人工呼吸(バッグバルブマスク)の実施 | 一次救命処置(BLS)【6】

【監修】

日本医療大学保健医療学部看護学科

准教授 小島 悦子

 

バッグバルブマスクとは?

バッグから空気を送ることで人工呼吸を行うことができるマスク

 

バッグバルブマスクを用いた人工呼吸の実施手順

ここでは、1人で実施する方法と、2人で実施する方法を解説する

 

■実施手順:1人で行う場合■

(1)患者さんの顔に、上下を間違えないようにマスクを密着させる

 

(2)下顎角から小指・環指・中指で「E」の形をつくり下顎を挙上し、母指と示指で「C」の形をつくりマスクを密着させる


 

(3)1回1秒かけてバッグを押し、胸郭が上がるのを確認したら、バッグを押している手をゆるめる。これを2回繰り返す


 

■実施手順:2人で行う場合■

(1)1人が下顎を挙上し患者さんの顔にマスクを密着させ、もう1人がバッグを押す

 

(2)下顎角から小指・環指・中指で「E」の形をつくり下顎を挙上し、もう一方の手の母指と示指で「C」の形をつくりマスクを密着させる


 

(3)1人のときと同じように、1回1秒かけて、胸郭の動きを確認しながら、バッグを押す

 

(4)その後、胸骨圧迫を30回、人工呼吸2回のセットを繰り返す

SNSシェア

関連動画

カテゴリから探す

動画でわかる看護技術トップへ