膵液の中和作用は何のため?

『からだの正常・異常ガイドブック』より転載。

 

[前回]

脂肪はどのように消化されるの?

 

今回は「膵液の中和作用」に関するQ&Aです。

 

山田幸宏
昭和伊南総合病院健診センター長

 

膵液の中和作用は何のため?

膵液にはHCO、Cl、Na、Kなどの電解質が含まれ、膵液を弱アルカリ性に保っているのはHCOです。

 

から十二指腸に入ってきたばかりの内容物は、強い胃酸のために酸性を示します。膵液はなぜ、これらの内容物を中和するのでしょう。

 

それは、小腸の消化に関係する消化酵素が、いずれも弱アルカリ性の環境でよく働くからです。内容物が酸性のままでは消化酵素の働きが鈍るため、膵液によって中和するのです。

 

[次回]

肝機能が低下するとどうなる?

 

⇒〔解剖生理Q&A一覧〕を見る

 


本記事は株式会社サイオ出版の提供により掲載しています。

 

[出典] 『看護のためのからだの正常・異常ガイドブック』 (監修)山田幸宏/2016年2月刊行/ サイオ出版

SNSシェア

看護知識トップへ