年収1300万円!ナースプラクティショナー(NP)の仕事と米国医療の新トレンド

2015年前半に米国ナースプラクティショナー協会(AANP)が2200名以上のNPを対象に行った調査で、米国のNPの平均年収は10万8643ドル(1ドル120円換算で約1300万円)にのぼることがわかりました。

 

NPは麻酔科看護師、助産師、クリニカルナーススペシャリスト(CNS)と並ぶ上級実践看護師で、おもに初期診療(プライマリケア)を担っています。

 

 

●NPになるには

・登録看護師(RN)の資格を得る

・大学院の修士または博士課程でNPプログラムを修了

・専門分野の認定試験に合格

・州の免許を得る

これらすべてをクリアする必要があります。

 

●NPの業務は

・診察

・検査

・診断

・処置

・薬の処方

・健康診断

など様々なプライマリケアです。

 

NPは今日の医療に必要不可欠

NPの年収の大幅な増加について、シンディ・クックAANP会長は「NPが今日の医療システムに必要不可欠の存在であることが理解されてきたことを反映している」とみています。

そして、NPが行う治療の成績は医師と同等で、NPが提供する医療は安全かつ有効と述べています。

 

米国医療システムの新たなトレンド

NPの年収増加の背景として、ノースイースタン大学(ボストン)医療政策のティモシー・ホッフ教授は、NPの需要の増大につながる新たなトレンドを 指摘しています。

 

・医療保険改革法(オバマケア)の施行による保険加入者の増加

・人口の高齢化

・プライマリケア需要の増大

・プライマリケア医の不足

・医療費削減の必要

・ドラッグストアチェーンなどが経営するリテールクリニックの急増

 

 

では、NPが活躍する2つのクリニックをのぞいてみましょう。

 

NPだけで診療するファミリークリニック

ワシントン州は、受けた教育と訓練に見合う最大限の裁量権をNPに与えている全米22州のうちのひとつ。

同州ケントのファミリークリニック、Family Care of Kentには、9つの診察室、2つの処置室、検査室があり、4人のNPが診療にあたっています。医師がいなくてNPだけのクリニックは新しいトレンドだそうです。

 

ショーニカ・グレゴリーさん(24歳)が副鼻腔炎の症状を訴え来院しました。近々予定されているフロリダ旅行が気がかりなグレゴリーさん。

 

診察したNPのスーザン・ミッチェルさんは抗生物質を処方せず、づまりの市販薬であるスーダフェッドとアフリンを旅行前に服用し、症状が悪化するようなら電話連絡するよう指導しました。

 

グレゴリーさんは3年前にこのファミリークリニックにかかって以来、すっかりここが気に入っています。「メールにはすぐに答えてくれるし、診察の仕方も医師のクリニックと変わりません」。

 

医師とは違うアプローチ「患者が自分でケアできるように」

同クリニックのNP、ボブ・スミシングさんは

「NPは医学ではなく、看護を実践しています。患者が自分でケアをできるよう働きかけているのです。つまり、患者に主体性を持たせようと努力しています」

と、医師との違いを強調します。

 

ただし、専門家の診察を要すると判断する場合は、プライマリケア医と同様に、患者を適切な専門家に紹介するそうです。

 

2人のNPが経営するリテールクリニック

リテールクリニックとは、ウォルマートやCVSヘルスといったドラッグストアやスーパーマーケットチェーンなどの店内でプライマリケアを提供する簡易クリニックのことです。

たいてい、NPだけが診療を行い、価格の安さとアクセスの良さが売りです。CVSヘルスは2017年までに1500のリテールクリニックを開院する計画を発表しました。

 

アクセスが良く、夜間診療も。プライマリケアのニーズ満たす

CVSヘルスはミニッツクリニックという名前のリテールクリニックを全米に展開しています。

 

マサチューセッツ州ノーサンプトンのミニッツクリニックには、商船船員のクリストファー・メオリさんがMMRワクチン接種とツベルクリン検査を受けに来ていました。

 

CVSファーマシーの店内にあるこのクリニックは2人のNPで運営され、1歳半以上の患者を診ています。診察室は2つあり、自動受付機、順番を待つ患者用の椅子3つが備えられています。

 

予約は不要で、待ち時間は自動受付機に表示されます。疾患ごとの診療費、検査などの料金も表示されます。

平日は7pmまで、土日も5:30pmまで診療しています。夜間や週末は休むことが多い医師のクリニックの穴埋めになっているのです。

同クリニックでは、ワクチン接種のほか、軽症の疾患・外傷の治療、減量や禁煙指導なども行っています。

 

マサチューセッツ州のクリニックマネジャーで、自身もNPのブリタニー・シルバさんは

「ドラッグストアにリテールクリニックを併設するのは、医療アクセスを良くするためです。リテールクリニックはプライマリケア医が少ない地域のニーズを満たすことも期待されています」

と述べています。

 

 

【Sources】

Nurse Practitioner Pay Eclipses 0K Annually(Forbes)

As U.S. relies more on nurse practitioners, we need to learn more about them(Modern Healthcare)

‘Minute Clinic’: Pharmacy provides quick care to supplement doctors’ hours(gazettenet)

 


【筆者】中岡ひさ子

看護師。徳島大学卒業後、13年間看護師として勤務。その後海外論文の翻訳に携わり、医学・看護論文の翻訳者、ライターとして活動中。

SNSシェア

コメント

0/100

仕事トップへ

掲示板でいま話題

他の話題を見る

アンケート受付中

他の本音アンケートを見る

今日の看護クイズ

本日の問題

◆周術期看護の問題◆予定手術の場合、患者さんの術前禁煙期間は、どれくらいが良いとされているでしょぅか?

  1. 1週間以上
  2. 2週間以上
  3. 3週間以上
  4. 4週間以上

998人が挑戦!

解答してポイントをGET

ナースの給料明細

8517人の年収・手当公開中!

給料明細を検索