1. 看護roo!>
  2. 看護・ケア>
  3. ワンポイント生理学>
  4. 刺激伝導系と心拍動の自動性|循環

2016年07月24日

刺激伝導系と心拍動の自動性|循環

看護師のための生理学の解説書『図解ワンポイント生理学』より。

〈前回の内容〉

心臓の構造と特性

今回は、刺激伝導系と心拍動の自動性について解説します。

片野由美
山形大学医学部名誉教授
内田勝雄
山形県立保健医療大学名誉教授

 

Summary

  • 心臓は自動的に規則正しく拍動することができる。これは刺激伝導系の働きによる。
  • 刺激伝導系は、心房から心室へと一気に興奮を伝える特殊心筋であり、興奮は洞房結節、結節間路、房室結節、ヒス束、左脚・右脚、プルキンエ線維の順に伝えられる。
  • 刺激伝導系の細胞は、どの部位でも自発的に興奮を発生する性質をもっている。しかし、通常は洞房結節の興奮発生頻度(70~80回/分)が最も高いため、ここがペースメーカとなる。

 

〈目次〉

 

刺激伝導系と心拍動の自動性

刺激伝導系は部位によって、洞房結節房室結節結節間路ヒス束プルキンエ線維に分けられる。

洞房結節洞結節) sinoatrial node : SA node, sinus node は、上大静脈と接する右心房側にある。心臓の正常な自動的拍動のリズムはここから始まるため、心臓の歩調取りを行う。そこで洞房結節をペースメーカ細胞ともいう。

房室結節田原の結節) atrioventricular node : AV node は、心房中隔の右心房側にある。洞房結節と房室結節との間には3本の細い特殊心筋の連絡路がある。これを結節間路 internodal pathway という。

ヒス束 His bundle は房室結節の下方にあり、さらに左(左脚)と右(右脚)に分かれる。左右脚はさらに分かれて心室筋層に網目状に分布する。この網目状の特殊線維をプルキンエ線維 Purkinje fiber という。

心臓は神経を切断しても、あるいは体外に取り出しても、適当な状態に置けばしばらくの間は一定のリズムで自発的に拍動を続ける。これを心拍動の自動性 automaticity という。これは刺激伝導系の働きによる。

洞房結節の細胞は自発的に繰り返し興奮を生ずる性質をもっており、ここから興奮が始まる。次いで興奮は結節間路を通り(心房全体に興奮が拡がると心房は収縮する)、房室結節に達する。続いてヒス束→左右脚→プルキンエ線維へと一気に伝わり、心室全体はほとんど同時に収縮する。刺激伝導系は神経ではないが、あたかも神経のように興奮をすばやく心筋に伝える特殊心筋である。

刺激伝導系のなかでは、洞房結節の興奮発生頻度が最も高いため(約70~80回/分)、正常時は洞房結節が興奮を伝えているが(洞リズムあるいは洞調律サイナスリズムという)、刺激伝導系の細胞は、どの部位でも自動的に興奮を発生する性質をもっている。

洞房結節が何らかの障害で機能しなくなると、房室結節が電気的刺激を発する。ただ、洞房結節よりリズムは遅くなる(約60回/分)。さらに房室結節も機能しなくなると、心筋自体がリズムを刻むようになる。しかし、この場合、リズムはさらに遅くなる(30回/分)。

このようなリズムのコントロールを行っているものをペースメーカという。

刺激伝導系の障害で、心拍数が減少したり、心拍停止が起こったときに、心臓を毎分60~70回の割合で電気的に刺激して心臓の働きを確保する方法がとられる。この刺激装置を人工ペースメーカという。

図1刺激伝導系と各部位の活動電位

刺激伝導系と各部位の活動電位

 

A.刺激伝導系
興奮の発生は洞房結節から始まり→結節間路→房室結節→ヒス束→左右脚→プルキンエ線維へと一気に伝わる。
B.刺激伝導系の各部位の活動電位
洞房結節では静止状態で自動的な脱分極が起こり(歩調取り電位あるいは前電位という)、歩調取り電位が閾値に達したときに活動電位が発生する。房室結節にも歩調取り電位があるが、その勾配は洞房結節に比べ緩やかである。洞房結節の歩調取り電位の勾配が最も急峻なため、ここが歩調取り(ペースメーカ)となる。両部位の立ち上がり相はCa2+電流による。それ以外の部位の立ち上がり相はNa電流による。

(大地陸男:生理学テキスト.第4版、p.250、文光堂、2003より改変)

 

心臓のコントロール

心臓は、独自に活動することが可能であるが、脳の支配下にあり、身体の状況に合わせて脳から命令が下される。緊張すると脈拍が増えるのは、脳が緊張感を心臓に伝えているからであり、運動をすると脈拍が増えるのは、組織や器官から血液の増量を要請された脳が、心臓に血液をもっと送り出せと命令を出しているからである。

この心臓外からの命令は、自律神経とホルモンが伝える。ホルモンは主に副腎髄質から放出されるアドレナリンである。交感神経が興奮したり、アドレナリンが分泌されると心拍数が増加し、血圧が上昇する。副交感神経が興奮すると、心拍数は減少し、血圧は下降する。

 

〈次回〉

心電図

⇒〔ワンポイント生理学〕記事一覧を見る

 


本記事は株式会社サイオ出版の提供により掲載しています。

[出典] 『新訂版 図解ワンポイント 生理学』 (著者)片野由美、内田勝雄/2015年5月刊行/ サイオ出版

参考文献

著作権について

この連載

  • 心筋の収縮|循環 [07/31up]

    看護師のための生理学の解説書『図解ワンポイント生理学』より。 〈前回の内容〉 心電図 今回は、心筋の収縮について解説します。 片野由美 山形大学医学部名誉教授 内田勝雄 山形県立保健医療大学名誉教授 ... [ 記事を読む ]

  • 心電図|循環 [07/29up]

    看護師のための生理学の解説書『図解ワンポイント生理学』より。 〈前回の内容〉 刺激伝導系と心拍動の自動性 今回は、心電図について解説します。 片野由美 山形大学医学部名誉教授 内田勝雄 山形県立保健医療... [ 記事を読む ]

  • 刺激伝導系と心拍動の自動性|循環 [07/24up]

    看護師のための生理学の解説書『図解ワンポイント生理学』より。 〈前回の内容〉 心臓の構造と特性 今回は、刺激伝導系と心拍動の自動性について解説します。 片野由美 山形大学医学部名誉教授 内田勝雄 山形県...

  • 心臓の構造と特性|循環 [07/22up]

    看護師のための生理学の解説書『図解ワンポイント生理学』より。 〈前回の内容〉 循環器系のしくみと働き 今回は、心臓の構造と特性について解説します。 片野由美 山形大学医学部名誉教授 内田勝雄 山形県立保... [ 記事を読む ]

  • 循環器系のしくみと働き|循環 [07/17up]

    看護師のための生理学の解説書『図解ワンポイント生理学』より。 〈前回の内容〉 血液型(2)|血液と生体防御 今回は、循環器系のしくみと働きについて解説します。 片野由美 山形大学医学部名誉教授 内田勝雄 ... [ 記事を読む ]

もっと見る

関連記事

  • 不眠の診断と基本的な対応 [10/23up]

    『循環器ナーシング』2015年8月号<循環器疾患を持つ高齢者のメンタルヘルスケア>より抜粋。 不眠の診断と基本的な対応について解説します。   Point 不眠の背景には精神・身体疾患が隠れていることが... [ 記事を読む ]

  • 狭心症の治療に使われる薬 [11/30up]

    『循環器ナーシング』2014年6月号<疾患ごとに理解する!循環器疾患のくすり>より抜粋。 狭心症の治療に使われる薬について解説します。 Point 狭心症とはどのような病態であるかを理解する! 狭心症の症... [ 記事を読む ]

  • 心筋の収縮はどのように伝わるの? [05/20up]

    看護師のための解剖生理の解説書『からだの正常・異常ガイドブック』より転載。 〈前回〉 心臓はどのようにして血液を送り出しているの? 今回は「心筋の収縮」に関するQ&Aです。 山田幸宏 昭和伊南総合病院健診セ... [ 記事を読む ]

  • 利尿薬の誤解とヒント [04/02up]

    『循環器ナーシング』2011年12月号<おさえておきたい循環器疾患の治療薬>より抜粋。 利尿薬の誤解とヒントについて解説します。   Point 利尿薬は尿細管におけるナトリウム再吸収を抑制し,水とナト... [ 記事を読む ]

  • 知っておきたい臨床で使う指標【総目次】 [05/25up]

      根本 学 (埼玉医科大学国際医療センター 救命救急科診療部長)   はじめに 臨床現場で使用することの多い指標は、ナースなら知っておきたい知識の一つです。 指標を上手く使いこなすことができると... [ 記事を読む ]

いちおし記事

【マンガ】それでも看護をする理由~Case.2 みお~(7)

「プリが悪い」「新人が悪い」「先輩が悪い」で終わりでいい? 指導をめぐるさまざまな立場の想い。 [ 記事を読む ]

胃瘻に関する基礎知識

胃瘻の目的や禁忌をわかりやすく解説! [ 記事を読む ]

人気トピック

もっと見る

看護師みんなのアンケート

payサービス使ってる?

投票数:
1816
実施期間:
2019年08月30日 2019年09月20日

あなたのハマっている沼は何?

投票数:
1356
実施期間:
2019年09月03日 2019年09月24日

旅行のおすすめスポットある?

投票数:
1247
実施期間:
2019年09月06日 2019年09月27日

学生時代の実習、国試勉強との両立はうまくできた?

投票数:
1119
実施期間:
2019年09月10日 2019年10月01日

SNSで嫌な気分になったことある?

投票数:
1021
実施期間:
2019年09月13日 2019年10月04日

ナースの現場、気が利くで賞!

投票数:
691
実施期間:
2019年09月17日 2019年10月15日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者5289

簡易血糖測定の方法について、正しい方法は、次のうちどれでしょう。

  • 1.簡易血糖測定には、主に静脈からの採血を用いて測定する。
  • 2.使用する血液の量は、直径2mmの半球程度の量でよい。
  • 3.医療従事者が患者さんの耳朶から血液を採取する際は、穿刺部位の安定を図るため、耳朶の裏に指を当てて、しっかり固定した上で穿刺する。
  • 4.血液が十分に採取できない場合は、穿刺部位を絞り出して採取する必要がある。
今日のクイズに挑戦!