意識レベルの確認 | 一次救命処置(BLS)【2】

【監修】

東京労災病院 看護部

 

「意識レベルの確認」実施手順

(1)倒れた患者さんが、痛み刺激に反応があるか観察する

(2)声を掛けながら、肩を叩く

■ポイント■

痛み刺激は、胸骨をこぶしで圧迫したり、手足の爪を圧迫して判定する

 

『ジャパン・コーマ・スケール(JCS)』の読み方

意識レベルは、『ジャパン・コーマ・スケール(JCS)』によって意識レベルを大きく3段階にわけてあらわす

■ポイント■

・覚醒している状態を1桁の点数で表現する

・刺激に応じて一時的に覚醒する状態を、2桁の点数で表現する

・刺激しても覚醒しない状態は、3桁の点数で表現する

 

不穏、尿失禁、無言無動がある場合は、スケールの後に「R」「I」「A」をつける

⇒たとえば、痛みを与えると払いのける動作をし、不穏がある場合は「100のR」 となる

SNSシェア

関連動画

カテゴリから探す

動画でわかる看護技術トップへ