1. 看護roo!>
  2. ステキナース研究所>
  3. 【新型コロナウイルス】看護師のためのQ&A~予防・検査・患者さんへの対応は?

2020年02月05日

【新型コロナウイルス】看護師のためのQ&A~予防・検査・患者さんへの対応は?

 

看護師にとってひとごとではない新型コロナウイルス感染症(COVID-19)。どのような予防対策が必要なのでしょうか。感染症専門医が解説します。

※2020年2月21日時点の情報に基づいています

 

【関連記事】【新型コロナウイルス】「指定感染症」で医療の体制は?ポイントまとめ|看護roo!ニュース

 

 

浜松医療センター 
副院長 兼 感染症内科部長 兼 衛生管理室長
矢野邦夫

 

 

どんな感染予防対策が効果的ですか? マスクは二枚重ねのほうがいいって聞いたんですけど。

 

最も大切な対策は「手指衛生」です。マスクは一枚で十分です。

 

新型コロナウイルスには、標準予防策(スタンダードプリコーションに加えて、飛沫予防策接触予防策を併用することが推奨されています。たとえ手指にウイルスが付着したとしても、手指衛生をしっかりすれば、感染を防ぐことができます。

 

患者さんや、患者さんの周囲環境、手指の高頻度接触表面(ドアノブなど)に直接触れた後は、必ず手指衛生を徹底しましょう

 

患者さんを直接ケアするときには、サージカルマスクを着用します。突然の咳などに備えて、アイシールドやゴーグルを利用することも重要です。

 

サージカルマスクは細菌濾過効率が95%以上あるので、一枚で十分です。二枚重ねにするとマスクの空気抵抗が大きくなり、マスクと顔のすき間から空気が漏れこんでしまいます。

 

また、装着中のマスクに触れると、その手指がウイルスで汚染する可能性があるので注意してください。

 

 

 

事前連絡なしで疑いのある患者さんが来ちゃったら、どうしたらいいですか?隔離したほうがいい?

 

疑いがあるだけでは、最初から隔離はできません。まずは患者さんに咳エチケットを行ってもらい、医療従事者は標準予防策で対応します。

 

「事前の連絡なしに疑いのある患者さんが来た」といっても、その患者さんが新型コロナウイルスの感染者だと確定しているわけではありません。まったく別の感染症の場合もあります。そういった患者さんを最初から隔離することはできません

 

この場合、患者さんには咳エチケット、つまり「サージカルマスクを着用して、咳をするときには口と鼻を押さえる」を行ってもらいましょう。さらに「手指衛生」も行ってもらいます。

 

医療従事者はサージカルマスクを着用し、やはり手指衛生を行います。

 

そのうえで、病状や現病歴、渡航歴などから、新型コロナウイルスに感染している可能性が強く疑われるときは、隔離して検査する必要があります。

 

また、新型コロナウイルスの感染者が、ほかの呼吸器疾患を合併することもあります。その場合、咳などの症状が強くなり、周囲にウイルスを拡散しやすいので、特に注意が必要です。

 

 

 

外来を受診した患者さんが後日、新型コロナウイルスに感染していたことがわかりました。勤務していた看護師は、どこまでが「濃厚接触者」になる?

 

適切な個人防護具を着用せずに対応していれば濃厚接触者となります。

 

厚生労働省は濃厚接触者について下記のように定義しています。

 

 

・新型コロナウイルス感染症が疑われる者と同居、あるいは長時間の接触(車内、航空機内等を含む)があった者
・適切な感染防具なしに新型コロナウイルス感染症が疑われる患者を診察、看護もしくは介護していた者
・新型コロナウイルス感染症が疑われる者の気道分泌液もしくは体液等の汚染物質に直接触れた可能性が高い者

 

 

外来受診した患者さんが、後日、新型コロナウイルスに感染していたことがわかった場合、そのときに診察や看護にあたった医療者が適切な個人防護具を着用していなければ濃厚接触となります。

 

例えば、患者さんの採血時に手袋をしていなければ濃厚接触者になります。一方、ウイルス検査のために患者さんの咽頭から検体採取していてもマスクやゴーグルを着用していれば、濃厚接触者になりません

 

なお、案内しただけで、患者さんに触れていなければ、個人防護具を着用している・いないに関わらず、濃厚接触にはあたりません。

 

濃厚接触者になった場合は、発熱や風邪症状に注意を払いましょう。

 

発熱や風邪症状が発生した場合は、休んだほうが良いです。4日間以上症状が続く、もしくは倦怠感や呼吸困難が見られたら、上司に報告し、院内の専門医に相談します。もし、院内に専門医がいない場合は帰国者・接触者相談センターに連絡します。そして、必要に応じて、新型コロナウイルス(SARS-CoV-2※1)の検査をすることになります。

 

症状が出ていない場合は通常勤務が可能ですが、潜伏期間の最大日数である14日間は症状の有無に気をつけておく必要があります。
そして、症状が出てきた場合には上司に報告し、院内の専門医に相談するか、専門医が院内にいない場合は「帰国者・接触者相談センター」に連絡しましょう。


※1 新型コロナウイルス感染症は、病名の正式名称を「COVID-19」、原因ウイルスを「SARS-CoV-2」といいます。

 

 

 

特に注意が必要な患者さんは?

 

呼吸器や循環器などの基礎疾患がある患者さん、高齢者、人工呼吸器などで呼吸管理中の患者さんには特に注意が必要です。

 

特に注意が必要な患者さんは、「重症化しやすい患者さん」「ウイルスを周辺に拡散する患者さん」です。

 

重症化しやすいのは、呼吸器系や循環器系などの基礎疾患のある患者さんや高齢者です。このような人々は感染すると重症化して死亡するリスクが高いです。

 

 

ウイルスを周辺に拡散する患者さんは、挿管して人工呼吸器を着用される患者さんやネブライザーを使用している患者さんなどです。このような患者さんがいる病室では新型コロナウイルスを含んだエアロゾル※2が空気中に浮遊するからです。そういった病室に立ち入ると病原体を吸い込んでしまうので、空気予防策※3が必要となります。

 

また、抵抗力が低下している患者さん(透析患者さんなど)が感染すると、体内で病原体が著しく増加して、周囲に感染させやすくなる可能性があります。

 

※2 エアロゾル:気体中に浮遊している微小な液体または固体の粒子。

※3 空気予防策:十分な換気と陰圧を保てる個室で飛沫核を室外に出さないよう管理し、医療従事者は標準予防策およびN95マスクを着用します。室内の患者さんには、可能であればサージカルマスクを着用してもらいます。

 

 

 

新型コロナウイルスってどうやって診断するんですか?

 

患者さんの咽頭ぬぐい液や痰を使って検査して診断します。現時点(2/21現在)では保健所を通して、地方衛生研究所や国立感染症研究所に検査を依頼します。

 

患者さんの 咽頭ぬぐい液や痰を検査材料にして、核酸増幅法(PCR法など)を用いて新型コロナウイルスの感染を診断します。


また、インフルエンザや市中肺炎のような他の疾患を鑑別したり、感染症の状況を把握するために、胸部X線検査やCT検査なども必要となります。

 

なお、検査は、現時点(2/21現在)では 検査会社や病院内で行うことはできません新型コロナウイルスが疑われる患者さんが来院した場合は、保健所を介して、地方衛生研究所や国立感染症研究所に検査を依頼することになります。 さらに、検査をするかどうかは保健所が判断するため、医療機関や患者さん本人の希望で検査をすることはできません

 

 

 

有効な治療法はありますか?

 

現時点(2/21現在)では対症療法しかありません。

 

現時点では対症療法しかありません
肺炎が悪化し、呼吸状態が悪くなれば酸素投与が必要となります。
さらに、重症となれば挿管して人工呼吸器も実施することになります。また、電解質異常がみられれば、それを補正する必要があります。

 

患者さんの苦痛を取り除くことと、生命を維持することによって、回復を待つことになります。

 

現在、中国ではカレトラ(ロピナビル・リトナビル配合剤)が臨床研究で用いられています。 この薬剤は抗HIV薬の一つです。この研究結果については注意深く観察してゆく必要があります。

 

 

 

SNSなどでもいろいろな情報が出ていますが、どういうサイトをチェックしておけばいいですか?

 

国内のサイトなら、(1)厚生労働省、(2)国立感染症研究所、(3)日本医師会、(4)東京都感染症情報センターがおすすめです。

 

SNSやネットでは、新型コロナウイルスに関するさまざまな情報を見ることができますが、誤った情報や煽るような情報を参考にするのは適切ではありません。医療従事者として適切な判断をするために、正しい情報を確認しましょう

 

国内であれば、次のようなサイトが正しい情報がまとまっていて、おすすめです。

 

 

海外のサイトは(5)WHOと(6)CDCが良いでしょう。

 

 

 


著者紹介

矢野邦夫(やのくにお)
浜松医療センター 副院長兼感染症内科部長兼衛生管理室長
医学博士。インフェクションコントロールドクター。感染症専門医・指導医。抗菌化学療法指導医・認定医。日本エイズ学会指導医・認定医。血液専門医。日本輸血・細胞治療学会専門医。日本内科学会指導医・認定医。日本感染症学会・日本環境感染学会評議員。日本医師会認定産業医

 

 

看護roo!編集部 林 美紀/烏美紀子(@karasumikiko

 

この記事を読んだ人は、こんな記事も読んでいます

新型肺炎「指定感染症」で何が変わる?【ポイントまとめ】|看護roo!ニュース

肺炎【疾患解説編】|気をつけておきたい季節の疾患【21】

肺炎【ケア編】|気をつけておきたい季節の疾患【21】

 

コメントを投稿する

コメント入力
(100文字以内)
ニックネーム
(12文字以内)

コメント一覧(1)

1名無し2020年02月06日 07時38分

とてもわかりやすかったです!
企業様から聞かれたら答えられるように頑張ります。

関連記事

いちおし記事

“米”ガーゼ?! 医療用語のカン違いあるある|看護師の本音アンケート

思わず赤面!間違って覚えてたコトバ…あなたにもある? [ 記事を読む ]

【新情報追加】新型コロナウイルス・看護師のためのQ&A

後日、感染者とわかった患者をケアをしていた看護師は「濃厚接触者」になる?なったらどうすればいい? [ 記事を読む ]

人気トピック

もっと見る

看護師みんなのアンケート

東京オリンピック、観に行く?

投票数:
1627
実施期間:
2020年02月04日 2020年02月25日

あなたが恋に落ちた瞬間♡教えてください

投票数:
1482
実施期間:
2020年02月07日 2020年02月28日

バレンタイン、チョコ以外になにかプレゼントあげる?

投票数:
1394
実施期間:
2020年02月11日 2020年03月03日

国試直前!言っちゃえ合格宣言&エール!

投票数:
1268
実施期間:
2020年02月14日 2020年03月06日

国試の問題、難しかった?

投票数:
1089
実施期間:
2020年02月18日 2020年03月10日

病院にいたらいいなぁと思うポケモンは?

投票数:
748
実施期間:
2020年02月21日 2020年03月13日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者2887

◆救急看護の問題◆以下のショックの分類と原因疾患・病態の組み合わせで間違っているものはどれでしょうか?

  • 1.血液分布異常性ショック-アナフィラキシー
  • 2.心原性ショック-心タンポナーデ
  • 3.心外閉塞・拘束性ショック-緊張性気胸
  • 4.循環血液量減少性ショック-脱水
今日のクイズに挑戦!