氷枕の場合、氷塊の角を取っておくのはなぜ?|冷罨法

『看護技術のなぜ?ガイドブック』より転載。

 

今回は氷枕内の氷塊に関するQ&Aです。

 

大川美千代
群馬県立県民健康科学大学看護学部准教授

 

氷枕の場合、氷塊の角を取っておくのはなぜ?

氷塊(ひょうかい)の角を取っておくのは、使用時にゴツゴツと当たって感触が悪くなるのを避けるためです。

 

また、氷の角で氷枕が傷むのを防ぐという目的もあります。角を取るための最も簡単な方法は、氷をザルに入れて上から流水をかけることです。

 

氷枕には角を取ったクルミ大の氷を用います。なお、氷嚢(ひょうのう)にはクルミ大よりやや小さめのものかクラッシュした氷を用い、氷頚(ひょうけい)にはクラッシュ状のものを用います。

 


本記事は株式会社サイオ出版の提供により掲載しています。

 

[出典] 『看護技術のなぜ?ガイドブック』 (監修)大川美千代/2016年3月刊行/ サイオ出版

SNSシェア

看護知識トップへ