1. 看護roo!>
  2. 看護・ケア>
  3. 解剖生理をおもしろく学ぶ

2016年01月21日

解剖生理をおもしろく学ぶ 記事一覧

解剖生理をおもしろく学ぶ

「解剖生理は苦手・・・」という、看護師・看護学生さんこそ必見!
主人公のナスカさんと一緒に、おもしろく、楽しく!解剖生理を学びましょう。

 

〈目次〉

 

生命誕生の起源

  1. 1.いざ、からだを探る旅へ
  2. 2. 生命誕生の起源

 

細胞ってなんだ

  1. 1.生物はすべて細胞からできている
  2. 2.実は多機能、細胞膜
  3. 3.細胞はタンパク質の工場
  4. 4.細胞には発電所とゴミ処分場まである?

 

流れる・運ぶ

  1. 1.多細胞生物が備えた物流システム
  2. 2.心臓は働きもの
  3. 3.動脈と静脈
  4. 4.血液は何でできている?
  5. 5.いざ、毛細血管の中へ

 

呼吸する

  1. 1.酸素を使わず、呼吸する?
  2. 2.呼吸系の器官のしくみ
  3. 3.肺の構造とガス交換
  4. 4.呼吸のメカニズム

 

食べる

  1. 1.栄養と代謝
  2. 2.消化酵素による分解の仕組み
  3. 3.食道・胃・小腸・胆嚢・膵臓の仕組み
  4. 4.肝臓の仕組み
  5. 5.大腸・肛門の仕組み

 

捨てる

  1. 1.体内の清掃業務
  2. 2.腎臓の構造と機能
  3. 3.アシドーシスとアルカローシス

 

調節する

  1. 1.細胞どうしを結ぶ神経ネットワーク
  2. 2.インパルスは神経系の共通言語
  3. 3.標的細胞を刺激するホルモン
  4. 4.血糖値・血圧・体液の調節
  5. 5.体温の調節

 

感じる・考える

  1. 1.神経細胞とグリア細胞
  2. 2.中枢神経と末梢神経
  3. 3.視覚のメカニズム――眼
  4. 4.聴覚と嗅覚のメカニズム――耳と鼻
  5. 5.味覚と触覚のメカニズム――味蕾と皮膚

 

動く

  1. 1.意思で動かすことができる骨格筋
  2. 2.骨の機能
  3. 3.骨格筋の構造

 

守る

  1. 1.からだを守る免疫の力
  2. 2.侵入してきた敵をたたく白血球
  3. 3.リンパ球と抗体
  4. 4.免疫反応の流れ

 

子孫をつくる

  1. 1.遺伝と染色体
  2. 2.生殖機能の発育と生殖器の構造
  3. 3.出生は人生最大の危機

 


本連載は株式会社サイオ出版の提供により掲載しています。

[出典]『解剖生理をおもしろく学ぶ』(編著)増田敦子/2015年1月刊行

解剖生理をおもしろく学ぶ

引用・参考文献 

著作権について

この連載

  • 実は多機能、細胞膜|細胞ってなんだ(2) [07/07up]

    解剖生理が苦手なナースのための解説書『解剖生理をおもしろく学ぶ』より 今回は、細胞についてのお話の2回目です。 〈前回の内容〉 生物はすべて細胞からできている|細胞ってなんだ(1) 細胞の世界を冒険中のナスカ。からだ... [ 記事を読む ]

  • 生物はすべて細胞からできている|細胞ってなんだ(1) [07/03up]

    解剖生理が苦手なナースのための解説書『解剖生理をおもしろく学ぶ』より 今回は、細胞についてのお話の1回目です。 〈前回の内容〉 生命誕生の起源 解剖生理学の面白さを知るため、身体を探る旅に出たナスカ。生命誕生のカギが... [ 記事を読む ]

  • 生命誕生の起源|解剖生理をおもしろく学ぶ [07/01up]

    解剖生理は苦手・・・という人多いですよね?そんなナースのための新連載。 今までになかった、楽しく読める解剖生理学の解説書『解剖生理をおもしろく学ぶ』より。 〈前回の内容〉 いざ、からだを探る旅へ 解剖生理の勉強に行き... [ 記事を読む ]

  • いざ、からだを探る旅へ|解剖生理をおもしろく学ぶ [06/30up]

    解剖生理は苦手・・・という人多いですよね?そんなナースのための新連載。 今までになかった、楽しく読める解剖生理学の解説書『解剖生理をおもしろく学ぶ』より。 難解な解剖生理を会話形式でやさしく説明。身体をめぐるナスカさんの旅にお付... [ 記事を読む ]

  • 解剖生理をおもしろく学ぶ 記事一覧 [01/21up]

    解剖生理をおもしろく学ぶ 「解剖生理は苦手・・・」という、看護師・看護学生さんこそ必見! 主人公のナスカさんと一緒に、おもしろく、楽しく!解剖生理を学びましょう。   〈目次〉 1.生命誕生の...

もっと見る

いちおし記事

国試、合否のボーダーラインは?【過去10年データ】

看護師国試お疲れ様でした!この記事で過去のボーダーを確認できます! [ 記事を読む ]

MMTの測定方法

各関節の評価のポイントは? [ 記事を読む ]

人気トピック

もっと見る

看護師みんなのアンケート

バレンタインのチョコ、今まであげたチョコで一番高いのはいくらのチョコ?

投票数:
1437
実施期間:
2019年02月01日 2019年02月23日

心電図、得意?苦手?

投票数:
1462
実施期間:
2019年02月05日 2019年02月26日

あなたを救ったこの1曲

投票数:
1306
実施期間:
2019年02月08日 2019年03月01日

今だから言える!国試の「失敗」教えてください

投票数:
1162
実施期間:
2019年02月12日 2019年03月05日

国試合格のためにやった験担ぎは?

投票数:
1134
実施期間:
2019年02月15日 2019年03月08日

国試が終わった日、どう過ごした?

投票数:
985
実施期間:
2019年02月19日 2019年03月12日

手指消毒、1日に何回してる?

投票数:
668
実施期間:
2019年02月22日 2019年03月15日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者4414

静脈栄養についての説明で、正しいのは次のうちどれでしょうか?

  • 1.人工呼吸器管理を余儀なくされるような集中治療室に入院している重症患者では、早期から静脈栄養を開始するべきである。
  • 2.静脈栄養では高エネルギーの投与が容易であるため、侵襲により代謝が亢進し、エネルギー必要量が増加する時期には適している。
  • 3.急性期における静脈栄養のエネルギーの投与量は、過剰栄養(overfeeding)の回避を念頭に決定されるべきである。
  • 4.静脈栄養を行う際は、どのような患者さんでも中心静脈より投与を行う。
今日のクイズに挑戦!