助産師になるには

助産師になるには、まず看護師資格と助産師資格の両方を取得する必要があります。

助産師は、妊娠から出産にかけての、あらゆる状態の女性をサポートします。医者と同じように独断で医療行為(助産行為)を行うこともでき、その手にかかる責任は非常に重大です。

近年の医師不足といった現状もあり、助産師の医療的な介入機会は年々上がっていると言っても良いでしょう。

近年は毎年2000人前後の助産師が誕生していますが、その責任の重大さから、助産師の資格取得は、難易度が非常に高いことで知られています。

その理由は、「助産師国家試験に合格すること」よりも、その手前の「助産師学校(養成所)への入学」のが狭き門であり、倍率が非常に高いため。

ここでは、助産師資格取得の最初のステップである助産師学校(養成所)に入学するまでの流れや入試突破のコツ、学校(養成所)のカリキュラムや資格取得後の仕事内容について紹介しています。

「助産師になるにはどうすればいい?」「働きながらでもなれるの?」など、助産師になりたい皆さんの、気になる疑問にお答えします。