1. 看護roo!>
  2. ステキナース研究所>
  3. 准看護師から正看になるための実務年数を短縮するのはなぜ?厚生労働省取材

2015年07月31日

准看護師から正看になるための実務年数を短縮するのはなぜ?厚生労働省取材

 

准看護師が正看護師になるために必要な経験年数が、10年よりも短くなることが決まりました。この規制緩和の理由について、厚生労働省の担当官に聞きました。

 

 

准看護師が正看護師になるための規制緩和

このほど、准看護師が看護師になるために必要な通信制学校への入学要件について、「10年以上の実務経験」という規制を大幅に緩和することが政府の方針として閣議決定されました。具体的な年数は現在詳細を詰めている段階です。

 

どうして年数が短縮されるのか?

そもそもなぜ経験年数の短縮は必要なのでしょうか?

厚生労働省医政局看護課に今回の制度改正について取材したところ、次のような回答がありました。

 

●大幅に定員割れする通信教育

  • ・2004年の通信教育制度スタートから10年が経過し、一つの区切りとなったこと
  • ・2年制の通信課程が大きく定員割れしていること
  • ・看護師不足などから、さらなる正看護師への移行促進策が必要であること

 

特に通信課程の定員割れについては、全国でおよそ3900人の定員に対して受講者数は3200人弱であり、定員の8割しか生徒がいない現状です。

こうした状況では、本来の目的である正看への移行が十分に行われていないと判断され、今回の年数短縮につながりました。

 

これまでの歩み―養成学校2年から通信教育2年へ

以前は、准看護師が正看護師になるためには2年制の看護師養成学校に入ることが必要でした。これが2004年の制度改正で、経験年数が10年以上の准看護師については、2年間通信教育を受けることによって、国家試験の受験資格を得ることができるようになったのです。

 

国家戦略特区の議論から全国レベルに拡大へ

准看護師の経験年数の短縮は、もともと国家戦略特区のなかで議論されていたことです。特区とは、構造改革を進めるために、本来なら実施が難しい事業を限られた地域の中だけで実行するためのもので、内閣が中心に取り組んでいます。

ですが准看護師の正看護師への移行促進は、特区の中だけではなく全国レベルで取り組むべき問題と判断され、議論が全国レベルに拡大されました。

 

具体的な年数は、年内に結論

厚労省では通信課程の受講に必要な経験年数を短くすることで、受講者を増やし、より多くの正看を養成していく方針です。

現在のところ短縮する方向は決まっていますが、実際に何年にするかは検討中です。具体的な年数については、今年中に結論が出されるとのことです。

 

【横井かずえ】

 

(参考記事)

廃止or継続?本当はどうなる、准看護師制度の行方

「准看護師の養成は時代にそぐわない」|インタビュー◎どう考える?准看護師問題

「“総合診療医”に続く、“総合看護師”の存在が必要」―インタビュー◎どうなる?准看護師制度

コメントを投稿する

コメント入力
(100文字以内)
ニックネーム
(12文字以内)

コメント一覧(6)

6のん2018年01月08日 14時29分

通信で看護師資格とって3年目。
働きながらとるのは大変だった。でも、回りにめぐまれたから頑張れたけど。
看護師資格あったらいいなぁ。程度の気持ちじゃ通信は辞めたほうがいい。お金と時間の無駄。

5hana2017年01月31日 19時24分

私は通信で昨年国試に合格しました。どれだけのお金と時間が必要だったか!(◎_◎;
働きながらは家族の協力無しでは無理です。認定試験、実習の時はコンビニ弁当?

4匿名2016年06月03日 11時57分

学びたい気持ちはあっても、金銭面が一番問題...。

3匿名2015年10月08日 08時57分

10年がどれくらい短くなるのかな。

2匿名2015年07月31日 23時04分

あと4年で10年

1匿名2015年07月31日 09時42分

ふむふむ

関連記事

いちおし記事

禁断の呪文

夜勤終わり、ついつい唱えてしまう禁断の呪文とは? [ 記事を読む ]

PEGカテーテルの交換

PEGカテーテル交換時には腹腔内誤挿入に注意が必要です。ナースが知っておきたい介助・観察ポイントは? [ 記事を読む ]

人気トピック

もっと見る

看護師みんなのアンケート

患者さんが亡くなってしまったとき、心をどんなふうにケアしてる?

投票数:
834
実施期間:
2018年07月24日 2018年08月21日

「モンスター患者」いますか?

投票数:
767
実施期間:
2018年07月31日 2018年08月21日

今年の猛暑、勤務中に困ったことは?

投票数:
1034
実施期間:
2018年08月03日 2018年08月24日

「これで救急車呼んだの?!」な患者さん、経験ある?

投票数:
747
実施期間:
2018年08月02日 2018年08月24日

「これじゃ寝られない…」ヤバい仮眠室おしえて! 

投票数:
790
実施期間:
2018年08月10日 2018年08月31日

あなたの周りの最短退職者の記録教えて!

投票数:
627
実施期間:
2018年08月14日 2018年09月04日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者165

68歳女性。今まで排尿で困ったことはありませんでした。ADLは自立しています。1カ月前に広汎子宮全摘術リンパ節郭清を施行しました。術後7日目に、尿道留置カテーテルを抜去した後から自排尿がほとんどなく、1日5回のCIC(清潔間欠自己導尿)を導入しました。自力で導尿が行えるようになり、一度退院となりましたが、今回、追加化学療法を目的に再入院されました。最近の排尿状態については、「少し自分でも尿が出せるようになりました。尿が出るときは知らずに出ているので、尿取りパッドをつけています。尿が出るようになったので、導尿の回数は1日3回にしています」、「1回の導尿で500~600mLの排尿があります」とのことでした。この患者さんの尿失禁分類とCICに関するアドバイスとして、最も適切なものは次のうちどれでしょうか?

  • 1.尿漏れは溢流性尿失禁の状態であり、CICの回数は3回/日のままで良いので、水分摂取を控えるよう指導する。
  • 2.尿漏れは切迫性尿失禁の状態であり、CICの回数は3回/日のままで良いので、リハビリパンツの使用を促す。
  • 3.尿漏れは溢流性尿失禁の状態であり、CICの回数を5回/日に戻し、水分摂取を控えるよう指導する。
  • 4.尿漏れは切迫性尿失禁の状態であり、CICの回数を5回/日に戻し、水分摂取を現在の1.5倍に増やすよう指導する。
今日のクイズに挑戦!