看護用語辞典 ナースpedia キーワード:側臥位

側臥位とは・・・

最終更新日 2018/05/31

側臥位(そくがい、lateral position)とは横を向いて寝た状態を指す。
自分自身で体位変換が可能な患者においては問題とならないが、全身麻酔下の患者や集中治療室の患者、脳梗塞後で片麻痺がある患者などでは褥瘡や神経障害といった合併症を招く恐れがあるため注意を要する。

【手術室での側臥位】
■褥瘡
側臥位患者で褥瘡ができやすい部位は、介部、肩峰部、胸部側面、大転子部、膝の内側顆や外側顆などである。手術室の場合、手術台はクッション性が乏しいためこれらの部位にあらかじめフィルムドレッシングを貼付することや、接触面との間にリモイス®パッド、手術台の上にソフトナース®というクッション性に優れた素材のパッドを敷くことで褥瘡予防を行う。
■神経障害
側臥位患者で起こりやすい神経障害の部位は上腕神経叢、橈骨神経、尺骨神経、正中神経、腕神経叢、総腓骨神経である。
(1)上腕神経叢
手術台と身体との接触面に腋窩枕を挿入することで静脈叢のうっ血や神経障害を予防する。
(2)橈骨・尺骨・正中神経
前腕は回内・回外中間位として肘関節の過伸展や圧迫を避ける。
(3)腕神経叢
頭と脊柱が水平になるように枕の高さを調整し頚部の過伸展を防ぐ。肩関節外転の角度を90度以下とする。
(4)総腓骨神経
腓骨小頭への圧迫を避ける。
以上を踏まえながら体位をとる。

【病棟での側臥位】
病棟では褥瘡予防マット(体圧分散寝具)などが用いられるため、手術室ほど厳密な体位保持は必要ではない。ただし、脳卒中患者で側臥位になる場合は麻痺側を下にしないように注意する必要がある。
また、人工呼吸器管理下患者の場合、気道からの分泌物が下葉に垂れ込みやすいため排出しやすくするように側臥位をとることもある。重度の肺障害が認められる患者ではより前述の効果を期待し、うつ伏せに近い前傾側臥位をとることもある。

執筆

江角 亮

三重大学医学部附属病院 救命救急センター医員

本ページの内容・監修について
このエントリーをはてなブックマークに追加

ナースpediaのTOPへ戻る

関連記事

いちおし記事

新人ナース必見!持っておきたいナースグッズ12選

「とりあえずこれだけ持っとけば大丈夫!」現役看護師厳選のグッズを徹底解説! [ 記事を読む ]

心電図のキホン、ここだけはおさえておこう!

基準値、異常な波形いろいろ、心電図実施時のポイントなどをコンパクトに解説! [ 記事を読む ]

人気トピック

もっと見る

看護師みんなのアンケート

「新人だった頃の私」に言いたいことは?

投票数:
1231
実施期間:
2020年03月17日 2020年04月07日

実習中の看護技術、どれに苦労した?

投票数:
2825
実施期間:
2020年03月20日 2020年04月10日

1日がかりの院外セミナー。ランチは何がベスト?

投票数:
1110
実施期間:
2020年03月24日 2020年04月14日

【エイプリルフール】人生最大級の「嘘」おしえて!

投票数:
1014
実施期間:
2020年03月27日 2020年04月17日

めちゃくちゃ疲れたときの「自分へのご褒美」ある?

投票数:
864
実施期間:
2020年03月31日 2020年04月21日

ついつい職業病が出ちゃうときってどんなとき?

投票数:
540
実施期間:
2020年04月03日 2020年04月24日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者5823

◆浮腫の問題◆浮腫について正しい説明はどれでしょうか?

  • 1.すべての浮腫の患者さんに水分管理が優先される。
  • 2.浮腫の観察は下肢以外では行わない。
  • 3.浮腫による皮膚トラブル予防には保湿剤の塗布を行う。
  • 4.浮腫の触診は骨のない柔らかい部分が最適である。
今日のクイズに挑戦!