心室頻拍|心室起源の幅広QRS波<2>|不整脈の心電図(11)

心電図が苦手なナースのための解説書『アクティブ心電図』より。
今回は、心室頻拍について解説します。

 

田中喜美夫
田中循環器内科クリニック院長

 

[前回の内容]

心室性期外収縮|心室起源の幅広QRS波<1>

 

〈目次〉

 

心室頻拍

図1の心電図はいかがでしょうか。

 

図1心室頻拍(VT)の心電図

心室頻拍(VT)の心電図

 

幅が広いQRS波が繰り返し出現しています。RR間隔は8コマですから心拍数は200回/分ほどで、頻拍ですね。幅が広いQRS波は心室起源であり、心室起源の頻拍で心室頻拍(ventricular tachycardia:VT)です。

 

この不整脈致死性不整脈といわれる理由は、①心拍数が速くなりすぎて、心臓の収縮・拡張がついていけないために血液が送り出せなくなります。すると、血圧が下がり、にも血液が供給されなくなり、失神(意識消失)してしまいます。

 

また、②心臓の筋肉にも酸素が供給されなくなるので、さらに心臓が疲れるという悪循環に陥ります。

 

②、①とも関係しますが、心室細動という、さらに恐ろしい不整脈に移行しやすいのです。

 

心室頻拍の対応

もしこの波形を見たら、とにかく患者さんの状態を観察し、バイタルサインをチェックです。

 

意識がない場合は、いわゆる無脈性VTで心肺停止状態ですから、応援・救急カート・除細動器の三種の神器を要請して、ABCD(A.気道確保、B.呼吸の確認・人工呼吸、C.循環のサインの確認・心臓マッサージ、D.除細動)の順に心肺蘇生です。速やかにDを行うために素早くABCしましょう。

 

もし、意識がしっかりしていれば、落ち着いて以下の処置を行います。

 

  1. 応援・救急カート・除細動器の三種の神器を要請
  2. バイタルサインのチェック:心室頻拍でも心拍数や心機能によっては血圧が保たれていて、場合によっては症状がない場合もあります。
  3. ベッドサイドモニター:ベッドサイドの処置になりますので必須です。
  4. 点滴ラインの確保:薬剤投与の必須ルート。太い留置針で、末梢静脈が基本。
  5. 酸素の投与:呼吸器疾患がなければ、経鼻カニューレで4L回/分。
  6. 意識があっても心臓が不安定な患者さんはバイタルチェック後、O2・ライン・モニターが必須です(後述する徐脈や頻拍も同様です)。声に出して憶えましょう。
  7. 「オーツー・ライン・モニター、オーツー・ライン・モニター、オーツー・ライン・モニター……」
  8. 可能なら標準12誘導心電図を記録。
  9. 気道確保の準備

このあたりで医師が登場するはずですので、指示をもらいましょう。

 

基本的には除細動をすると思います。医師がすぐに処置ができるよう、手際よく準備しておきます。もし処置中に意識をなくした場合は、その時点でABCDです。とくに除細動が最優先なので、ABCは素早く行い、Dの除細動を急ぎましょう。

 

まとめ

  • 同じ形を繰り返す幅広QRS波の頻拍は心室頻拍と考えて緊急に対応する

 

[次回]

特殊な幅広QRS波の頻拍|不整脈の心電図(12)

 

[関連記事]

 


本記事は株式会社サイオ出版の提供により掲載しています。

 

[出典] 『アクティブ心電図』 (著者)田中喜美夫/2014年3月刊行/ サイオ出版

SNSシェア

看護知識トップへ