映画『コード・ブルー』と厚生労働省がタイアップ!ポスターで適正受診を呼びかけ

リアルな医療・災害現場と、そこで奮闘する医療者たちの人間ドラマを描いた映画『劇場版コード・ブルー -ドクターヘリ緊急救命-』の公開を前に、厚生労働省とのタイアップが始まりました!

 

(関連記事)

『コード・ブルー』で馬場ふみかが演じたイマドキ看護師の“成長”|劇場版 公開直前インタビュー

【マンガ】ふしぎ食堂「パラレル」(3)

 

厚生労働省×『劇場版コード・ブルー』タイアップページ

 

今回のタイアップの狙いは、「よりよい医療機関のかかり方」を広く国民に伝えようというもの。

タイアップポスターでは、山下智久さん演じる藍沢耕作たちの写真とともに、

 

「医療機関へのかかり方を、もう一度考えてみませんか?」

「むやみに救急車を呼んでいませんか?」

「夜間に診てもらう必要がありそうな状態ですか?」

 

と問いかけ、平日の診療時間内の受診や、医師や看護師から症状に応じたアドバイスがもらえる「子ども医療電話相談(#8000)」の活用などを勧める内容になっています。ポスターは全国の病院や都道府県庁などに配布されており、順次、掲示されていく予定だそうです。

 

厚労省は「医療従事者は昼夜を問わず、質の高い医療の提供や患者の命を救うために働いている」として、緊急を要する人が適切に医療を受けられるように、また、医師や看護師をはじめとした医療従事者がその能力を十分に発揮できるようにどうすべきか、国民全体で考えてもらいたいとしています。

 

『場版コード・ブルー -ドクターヘリ緊急救命-』は2018年7月27日(金)から全国で公開。タイアップポスターも映画公開も待ち遠しいですね!

 

【烏美紀子(看護roo!編集部)】

 

(参考)

厚生労働省×「劇場版コード・ブルー -ドクターヘリ緊急救命-」タイアップ(厚生労働省)

『劇場版コード・ブルー -ドクターヘリ緊急救命-』(公式サイト)

 

この記事を読んだ人は、こんな記事も読んでいます

コード・ブルーを看護師が観て面白いのは何でなの?鑑賞会をやってみた!【外科医の解説付き】ネタバレあり

【マンガ】ふしぎ食堂「パラレル」(3)

『コード・ブルー』で馬場ふみかが演じたイマドキ看護師の“成長”|劇場版 公開直前インタビュー

看護師が好きな医療ドラマランキング!ナースが納得する「リアル」と「エンタメ」のバランスとは?

ドラマ『コウノドリ』と厚生労働省がタイアップ!特製リーフレットで助産師を応援

 

SNSシェア

コメント

0/100

掲示板でいま話題

他の話題を見る

アンケート受付中

他の本音アンケートを見る

今日の看護クイズ

本日の問題

◆呼吸器の問題◆通常、パルスオキシメータで血中酸素濃度を正しく測定できるのはどの状態の患者さんでしょうか?

  1. 出血性ショックの患者さん
  2. 慢性閉塞性肺疾患の患者さん
  3. 一酸化炭素中毒の患者さん
  4. 心肺停止の患者さん

8296人が挑戦!

解答してポイントをGET

ナースの給料明細

8129人の年収・手当公開中!

給料明細を検索