1. 看護roo!>
  2. 看護クイズ>
  3. クイズアーカイブ>
  4. 09月01日のクイズ

2019/09/01の看護クイズ

あなたは、脳梗塞により右半身に麻痺があるAさんを受け持っています。Aさんは自力での立位保持は困難な状況で、今日は、車いすでCT検査へ移動することが予定されています。あなたがAさんに行う介助方法として、正しいものは次のうちどれでしょうか?

  • 1.Aさんの両足の足底が床面に着く高さにベッドの高さを調節し、Aさんをベッドの右側に仰臥位から端坐位にした。
  • 2.車いすへの移乗の際、Aさんの麻痺のない左手を車いすの遠方の肘掛けを握れるように誘導した。
  • 3.Aさんの左側に車いすを配置し、ベッドと車いすとの設置角度は20~30度を目安に設置した。
  • 4.車いすへの移乗の際、看護師はAさんの体幹を支えることに専念する。

解説・答え

解説・答えを見る

正解者1212人 / 正解率23

1. Aさんの両足の足底が床面に着く高さにベッドの高さを調節し、Aさんをベッドの右側に仰臥位から端坐位にした。

不正解

車いすに移乗する際には、患者さんの体勢を安定させることが必要です。患者さんの両足が床面にしっかりと接着し、さらに健側で踏ん張りがきくように患者さんの健側である左側に整える必要があります。よって、この選択肢は誤りです。

2. 車いすへの移乗の際、Aさんの麻痺のない左手を車いすの遠方の肘掛けを握れるように誘導した。

不正解

患者さん自身が自力で立位保持が可能な場合は、この選択肢のように健側の手を車いすの遠方にある肘掛を握らせるように誘導すると、自然と重心が移動し、車いすへ移乗しやすくなります。しかし、Aさんは自力での立位保持は困難であるため、健側の手(左手)は介助者である看護師の肩につかまってもらい移乗します。よって、この選択肢の介助法は誤りです。

3. Aさんの左側に車いすを配置し、ベッドと車いすとの設置角度は20~30度を目安に設置した。

正解

半身麻痺のある患者さんの車いすの移乗は、患者さんの健側の力を上手く利用し、転倒や転落を起こさないようにします。Aさんの場合、右半身に麻痺があるため、健側である左側に車いすを設置します。その際、車いすは、ベッドと20~30度程度の角度で設置するようにしましょう。よって、この選択肢の介助法は正しいです。

4. 車いすへの移乗の際、看護師はAさんの体幹を支えることに専念する。

不正解

片麻痺のある患者さんは、麻痺側の足の位置が悪く、方向転換ができずに引っかかってしまったり、車いすのさまざまな場所に体幹や下肢などが引っかかってしまい、転倒したり、傷つけてしまうことがあります。看護師は、患者さんの体幹を支えることももちろん重要ですが、患者さんの全体に気を配り、転倒や事故防止に努める必要があります。一人で困難な場合は、複数の看護師または介助者で実施することが必要です。よってこの選択肢は誤りです。

引用参考文献など
1)仁和子ほか編.根拠と事故防止からみた基礎・臨床看護技術.第2版.医学書院.2017,p844.
  1. 看護クイズアーカイブに戻る
今日のクイズに挑戦!

関連記事

いちおし記事

【マンガ】大切な人が死ぬとき~私の後悔を緩和ケアナースに相談してみた~(1)

【水曜連載】父のがん発見をきっかけに、「死」について考えるエッセイマンガ。 [ 記事を読む ]

人気トピック

もっと見る

看護師みんなのアンケート

今期のドラマ、何が楽しみ?

投票数:
2393
実施期間:
2019年10月25日 2019年11月15日

日常生活でうっかりつかってしまう専門用語ある?

投票数:
1217
実施期間:
2019年10月29日 2019年11月19日

人に言いたくなるキラキラ休日の過ごし方は?

投票数:
1128
実施期間:
2019年11月01日 2019年11月22日

尊敬する先輩ナースのエピソードある?

投票数:
969
実施期間:
2019年11月05日 2019年11月26日

生まれ変わったら何になりたい?

投票数:
880
実施期間:
2019年11月08日 2019年11月29日

看護師が選ぶ!キャラクター大賞!2019

投票数:
409
実施期間:
2019年11月12日 2019年12月03日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者833

◆転倒・転落のアセスメントの問題◆誤嚥性肺炎で入院となった83歳男性。末梢の持続点滴と経鼻での酸素投与中で、ポータブルトイレでの排泄の安静制限があります。入院前のADLは自立していましたが、前立腺肥大のため頻尿で、日中は8回、夜間2回程度の排尿がみられます。この患者さんの転倒・転落のアセスメントの対応として適切なものはどれでしょうか?

  • 1.夜間に十分な睡眠ができるように長時間作用型の睡眠薬を投与する。
  • 2.ベッドから立ち上がる際は、オーバーテーブルにつかまって立ち上がるよう指導する。
  • 3.夜間は一人で動くと危ないので身体抑制を行ってもよいか、本人とご家族に尋ねる。
  • 4.患者さんの排泄パターンを観察し、トイレに誘導する。
今日のクイズに挑戦!