1. 看護roo!>
  2. ステキナース研究所>
  3. 「すごい看護師」「いやな看護師」ってどんな人?|看護の日にナイチンゲールの言葉から考えてみる

2017年05月12日

「すごい看護師」「いやな看護師」ってどんな人?|看護の日にナイチンゲールの言葉から考えてみる

今日5月12日は看護の日です。

ナイチンゲールの誕生日に由来したこの日に、ナイチンゲールの語る「すごい看護師」「いやな看護師」について見てみませんか?

あなたの周りにも、こんな人がきっといるはずです。

 

看護の日にナイチンゲールの『看護覚え書』を見てみよう

「すごい看護師」「いやな看護師」ってどんな人?

 

 

 

すごい看護師【1】患者の表情からあらゆる変化を読み取れる

看護の日_ナイチンゲール覚え書

〈ナイチンゲールの言葉〉

看護師のまさに基本は、患者が何を感じているかを、患者につらい思いをさせて言わせることなく、患者の表情に現れるあらゆる変化から読みとることができることなのである。

自分自身はけっして感じたことのない他人の感情のただなかへ自己を投入する能力を、これほど必要とする仕事はほかに存在しないのである。

(『看護覚え書』より許可を得て引用。以下、囲み内同)

 

何も言わせずとも、患者さんの内面を深く探求できる看護師、すごいです。

 

 

すごい看護師【2】豊富な知識をもち、鑑別ができる

3_看護の日_ナイチンゲール覚え書

〈ナイチンゲールの言葉〉

看護師は熱病の発疹と麻疹の発疹との区別、およびそれらの病気の前駆症状にも精通しているであろう。

問題の発生を示す身体の震えについても知っており、それが意識不明患者の排尿の徴候であるのか、それとも発熱に先だって起こる震えなのかも識別するであろう。

 

豊富な知識をもち、鑑別ができる看護師、すごいです。

 

 

すごい看護師【3】じっと見つめることなくアセスメントできる

2_看護の日_ナイチンゲール覚え書

〈ナイチンゲールの言葉〉

「患者は見つめられるのを嫌う」というのは、不注意な看護師の誰もがいう言い訳である。

ほんとうに注意深い看護師が、彼女が知っていなければならないこまごまとしたことを知るのは、じろじろと患者を見つめることによってではない。

 

患者さんとの雑談の中で、さり気なくアセスメントができる看護師、すごいです。

 

 

いやな看護師【1】患者が何を求めているのかに関心がない

4_看護の日_ナイチンゲール覚え書

〈ナイチンゲールの言葉〉

彼女は、衰弱した患者のために湯割りブランデー(通称:punchと言う)を持ってくるように指示されたときに、週刊『パンチ』(英国の週刊雑誌)を出したりする(実例)。

 

患者が温かい飲み物を欲しがっているのに、読み物を渡すとは…。「実例」と書いてあるので、ナイチンゲールの身近にこんな看護師がいたようです。

 

 

いやな看護師【2】自分の都合だけで行動する

5_看護の日_ナイチンゲール覚え書

〈ナイチンゲールの言葉〉

こんな看護師の眼には、自分の患者が目覚めているのか眠っているのか、その見分けさえつかない。

そして、「何かしてほしいことはありませんか」と尋ねるために、眠っている患者を起こしたり、せっかく患者が起きているというのに、何の世話もしないで放っておいたりする。

 

自分の都合だけで動く看護師。一緒に働くとしたら大変そうです。

 

 

いやな看護師【3】配慮が足らず騒々しい

6_看護の日_ナイチンゲール覚え書

〈ナイチンゲールの言葉〉

彼女は、物に触れば必ず、大きな音をたてたり、ひっくり返したりする。

 

しかもこういうことを、かの酔いどれキャンプ夫人のような連中がするのではなく、お屋敷に雇われて週にギニー単位の高給を受けている、きちんとした女性たちがしているのである。

 

一見きちんとしている看護師なのに、配慮が足りないのは困りものです。

 

****

いかがでしたか?

あなたの周りにもこんな人きっといるのではないでしょうか?

看護の日に、自分の看護観を振り返ってみるのもいいかもしれません。

【看護roo!編集部】

【イラスト:香川尚子

 

(引用)

フロレンス・ナイチンゲール=看護覚え書:看護であること、看護でないこと(改訳7版), 訳:湯槇ます, 他.現代社, 2015.

※引用許諾を得ています。

(参考)

「看護の日・看護週間」とは(日本看護協会)

 

コメントを投稿する

コメント入力
(100文字以内)
ニックネーム
(12文字以内)

コメント一覧(0)

関連記事

いちおし記事

肺炎ガイドラインに「治療しない」選択肢

繰り返す誤嚥性肺炎や終末期の肺炎等に対して、個人の意思やQOLを尊重した治療・ケアを行うよう治療アルゴリズムに盛り込まれました。 [ 記事を読む ]

急変時のルート確保はどこにとる?

「急変です!ルート確保できません!」どうする? [ 記事を読む ]

人気トピック

もっと見る

看護師みんなのアンケート

配属先、希望は叶った?

投票数:
524
実施期間:
2017年05月09日 2017年05月30日

病院で部活動、してますか?

投票数:
480
実施期間:
2017年05月12日 2017年06月02日

1年目、何がツラい?

投票数:
832
実施期間:
2017年05月16日 2017年06月06日

仕事が始まる何時間前に起きる?

投票数:
451
実施期間:
2017年05月19日 2017年06月09日

キャラクターもののナースグッズ、持ってる?

投票数:
407
実施期間:
2017年05月23日 2017年06月12日

何に一番ストレスを感じる?

投票数:
524
実施期間:
2017年05月26日 2017年06月16日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者2222

腎盂腎炎で入院したAさんに、500mL×3本を24時間で実施するよう、持続点滴の指示が出ました。この場合の適切な輸液管理はどれでしょうか?

  • 1.一般用の輸液セットで1分間に42滴で滴下数を合わせた。
  • 2.点滴は24時間続くため、上肢を動かすのはやむを得ないことなので気にしないよう伝えた。
  • 3.トイレ歩行など立位になることを見越して、滴下速度をやや速めに設定しておいた。
  • 4.患者は心機能が低下していたため、医師の指示はないが、輸液ポンプを使用した。
今日のクイズに挑戦!