マンガ・大人が楽しめるリハビリ『鳥獣りは』が看護に活きる|マンガ・もっともっとやれるナースの力

大人が楽しめるリハビリ『鳥獣りは』を看護に活かしてみませんか?

(前回のお話:マンガ・ナースが実践できる「リハビリを楽しむための“意外な”コツ」

もっともっとやれるナースの力。リハビリから生まれた『鳥獣りは』・リハビリを面白くしよう 

ご自身の闘病やリハビリの経験から生まれた『鳥獣りは』には、村越さんの思いが込められています。(作業療法ジャーナル9~3月号に付録として掲載!)

※『作業療法ジャーナル』2017年9月号、p.1051より許可を得て引用(Copyright:三輪書店)

特徴1:折るのが楽しい。(折っていくと箱になる、作業療法やベットサイドで楽しめる!!)

特徴2:クスリと笑える&励まされる。「リハビリで実際に感じたことをメッセージにしてるので共感できるかと…」と村越さん。明も、リハビリをする動物の姿にクスクス笑います。

「いさみてたつべし」=「勇気だして立ってみよう」、「ちからなゆ。いとおそろし」=「力が入らないよう。こわいよう」

「この折り紙なら楽しくリハビリできそうですね!」とキラキラする明。『鳥獣りは』の中には印象的な言葉がありました。「あたらしいあたりまえ をてにいれました」

※上記イラストは食札(後述)

はじめはそんなに大きな病気だとは思っておらず、リハビリで名前を描いてと言われたとき、まったく書けずショックだったと語る村越さん。それでも懸命にリハビリを続けた村越さんは、入院生活の中であることを始めます。

村越さんが入院生活の中で始めたこととは、食札へのお絵描き!「これが医療スタッフの皆さんに好評で、嬉しくなって続けたんです」と笑う村越さん。

元々絵が好きだった村越さんは、はじめは図鑑を見て食札に絵を描いていましたが、徐々に入院生活やリハビリの様子を描くようになりました。そうして二か月経った頃には相手に伝わる程度、文字が書けるようになったそうです。

村越さんは、リハビリを始めた当初は「すぐに良くなって元の生活に戻ろう」と思っていたけれど、「元に戻れない」ということに時間を経て気づいたといいます。当たり前だったことができず、不調なことも多く、頭がふらふらするときは、「また発症したのでは」という不安にかられてしまうそうです。建築士だった村越さんは、予定していた仕事も流れ、事務所もたたんでいました。

私なら仕事できなくなったら絶望する…と思う明は、「時間が経って受け入れられるものでしょうか?」と聞いてみます。すると、「難しいですね…今も『できない自分』に毎日落ち込みます」と、苦笑する村越さん。でも、少しずつ「できること」と「できないこと」がわかってきて、今の自分に出来る範囲を一生懸命にやって、「当たり前が変わった」ことを受け入れていると語ります。

明が『鳥獣りは』の言葉で印象的だと思ったもう一つの言葉は…『みんなよくなれ』。「患者さんだけでなく、ナースもドクターも皆たいへんです。だから皆で良くなったらという思いを込めました」と言う村越さん。

※『作業療法ジャーナル』2017年9月号、p.1051より許可を得て引用(Copyright:三輪書店)

「自分はそんなに良くならないってわかってきました…それでも」村越さんは言います。仲の良い患者さんが頑張っていると「自分もやろう」という気持ちになれたし、他の人が良くなることはじぶんのことのように嬉しかったです。と。 「看護ってナースだけではできないんですよね…患者さんがいるからできる」いつのまにか1人で看護してる気になってた、と明は反省します。「時には患者さんの力も借りて、ナースも患者さんも一緒によくなる看護ができたらいいなと思います!」と意気込む明。

そんな素敵な『鳥獣りは』!患者さんが少しでもリハビリを楽しめるように、ぜひナースの皆さんも使ってみてください!

『鳥獣りは』をダウンロードできます!

「折り紙絵」と「箱の折り方」をダウンロードできます。

院内・施設内で実際に活用して楽しんでください!

 

※本コンテンツの加工および商用利用は禁止されています。
※その他利用に関するお問い合わせはこちらからお願いします。

 

【1】折り紙絵(PDF)

※A4、B4サイズでの印刷がおすすめです。

折り紙絵『鳥獣りは』

(Copyright:村越正明)

 

【2】箱の折り方(PDF)

※B5、A4サイズでの印刷がおすすめです。

(Copyright:村越正明)

 

『鳥獣りは』ライブラリー

リハビリをする患者さんの心の機微や、クスっと笑える言葉の詰まった『鳥獣りは』。

大きな画面でお楽しみいただけます。

『鳥獣りは』ライブラリー

「看護roo!」に描き下ろしてくださった作品です。村越さんから看護師さんに宛てたメッセージも!

 


 

【取材・マンガ】明(みん)

看護師・漫画家。沖縄県出身。大学卒業後、看護師の仕事の傍らマンガを描き始める。異世界の医療をファンタジックに描いたマンガ『LICHT-リヒト』1~3巻(小学館クリエイティブ)が好評発売中。趣味は合気道。

SNSシェア

コメント

0/100

仕事トップへ

掲示板でいま話題

他の話題を見る

アンケート受付中

他の本音アンケートを見る

今日の看護クイズ

本日の問題

◆看護技術の問題◆右手背から点滴をしている患者さんの寝衣交換時の看護で正しいのは、次のうちどれでしょうか?

  1. 点滴ルートを外して寝衣交換を行う。
  2. 点滴ルートが抜けないように、看護師がすべて行う。
  3. 点滴の滴下は中止せずに寝衣交換を行う。
  4. 左袖から脱がせ、右袖から着せる。

8568人が挑戦!

解答してポイントをGET

ナースの給料明細

8100人の年収・手当公開中!

給料明細を検索