助産師の仕事とは

助産師資格を取得後、助産師として働くことができる施設は大学病院、総合病院、産科の専門病院、クリニック、助産院などが挙げられます。

助産師の主な仕事内容

妊娠期のケア
  • 器具や検査を用いた妊娠の診断
  • 妊産婦の健康診断
  • 出産経過の見守り
  • 異常妊娠の判断など
分娩期のケア
  • 妊産婦へのマッサージ
  • 精神状態のコントロール、サポート
  • 胎児出産時の介助(胎児の状態の判断なども含む)
  • 出産後の身体的ケア
  • 新生児の呼吸を確立させるための援助など
産褥期のケア
  • 産褥経過の診断と、適切なケア
  • 母乳指導、母体指導
  • 産後24時間以内の新生児に対するアセスメント、ケアなど

助産師は「妊娠期の健康管理」や「分娩介助」、産後の育児相談にいたるまで、女性の妊娠・出産・産後における必要な心と体のケアを行います。

ただし、助産師が直接介助できる出産は正常分娩のみ。母体や胎児に異常が見つかった場合は速やかに産科医に連絡し、分娩介助を引き継ぐ必要があります。こうした異常の発見なども、助産師の重要な仕事のひとつです。

上記が助産師の基本的な仕事内容ですが、職場の特色によって、関われる業務の幅や深さが違うということに注意しなければなりません。

大きな病院の特徴

たとえば大きな病院には、業務が縦割りとなり携われる仕事に限りがあるという特徴があります。そのため、妊娠期や産褥期以降のケアのみを行う助産師も存在します。特に年次が上がるにつれ、この傾向は強まるようです。

対して新人助産師の仕事は、通常時の分娩介助が中心です。つまり新人として入職すれば、きちんと出産介助は行えますし、助産師としてのスキルを一通り身につけることができます。

異常分娩の際も、医師のサポート役として出産に関わることができるため、異常を見極める目を育てるには最適な環境です。また、規模が大きい病院は新人の受入数も多く、教育体制も整備されています。

ひとりあたりの分娩介助数はそれほど多くないものの、多種多様なお産を間近で見ながら、知識を身につけていくことができる職場といえます。

もっと詳しく知る

専門病院やクリニックの特徴

大きな病院に対し、専門病院やクリニックの特徴としては「分娩介助の機会が多い」「助産師ひとりが受け持つ仕事の幅が非常に広い」などが挙げられます。アクティブバース、ソフロロジーといった特色ある分娩方法を掲げる職場が多いというのも特徴の一つです。

「助産師=妊産婦さんの妊娠~出産にいたるまでを全てプロデュースしていく」というイメージに近い仕事内容となるでしょう。

ひとつひとつのお産に深く関わることができる分、助産師に求められる責任・判断力もレベルが高くなります。ある程度、自分の助産師としてのスキルに自信を持った助産師さんが多く働いている職場です。

最初の職場を選ぶ際には、こうした各職場の特徴を踏まえたうえで自分のキャリアプランを考えてみましょう。助産師の一般的なキャリアプランは、まずは数年、大きな病院で助産師としての基本的な知識や経験を身につけてから、裁量権が大きくなる専門病院・クリニックへ転職し、分娩件数を増やしていく…というものです。

産後の母体指導に関わっていきたいと考えている方は、市町村の母子保健センターなどへの就職を視野に入れてみても良いでしょう。

将来の自分のために、今はどんな知識・スキルを身につけるべきか、ぜひじっくり考えてみてください。

もっと詳しく知る

専門病院、クリニックでの助産師の仕事