肝機能が低下するとどうなる?

『からだの正常・異常ガイドブック』より転載。

 

[前回]

膵液の中和作用は何のため?

 

今回は「肝機能」に関するQ&Aです。

 

山田幸宏
昭和伊南総合病院健診センター長

 

肝機能が低下するとどうなる?

肝機能が低下すると、代謝、排泄、解毒などのあらゆる方面に影響が及びます。

 

消化、吸収に対する影響は栄養状態の低下です。肝機能が低下すると糖質代謝、脂質代謝、タンパク質の合成能が低下するため、栄養状態が悪化したのと同じ状態になります。

 

肝臓の消化に係わる主な働きは次の通りです。

 

ブドウ糖グルコース)からグリコーゲンを作り、肝臓内に蓄えます。血液中にブドウ糖が不足すると、グリコーゲンをブドウ糖に分解して送り出し、血糖値を一定に保ちます。

 

脂肪酸の分解コレステロールの生成を行います。

 

③不要なアミノ酸を分解して尿素(にょうそ)を作ります。

 

肝機能が低下すると、消化・吸収された栄養素を体が使いやすいような形に変える、万が一のために栄養素を貯蔵する、不要物を排出するなどの機能が果たせなくなります。

 

[次回]

小腸は消化と吸収のどちらを行っているの?

 

⇒〔解剖生理Q&A一覧〕を見る

 


本記事は株式会社サイオ出版の提供により掲載しています。

 

[出典] 『看護のためのからだの正常・異常ガイドブック』 (監修)山田幸宏/2016年2月刊行/ サイオ出版

この記事をシェアしよう

看護知識トップへ