グルコース(ブドウ糖)はどのように細胞に吸収されるの?

『からだの正常・異常ガイドブック』より転載。
今回はグルコースの吸収に関するQ&Aです。

 

山田幸宏
昭和伊南総合病院健診センター長

 

グルコース(ブドウ糖)はどのように細胞に吸収されるの?

グルコースブドウ糖)が細胞に取り込まれないと、細胞はエネルギー源を失い、活動することができません。

 

多くの細胞には、インスリンというホルモンの受容体があります。その受容体にインスリンが結合すると、チロシンキナーゼという酵素が活性化されて細胞膜の透過性が高まり、糖が細胞内に入りやすくなります。 

 

インスリンは膵臓のランゲルハンス島(B細胞)から分泌されるホルモンで、食事によって血糖値が上昇することが刺激になって放出されます(図1)。

 

図1膵臓の構造

膵臓の構造

 

インスリンは血中ブドウ糖の細胞への取り込みを助け、細胞にエネルギーを補給するとともに、血糖値を下げるという役割を果たしています。

 

同じくランゲルハンス島〔α(A細胞)〕から分泌されるグルカゴンは、肝臓のグリコーゲンをブドウ糖として血液中に放出させる働きがあり、血糖値を上昇させます。 

 

通常は、ブドウ糖とインスリンのバランスが保たれ、血糖値はほぼ一定ですが、このバランスが崩れると血糖値が変動します。

 

血糖値が高く保たれてしまう状態が糖尿病です。

 

⇒〔解剖生理Q&A一覧〕を見る

 


本記事は株式会社サイオ出版の提供により掲載しています。

 

[出典] 『看護のためのからだの正常・異常ガイドブック』 (監修)山田幸宏/2016年2月刊行/ サイオ出版

SNSシェア

看護知識トップへ