施期間:
2018年04月20日 2018年05月11日

ドラマ『ブラック・ペアン』どの医師が好き?

投票数:
411
実施期間:
2018年04月24日 2018年05月15日

自分の子どもになってほしい職業は?

投票数:
201
実施期間:
2018年04月26日 2018年05月17日

ストレスがたまると食べたくなるもの、何?

投票数:
57
実施期間:
2018年04月27日 2018年05月18日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者369

酸素マスク5L/分で酸素を投与している患者さんが、胸部CTの検査に呼ばれ、ベッドでCT室に移動することになりました。酸素ボンベの圧力計のメモリを確認したところ、90㎏/cm²と示していました。病室から出発して検査を終え、病室に戻ってくるまで20分かかる場合、圧力計から計算した酸素残量についての説明と対応で、最も正しいのは以下のどれでしょうか?なお、酸素ボンベは500Lで、充填時の圧力は150㎏/cm²とします。

  • 1.圧力計から計算して、病室に戻るまで酸素ボンベは空にならないので、そのまま搬送できる。
  • 2.圧力計から計算して、酸素ボンベはぎりぎり持ちそうなので、そのまま搬送する。
  • 3.圧力計から計算して、検査の途中で酸素ボンベが空になるので、充填された酸素ボンベに変更する。
  • 4.圧力計から計算して、検査の途中で酸素ボンベが空になるので、酸素投与量を3Lに変更して検査へ行く。
今日のクイズに挑戦!