先輩に目をつけられてしまいモヤモヤ|看護師かげと白石の今週のモヤッと(28)

看護師かげと白石の今週のモヤッと。タイトルバナー

この連載では、総合病院で働く看護師のかげと中堅看護師の白石が、読者から寄せられた「看護の現場で感じるモヤモヤ」にお答えします。

 

みんなの「モヤッと」が「ピカッと」に変わりますように!

 

連載:看護師かげと白石の今週のモヤッと

Vol.28 先輩に目をつけられてしまいモヤモヤ

先輩ナースの冷たく当たられてモヤモヤする新人ナースのイラスト

 

看護師かげさんのアイコン

今回は、先輩ナースの態度に翻弄される人からのお悩みです。

 

 

新人の頃からずっと同じ病棟で働いています。2年目になり、新人の頃より怒られなくなりました。

しかし、ある先輩に目をつけられているようで、私に仕事の抜けやミスがあると「なんでそんなこと間違えるの?もう2年目だよね?」「浮ついてるから間違えるんだよ」とそんなつもりはなくてもそのように言われます。

 

新人さんたちや同期が同じように言われていれば流せるのですが、他の人たちはそのように言われておらず、むしろその先輩との仲は良好です(私はその人とは仕事以外話しません)。


ペアになって働くときにとても嫌な気持ちになりストレスです。指摘が多すぎて看護師向いていないのではないかと、最近落ち込むことも多いです。

かげさんと白石さんは、こういう方がいた場合は、どのように対応すると良いと思いますか?
 

れいんさん 看護師2年目

 

看護師白石さんのアイコン

浮ついているって…。
一体何のことを指しているんだろうね。
 

看護師かげさんのアイコン

すごく抽象的な指摘だね…。
 

看護師白石さんのアイコン

それも、どうやら相談者さんにだけその態度を取ってくるんだよね。
 

看護師かげさんのアイコン

相手によって態度を変えてくる人、ストレス溜まるだろうなぁ…。
それでも前向きに対応方法を考えている相談者さんは、本当にエラいと思うよ!

 

 

怒りや悔しさを、勉強のエネルギーに変える

看護師白石さんのアイコン

私も、そんな接し方をされたら、イヤな気持ちになると思う。

 

でも、

「先輩にあれこれ言われないようにする…いや、言わせない!やってやる!」
って、怒りや悔しさをバネに、抜けやミスを減らそうと勉強したりして努力するかな。

 

看護師かげさんのアイコン

パワフル!
白石さんらしいね。
 

看護師白石さんのアイコン

元々、自ら「勉強しよう!」って行動するタイプではないから、こうした怒りや悔しさをエネルギーに変えて勉強することが多かったんだよね(笑)。

 

私も以前、みんながいるとそうでもないのに、二人きりになるとよく嫌味を言ってくる先輩がいてね。
 

看護師かげさんのアイコン

そうなんだ!
それで、その方法でうまくいったの?

 

看護師白石さんのアイコン

うん、勉強したことが徐々にできるようになって、その先輩にも嫌味を言われることも少なくなっていったよ。

 

あとは、時には適当に流すこともしたりね。
注意や指摘は受け入れるべきだけど、嫌味に感じる言葉は「気にしない」って思うようにしてたよ。

 

看護師かげさんのアイコン

「負けん気の気持ち」も大事だし、ときには「気にしない」って思うこともアリだよね。
 

看護師白石さんのアイコン

そうそう。
私はそんな気の持ちようをおすすめしたいな!

 

 

先輩のパターンを分析し、先回りする

看護師かげさんのアイコン

僕だったら、
「この人は何についてこだわりがあるんだろう?」
って先輩のことを分析して、先回りして対応するかなぁ。

 

看護師白石さんのアイコン

たとえば、どんなことを分析するの?

 

看護師かげさんのアイコン

相談者さんの先輩みたいな人って、謎のこだわりポイントがあったりするよね。
環境整備に細かいとか、管の固定にすごくこだわるとか…。

 

看護師白石さんのアイコン

わかる!
先輩の言っていることも間違いじゃないんだけど「そこ、そんなにこだわる!?」みたいなのあるよね。

 

看護師かげさんのアイコン

そうそう!
そういう先輩のこだわりポイントを知って、どうやったら指摘されないで済むかを考えるの。
指摘されないように先回りして対応すれば、嫌味を言われることも少なくなるかも。
 

看護師白石さんのアイコン

なるほどね!
「この先輩と一緒のときには、固定の確認はこまめに!」
とか、一緒に仕事をする時に特に気をつけることを覚えておくといいかもね。
 

 

先輩と仲の良い同期に“攻略法”を聞いてみる

看護師白石さんのアイコン

相談者さんの先輩は、新人や同期たちと仲良しみたいだけど…。
でも、ひょっとすると「仲良くしている」という一部分しか見えていない可能性があるよね。
 

看護師かげさんのアイコン
そうだね。
その先輩と仲良くしている新人や同期たちも、相談者さんが知らないところで先輩といろいろあるのかもしれないよね。
 

看護師白石さんのアイコン

うん。
だから、先輩とうまくやってる同期とかに相談してみてもいいんじゃないかな?
「あの先輩、たまに当たりが強い気がするんだけど、そっちはどう?うまくいってる?」
とか。
 

看護師かげさんのアイコン

案外、「私にもそういうことあるよ」という話が出たり、すでに攻略法を見つけてうまくやっていたりするかもしれないよね。

 

看護師白石さんのアイコン

うんうん。
「全然そんなことないよ」って答えも返ってくるかもしれないけど…。
何かヒントがもらえるかもしれない。
 

看護師かげさんのアイコン

確かに。
先輩と仲良くなる必要はないと思うけど、普通に気にせず仕事できるくらいにはなりたいよね。


こんな感じで、先輩を攻略できる情報を集めながら、できそうな対処法を試してみてほしいです!
 

看護師白石さんのアイコン

でも、ときには「気にしない」って思うこともアリだと思うから、それも心に留めておいてください。

 

今週のピカッと


☆怒り・悔しさをエネルギーに変えて、抜けやミスを減らせるように勉強しよう

 

☆先輩のパターンを分析したり、仲の良い同期に“攻略法”を聞いたりしてみよう

 

☆「あんまり気にしすぎない」と心に留めておくのもアリ

 

 

かげ・白石に聞いてほしいモヤモヤは

こちらのフォームからどうぞ!
 

 悩みを相談する 

 

プロフィール
かげさんアイコン

看護師のかげ(@877_727)

医療の勉強に役立つ(てほしい)絵や仕事でのほっこり話などをTwitterでつぶやいています。

10年以上病院で働いてきて、現在はいろんな場所で働いている看護師兼ライター。

最近は、後輩に飴ちゃんあげるおかん系看護師になりつつある。

 

イラスト/かげ

編集/木村さちこ(看護roo!編集部)

 

●書籍紹介

『ホントは看護が苦手だったかげさんの イラスト看護帖〜かげ看〜』

かげ 著、永岡書店

看護師かげさん著「ほんとは看護が苦手だったかげさんのイラスト看護帖~かげ看~」の写影
 

 購入はこちら 

 

 

この記事をシェアしよう

コメント

0/100

仕事トップへ

掲示板でいま話題

他の話題を見る

アンケート受付中

他の本音アンケートを見る

今日の看護クイズ

本日の問題

◆救急看護の問題◆この患者さんが救急外来に搬送れてきた際、行うことはどれでしょうか?

  1. 会話は可能であったため、意識レベルの観察は不要である。
  2. SpO<sub>2</sub>が保たれているため、酸素投与は必要ない。
  3. 傾眠傾向にあるため、覚醒を促すためにも歩行して処置台に移動してもらう。
  4. 全身の観察として皮膚色を観察した。

890人が挑戦!

解答してポイントをGET

ナースの給料明細

8061人の年収・手当公開中!

給料明細を検索