冠攣縮性狭心症(CSA)

『本当に大切なことが1冊でわかる循環器』より転載。
今回は冠攣縮性狭心症(CSA)について解説します。

 

木下智恵
新東京病院看護部
橘 綾子
新東京病院看護部

 

〈目次〉

 

 

冠攣縮性狭心症(CSA)はどんな疾患?

冠攣縮性狭心症(coronary spastic angina;CSA)は、正常な冠動脈攣縮によって一過性に完全またはほぼ完全に閉塞し、それによって心筋虚血が起こることをいいます。

 

夜間から早朝にかけて症状が出現することが多く、喫煙者や常習飲酒者に好発すると考えられています。発作時はニトログリセリンを使用しますが、カルシウム拮抗薬で誘発が抑制されるため、就寝前と起床時に内服することで症状誘発を予防します

 

 

 

どんな検査をして診断する?

冠動脈造影検査(CAG)下でアセチルコリンまたはエルゴノビンを投与し、冠攣縮発作が誘発されるかを確認します(冠攣縮薬物誘発試験)。誘発にて冠動脈の狭窄が確認されれば、確定診断に至ります。硝酸薬(ニトログリセリン)によって発作を抑えます。

 

 

 

どんな治療を行う?

カルシウム拮抗薬などを使用して、狭心発作を予防します。

 


文献

  • 1)藤野彰子:ナーシングレクチャー 心疾患をもつ人への看護.中央法規出版,東京,1997.
  • 2)安倍紀一郎,森田敏子:病態生理,疾患,症状,検査のつながりが見てわかる 関連図で理解する 循環機能学と循環器疾患のしくみ 第3版.日総研出版,愛知,2010.
  • 3)医療情報科学研究所編:病気がみえる vol.2 循環器 第4版.メディックメディア,東京,2017.
  • 4)榊原記念病院看護部,鈴木紳編著:AMIケアマニュアル.ハートナーシング1992夏季増刊,メディカ出版,大阪,1992.
  • 5)日本循環器学会:ST上昇型急性心筋梗塞の診療に関するガイドライン(2013年改訂版).(2019.09.01アクセス)
  • 6)黒澤博身総監修:全部見える 循環器疾患.成美堂出版,東京,2012.
  • 7)浦部晶夫,島田和幸,川合眞一編:今日の治療薬2018.南江堂,東京,2018.
  • 8)三浦稚郁子:「なぜ?」の理解で総復習&ステップアップ! 循環器ケアの成長ふりカエルチェッククイズ65.ハートナーシング 2013;26:5-65.
  • 9)酒井毅:読解プロセスですいすいわかる! 完全攻略炎の心電図ドリル50.ハートナーシング 2016;29(6):11-86.
  • 10)赤石誠監修:くすりのはたらきと使用ポイントがよくわかる! ナース必携!循環器の薬剤ガイド150.ハートナーシング2015年春期増刊,メディカ出版,大阪,2015.
  • 11)日本循環器学会:心血管疾患におけるリハビリテーションに関するガイドライン(2012年改訂版).(2019.09.01アクセス)

 


本連載は株式会社照林社の提供により掲載しています。

 

書籍「本当に大切なことが1冊でわかる 循環器」のより詳しい特徴、おすすめポイントはこちら

 

> Amazonで見る  > 楽天で見る

 

[出典] 『本当に大切なことが1冊でわかる 循環器 第2版』 編集/新東京病院看護部/2020年2月刊行/ 照林社

SNSシェア

看護知識トップへ