運動や体位によって血圧はどう変化するの?

看護師のための解剖生理の解説書『からだの正常・異常ガイドブック』より転載。

 

[前回]

高血圧はなぜ起きるの?

 

今回は「血圧の変化」に関するQ&Aです。

 

山田幸宏
昭和伊南総合病院健診センター長

 

〈目次〉

 

運動をすると血圧はどう変化するの?

運動をすると、血圧が上がります。これは、酸素消費量と関連しています。

 

運動時には筋肉の酸素需要が増えるため、肺では空気をたくさん取り込もうとして呼吸は速く、深くなります。

 

また、心臓は筋肉の要求に応えるため、血液をたくさん送り出すように心拍数や心拍出量を増加させます。そのため血管壁にかかる圧力が増し、血圧が高くなります。

 

運動を止めてもすぐに血圧心拍数が下がらないのは、筋肉内にたまった二酸化炭素や老廃物を除去しようとするからです。

 

また、体内で生産された熱を発散させるため、体表毛細血管が拡張し、血液を多量に送る必要があるからです。酸素の需要量が減ると、血圧、心拍数、脈拍などは元に戻ります。

 

MEMO深呼吸と血圧

血圧測定は通常の呼吸状態で行いましょう。深呼吸をすると自律神経の副交感神経が刺激され、動脈の血管抵抗が小さくなって血圧が下がってしまいます。

 

体位によって血圧が変わるのはなぜ?

体位によって血圧が変わる理由は、体位を変えることによって心臓に戻る血液量が変化し、心拍出量も増減するためです。

 

例えば、臥位や座位から立位になると、一時的に血液が下肢にうっ滞します。静脈から心臓に戻る血液量が減って心臓からの拍出量は減少し、収縮期血圧拡張期血圧も下がります。

 

収縮期血圧は、立位<座位<臥位の順で高くなり、拡張期血圧立位でやや高く、座位>臥位の順で低くなります。

 

例えば座位から立位になった時、血圧調節機能が働かないと体の最上部にあるの血液が不足し、脳貧血を起こします。これを防ぐために、末梢血管を収縮させ、同時に心拍数を増加させて1分間に拍出される血液量を調節する仕組みになっています。

 

[次回]

脈拍測定で何が分かるの?

 

⇒〔解剖生理Q&A記事一覧〕を見る

 


本記事は株式会社サイオ出版の提供により掲載しています。

 

[出典] 『看護のためのからだの正常・異常ガイドブック』 (監修)山田幸宏/2016年2月刊行/ サイオ出版

この記事をシェアしよう

看護知識トップへ