自信を持てない自分にモヤモヤ|看護師かげと白石の今週のモヤッと(29)

看護師かげと白石の今週のモヤッと。タイトルバナー

この連載では、総合病院で働く看護師のかげと中堅看護師の白石が、読者から寄せられた「看護の現場で感じるモヤモヤ」にお答えします。

 

みんなの「モヤッと」が「ピカッと」に変わりますように!

 

連載:看護師かげと白石の今週のモヤッと

Vol.29 自信を持てない自分にモヤモヤ

先輩ナースの冷たく当たられてモヤモヤする新人ナースのイラスト

 

看護師白石さんのアイコン

今回は、7年目ナースからのお悩みです。

 

 

私は看護の仕事に就いて7年になります。

いつも不安があり、「自分はできない」と思っています。自分から発信することもできず、オドオドしてしまいます。

 

責任を持って業務をやったはずだけど実はやれてなかったのかも…と、「自分がやったこと・やってないこと」について自信を持てなかったりすることがあります。周りは「自信持っていいから」と声をかけてくれるのですが、情けないです。


プロ意識を持ってやっていくしかないのはわかっています。

自分に自信を持って行動できるようになりたいです。

(ゆりりんさん 看護師7年目)

 

看護師白石さんのアイコン

なるほどなるほど。
相談者さんの状況をイメージしてみると…。

 

たとえば、

 

頻回に訪室してチェックしていたのに、受け持ち患者さんの状態が悪くなったとして…。

 

「◯時までは△△な状態でした」というような自信を持った報告ができると良いんだけど、相談者さんの場合「なにか私に落ち度があったせいかも…」って自信がなくて不安になっちゃう。

 

こうしたことがよくあるってことで、困ってるのかな?

 

看護師かげさんのアイコン

僕もそういう場面をイメージした!

 

相談内容を読んでたら、僕も同じようなタイプかもしれないって思ったよ。
いつもどこか不安というか…。
僕もよくあるから、相談者さんの気持ちすごくわかる。

 

看護師白石さんのアイコン

周囲からは「自信持っていいよ」って言われても、心配の気持ちの方が大きいのかもしれないね。

 

 

同僚からの言葉を素直に受け止め、自信に変える

看護師白石さんのアイコン

相談者さんは、同僚からは「自信を持っていい」って言われているんだよね?
その言葉って、周りから一定の信頼を得ていないと言われないんじゃないかなと思うの。

 

看護師かげさんのアイコン

そうだよね。
もし僕の同僚が仕事をできていなかったら、自信を持っていいよって言えないかも。

 

看護師白石さんのアイコン

うんうん。
だから私は、同僚からのこの言葉は一つの評価として受け止めてもいいと思うな。
お世辞だけでは言えない言葉だと思うからさ。

 

看護師かげさんのアイコン

確かに!
僕も褒められたり励まされたりすると「いやいや…」って気持ちになりがちなの。

 

でも、業務上での周囲の評価の言葉は、素直に受け止めるように心がけると、自信につながっていくよ。

自信は、自分の頑張りだけでなく、他人から認めてもらうことでもついていくものだと思うし!

 

看護師白石さんのアイコン

そうだね!
まずは周囲の言葉を素直に受け止めるところから、少しずつ自信をつけられるようになるといいね!

 

 

長所と短所は表裏一体だから

看護師かげさんのアイコン

自信が持てないこと、気になっちゃうよね。
でも、自信がないってことを気にし過ぎなくても良いと思うんだ。
むしろ、自分に何の疑いも持たず自信満々な人って、ちょっと危なっかしいかもって思うし。

 

看護師白石さんのアイコン

私もそう思う!

短所と長所って、表裏一体だと思うんだよね。
自分の言動を振り返るとき心配になっちゃうのは、「自信がない」という短所にも見えるかもしれない。


だけど、「物事を慎重に考える」という長所っていう見方もできるよね。

相談者さんも、あまり自覚はないかもしれないけど、そのおかげでこれまでの業務でミスや失敗を防いだこともあったかもしれないよ。

 

看護師かげさんのアイコン

そうだね。
自分に自信が欲しい気持ちは僕もよくわかるんだけど、「慎重な性格」というその長所まではなくさなくても良いんじゃないかな?
むしろ、その長所については、自信を持って良いと僕は思うな!

 

看護師白石さんのアイコン

うんうん。
自分に自信を持ってテキパキしている看護師はもちろん、自分を過度に信用しないで慎重に進める看護師がいても全然良いよね。
どっちも看護のプロとして、ステキな資質だと思うし。

 

看護師かげさんのアイコン

もちろん、業務に支障が出るほど自分に自信が持てないのは困っちゃうかもしれない。
でも、相談者さんの場合、周りにも仕事を認められているみたいだから、自分が思っているほど自信が持てないことを気にする必要はないと思うな。

 

看護師白石さんのアイコン

自分ができないことって目につきやすいけど、「これは問題なくできる」ってことを見つけたり、そうしたものを書き出したりしてみるとより自分を客観的に、そしてポジティブに評価できると思うよ。

 

看護師かげさんのアイコン

それいいね!
自信をつけるのって最初は難しいと思うけど、あまり悩みすぎず、いろいろ試しながらつけていってみてね。

 

今週のピカッと


☆同僚からの評価を素直に受け止め、自信に変えてみよう

 

☆慎重な性格を長所としてとらえよう

 

☆自分が問題なくできることを見直して、客観的かつポジティブに評価してみよう。

 

 

かげ・白石に聞いてほしいモヤモヤは

こちらのフォームからどうぞ!
 

 悩みを相談する 

 

プロフィール
かげさんアイコン

看護師のかげ(@877_727)

医療の勉強に役立つ(てほしい)絵や仕事でのほっこり話などをTwitterでつぶやいています。

10年以上病院で働いてきて、現在はいろんな場所で働いている看護師兼ライター。

最近は、後輩に飴ちゃんあげるおかん系看護師になりつつある。

 

イラスト/かげ

編集/木村さちこ(看護roo!編集部)

 

●書籍紹介

『ホントは看護が苦手だったかげさんの イラスト看護帖〜かげ看〜』

かげ 著、永岡書店

看護師かげさん著「ほんとは看護が苦手だったかげさんのイラスト看護帖~かげ看~」の写影
 

 購入はこちら 

 

 

この記事をシェアしよう

コメント

0/100

仕事トップへ

掲示板でいま話題

他の話題を見る

アンケート受付中

他の本音アンケートを見る

今日の看護クイズ

本日の問題

◆救急看護の問題◆この患者さんが救急外来に搬送れてきた際、行うことはどれでしょうか?

  1. 会話は可能であったため、意識レベルの観察は不要である。
  2. SpO<sub>2</sub>が保たれているため、酸素投与は必要ない。
  3. 傾眠傾向にあるため、覚醒を促すためにも歩行して処置台に移動してもらう。
  4. 全身の観察として皮膚色を観察した。

1219人が挑戦!

解答してポイントをGET

ナースの給料明細

8061人の年収・手当公開中!

給料明細を検索