小腸は消化と吸収のどちらを行っているの?

『からだの正常・異常ガイドブック』より転載。

 

[前回]

肝機能が低下するとどうなる?

 

今回は「小腸の働き」に関するQ&Aです。

 

山田幸宏
昭和伊南総合病院健診センター長

 

小腸は消化と吸収のどちらを行っているの?

小腸は消化と吸収の両方を行います。直径約2cm、長さ約7mの小腸は、消化活動の主役であり、同時に栄養素も吸収しています。 

 

多くの食物は、4〜8時間かけて小腸から大腸へと運ばれていく間に、消化の仕上げが行われます。

 

そして、タンパク質はアミノ酸に、糖質はブドウ糖、ガラクトース、果糖などの単糖に、脂肪はグリセロール、脂肪酸、コレステロールなどに分解され、小腸壁から吸収されます。 

 

小腸の表面の粘膜には輪状になったヒダがあり、一面に絨毛(じゅうもう)が生えています(図1)。絨毛構造は1mmに約30個あり、絨毛はさらに微絨毛で覆われています。こうして、小腸内の実質的な表面積は約200mと広大になります。 

 

図1小腸の構造

小腸の構造

 

 

これらの絨毛の中には網状に毛細血管が走行し、消化された物質のうち、アミノ酸とブドウ糖が吸収されます。アミノ酸とブドウ糖は門脈を経て肝臓に入り、合成や貯蔵に使われます。

 

一方、グリセロールや脂肪酸は絨毛中の毛細リンパ管に吸収され、最終的に静脈に運ばれます。

 

[次回]

なぜ脂肪は血液に吸収されないの?

 

⇒〔解剖生理Q&A一覧〕を見る

 


本記事は株式会社サイオ出版の提供により掲載しています。

 

[出典] 『看護のためのからだの正常・異常ガイドブック』 (監修)山田幸宏/2016年2月刊行/ サイオ出版

SNSシェア

看護知識トップへ